140070 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

川柳で人生を二倍に生きる

PR

プロフィール


ゴリョウケン

バックナンバー

2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月

カレンダー

2007年04月12日
XML
カテゴリ:川柳
 読売日本テレビ文化センター主催による川柳250年協賛「川柳で辿る江戸・東京」の第1回が「江戸の行楽地・飛鳥山と関八州の総社・王子稲荷」を中心に開催された。
 飛鳥山は、ほぼ葉桜になってきていたが、遅咲きの八重は満開の木もあり、残り花を楽しみつつ、江戸の行楽地として今日に残る飛鳥山などを、古川柳や新川柳の作品をナビにしながら、ウォーキングを楽しんだ。日も穏やかで、風も無く、絶好の行楽日和。

  0001 江戸歩き.jpg

 王子は、一泉の生れ育った地であり、幼少時から遊びまわった所を、川柳で案内した。
 飛鳥山―音無川―王子権現ー扇屋・海老屋―石神井用水―日光御成り道―王子稲荷と、距離的には1万歩弱。各地で古川柳の披講・解釈と、新古の江戸風景を堪能した。この周辺には、まだ「江戸」の雰囲気を残す景観も残る。

 最後に、名物の葛餅をいただいて、耳からも目からも、そして口からも満足。

 初めて川柳に触れた参加者から「川柳は面白い」と身を乗り出されると、解説する私の言葉も更に熱がはいる。

 ご興味のある方、いっしょに歩いてみませんか






最終更新日  2007年04月13日 00時47分42秒
コメント(0) | コメントを書く
[川柳] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.