1499734 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ふ た こ ぶ

PR

X

プロフィール


樹 音

フリーページ

カテゴリ

購入履歴

お気に入りブログ

武内まり子さん New! mamadocterさん

2011.09.02
XML
カテゴリ:ダンス
※mixiで4/15に書いた日記です※



昨年末、合宿型のプログラムに無理を言って部分参加させてもらったインヤンダンス


その時の興奮気味な日記はこちら


で、昨日はそのインヤンダンスの、ショートプログラムに参加してきました。

インヤンダンスと言えば、名前の通り陰と陽だったり
男性性と女性性を踊る、というのがハイライトな感じだけど
実は年末の部分参加では、絶妙にその部分をハズして参加してしまった感じで
未体験だったのです。。

今回がっつりそこを体験できちゃった赤ハート



始まってすぐは、一人一人ばらばらに、拡がる陽の動きと、
縮まる陰の動きを、呼吸に合わせて静かに繰り返す。

ここでもう、動き始めて1分もした頃、
ハッという気付きとともに、ぶわぁぁと涙が込み上げてきた私。

陰の、縮まって丸まって内側にこもるような動きをしながら
ああ、私は私自身のこういう性質を、どこかで許してなかったなーと。
背中を丸めて、ぎゅっと縮まって自分を守っていたい、
そんなモードの自分を何だか「ダメモード」みたいに感じていたけど
呼吸なんだよね、自然なことなんだ、陽があれば陰があるんだなと。

どこかで自分に「開け!」と強いていた微妙な圧力を知って
今まで少し許されていなかった私の「陰」が、初めてのびのびと深く息を吐いた。

私はどちらかと言うと、いやかなり、子供の頃から数年前まで
この「陰」の性質がメインで生きてきた。
人見知りで、暗くて内にこもりがちで、怠惰で不活発で。。。
どこかでそんな自分を嫌っていたかもしれない。

この数年、主に歌やダンスを通して「外に開きたい自分」がどんどん目覚めて
その変化は本当に劇的なものでね。
外見も中身も、だいぶ変わったと思う。

その変化が自分にとって好ましかったから余計に、
もともと強かった「陰」な自分を、萎縮させてしまったかもしれなかった。

こういうことが頭じゃなく、カラダの理解でやってきて
涙で溢れていくのがすごい、インヤンダンス。。。



その後、体中を慌しく動かしながら、速いスピードで歩き回るワーク。
全力で焦りまくる、って感じ。
あれもこれもしなきゃ!早く!早く!間に合わない!ぎゃああああ!
焦りモードが極まったところで、、、
今度は動いてるのか動いてないのか
分からないくらいにゆっくり、ゆったりと動く。きもちいい。

ゆーったりなモードを存分に味わったところで
また忙しくシュタシュタ歩き回るのだけど、今度は
「体は素早く動かしながら、内側は落ち着いている」ということをする。
これねー私も数年前から、すごく意識してるの。
急いでる時、別に内側まで焦る必要はないんだよね。
内側が焦ると、すごく消耗してしまう。
体だけ素早く動かして、内側は落ち着いていれば、ダメージないの。

そしてまたゆーったりと動く。
このゆったりな動きで随分と、日々蓄積していたエネルギーの詰まり、
体の硬くなったところがほぐれて、気持ちよかった。



次は、ペアで背中合わせになって、相手のエネルギーを感じながら動くダンス。
これはね、きらくかんで整体を習ってた頃にやった、
自働運動してる人の体に触れながら一緒に動くワークにすごく似てた。

背中で感じる相手のエネルギーが、すごく気持ちいい。
その動きの波に乗るように、自分も動いていく。
お互いのエネルギーで混ざり合って、一つの生命体みたいにつながる。

しばらくやったら今度は向かい合わせに、少し離れて
でもエネルギーは受け止め合いながら一緒に動く。
背中で一度つながっているせいか、すごく滑らかに動きがシンクロする。



そして今度はペアを組み替えて
向かい合って一人が動き、もう一人がただそれを見守って受け止める。

これはね、最初に動く側をやったのだけど
相手の目を見ていいのか、どこを見ていいのか分からなくて
しばらくだいぶ目線が挙動不審になっちゃった。

片方が動きをやめる時、少しずつ収束していく動きに伴って
今度はもう片方がそれを受け取るように、少しずつ動きを大きくしていって交代。
この、滑らかにエネルギーを受け渡す感じが、すごーく気持ちよかった!
これは長時間、延々受け渡しごっこをしても楽しいかもなーと思ったな。
2人の間に8の字みたいに、滑らかなエネルギーの流れができる感じ。



