1386719 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ふ た こ ぶ

PR

プロフィール


樹 音

フリーページ

カテゴリ

購入履歴

ほしいものリスト

お気に入りブログ

アシュタールが11月1… New! 矢尾こと葉♪さん

2008.03.08
XML
その
トラウマチックな経験というのは

アトピー向けの
健康食品を扱う会社で
働いてた時のことです

そこのボスは
2人のアトピーっ子を育てた経験を生かし
健康食品やらセラピーを扱うお店を
作った人でした

そこでの私の
主なお仕事は
事務とか掃除とか
お客さんへの説明とか
荷詰めとか だったはずですが

実際のところ
一番多くの時間を使ったのは
「ボスの愚痴を聞くこと」
だったかもしれない・・・

愚痴というのはちょっと違うかな?

とにかく過去も現在も未来のことも
「大変だ大変だ、私はこんなに大変で、こんなに頑張ってる」
と彼女は言い続けていました
私はひたすら聞き続けてました

大変なら 休めばいいじゃん
嫌なら やらなきゃいいじゃん・・・
と思いつつ
そうですか~と聞き続けてました

その時 聞いた
アトピーっ子2人の育児
とにかく壮絶でした

毎日7時間台所に立って
除去食を作り続け
痒くて泣き叫ぶ我が子をさすりながら
睡眠は親子ともに一日3時間
家中を徹底的に掃除しまくり
なんだかんだ頑張ってるうちに
夫との仲は険悪になり離婚
そんなこんなでも良くならないアトピーに
ようやく決着がついたのは
あの有名な土佐清水病院へ行った時で
それ以来お子さんたちは
まあよっぽど変なもの食べない限りツルツル肌


そんなに頑張って頑張って
身を削ってアトピーの我が子たちに尽くしたのに

思春期を迎えた子供たちの
凄まじい反抗攻めに遭い
今まで頑張ってきた私は何だったのか
と何もかもガラガラ崩れたように感じた彼女
そこでセラピーを受け少し立ち直り
そのセラピーも広めようと思った
という経緯なのですが

ハタから聞いてると
はっきり分かりますよね

お母さんの その頑張りが
ウザかったんだよ って・・・
あなたのために!
こんなに頑張ってるのに!
こんなに大変なのに!
なんて一番迷惑な親の
典型です・・・

でも一生懸命だったんだよね
愛ゆえなんだよね
というのも大変よくわかる

特に自分が子を産んでからはね
私だって 誰だって
一歩間違えば 同じことしちゃうなって
誰だって自分の子に
一番いいようにしてあげたいって
思うもんね

それにしても
あまりに壮絶で
ひえーという感じのアトピー物語
2年だかそれぐらいの間
毎日のように聞かされていた私は

と、とりあえず
我が子がアトピーでありませんように!
と祈るしかない心境に
なっていました・・・

だってさ
頑張りすぎの迷惑母ちゃん
はちょっと困る
というのは確か

だけど、じゃあ
どうするのが一番いいわけ?
なんて 分かんないじゃん・・・

大まかな指針としてなら分かります
大事なことは
母ちゃんが 母ちゃん独自に 幸せであること
子の幸せより先に 自分の幸せを確保すること
それが結果 子も幸せにすること

大まかには これで間違ってない

世間のいろんな話を聞いても
私のたった2年ちょいの育児生活を通しても
確信を持って言えます

でも具体的にさ

我が子が食物アレルギーである
私はそれに対処するのはめんどくさい

という事態が起きた時

具体的にだよ?

私はどうすればいいのか
分からなかった

めんどくさいからって
なんにもせずにいたら
眞手はカイカイでジュクジュクで
そんな眞手を見てるのは
私だってつらいです

かといって
食事を厳格にコントロールする
とか考えてみると
それはそれで・・・
もっとつらいかもしれない

あくまで基本は私です
私がどうしたいか

私は 眞手が元気でいてくれたら嬉しい
でもそれ以上に まず私が元気でなくちゃいけない

ほんとにどうしたらいいのか
わっかんなくなっちゃって
ここんとこかなり
笑おうとしても
うまく笑えない私になってました

今考えたら
私がこんな状態だったから
あんな感じ悪い医者に
巡り合ってしまったのかも
とか思うよ

出会う人は皆、鏡!!


まだつづく・・・






最終更新日  2008.03.08 22:40:59
コメント(54) | コメントを書く
[アレルギー(ムスコの)] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.