さてさて休憩を挟んで、いよいよ男性性と女性性のダンス。
まずはみんなバラバラでスタート。

力強い音楽に乗って「うー!はー!」とか野太く叫びながら
床を踏み鳴らして男性性を踊る。
超超超きもちいい。

いや、これ、一人でもよくやってるよな。。。
ちょっとこう、気合が足りない感じの時とか、家で「わしょーい!うらー!」
とか叫びながら、シコ踏んだりとかさ。。。

で今度は柔らかな曲線で、ふわふわと女性性のダンス。
これはもう、ベリーダンサー的には説明不要な感じで。。

一通り、個人個人で踊ったところで、リーナ&タバーンさんが
ペアでのダンスのデモンストレーション。
みんなで輪になって囲んで眺める。

最初は2人とも男性性、力強く相手を威嚇しながら格闘技のように対峙する。
しばらくすると今度は2人とも女性性、
まるで別人のようにふわふわと乙女ちっくに柔らかく、微笑んで踊る2人。
そして今度は片方が男性性、もう片方が女性性。
ここで「威嚇する男性」と「無抵抗の女性」の感じに、
自分の中の男性恐怖の部分が反応して怯えるのを感じた。
たぶん小さい頃見た、両親の姿を重ね合わせていたと思う。
(リアルに男性が男性性を演じてる番だったので余計、かもしれない)
男女はまた入れ替わって、女性が男性性、男性が女性性に。。。

怯えたことで感情のスイッチが入ったのもあったんだけど
それとは別に、男性性女性性、それぞれのエネルギーが美しすぎて
その2つが向かい合い、絡まって、滑らかに流れていくさまが美しすぎて
もうなんか、すごい込み上げてきちゃってさー。
ハンドタオル出して、じゅるじゅる、ちーん。。。

さてデモを見た後は、いよいよペアを組んで実際にやってみる番。

さっきそれぞれバラバラに、男性性も女性性も踊ったけれど
それも充分楽しく気持ちよかったけど
相手がいて向かい合って踊ると、その良さは何倍にも増幅。

男性性同士で「うー!はー!」とやり合うのは、
そう、私の大好きなカポエイラと同じ、あの感じ。
威嚇し合ってるようで、ちゃんとエネルギーが交流している。
もう自分の中の男性性がめっちゃ喜んでるのが分かります。

打って変わって女性性同士、かなり2人してお花畑な感じ。
同じエネルギーの交流でも、柔らかいラブの感じ、うっとり系。
これまた女性性の自分が大喜び。。。

で、今度は男性性と女性性。
これはもう完全に、タントラだよねー。
何も言うことありません、て感じです。
途中で何度か男性性と女性性を交代する、その流れがまた美しい。

ペアを交代して、また同じ流れを繰り返して
終わった頃には結構な汗だく。
最後にハグしたら、息上がっちゃってるし心臓バクバクなんだけど
何とも言えない心地よい疲れ。。。



ちょっと順番違ったり、何か抜けたりしてるかもだけど
だいたいこんな感じの、3時間のワークでした。
あれだけ充実した3時間ってなかなかないと思う。。。

もうとにかく体中のエネルギーの詰まりは抜けてるし
内側の男性、女性それぞれが大いに満足しちゃってるし
何だか色々な気付きはあったしで
楽しくて幸せで、うぉ~~~これ毎日やりたい!!!状態。

ほんとにほんとに良かったなぁ。
インヤンダンス、大好きです。
夏の合宿プログラム、何とか都合つけて行けないかなぁ。。。



そうそう、最近ずっと行ってないけど
私がカポエイラを始めたのはね。

ベリーダンスで女性性をとことん表現するようになったら
何だか男性性がウズウズしてきた感じで。
「オレも表現させてくれよ!」みたいな。

その、自分の中の男性性が喜んでくれるのが、カポエイラだったの。

男性的に動く、というのは一人でもできるけど
カポエイラはやっぱり組んで向かい合って、エネルギーの交流が起きるのが楽しい。
自分がやっても楽しいし、人のやってるのを見てるだけでも、ほんとに美しい。

ベリーダンスは続けてるけど
カポエイラもやっぱり私には必要だなー、
また通い始めよう、男性性喜ばせてあげよう、と思ったのでした。

ベリーダンスにカポエイラ、タントラだって好きだし
この男性性と女性性というのは、私にとって大きなテーマなんだなーと実感。

そして私は女性だけど
内側は男性性も女性性も、同じように相当パワフルだな!
というのも強く感じた今回なのでした。








最終更新日  2011.09.13 13:42:49
コメント(36) | コメントを書く
[ダンス] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.