1503884 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ふ た こ ぶ

PR

X

プロフィール


樹 音

フリーページ

カテゴリ

購入履歴

お気に入りブログ

12月スタート New! mamadocterさん

2011.09.03
XML
カテゴリ:クレニオ/クラニオ
※mixiで4/25に書いた日記です※



ずっと受けてみたかった、緒方さんのクラニオを受けてきた。

セッション前、カルテに記入していると、なぜか急に咳が出てきた。
けほけほ、けほけほ。

オプションで頼んだアロマは、ダウジングで選んでくれる。
ジャスミン、ライム、月桃、ユーカリ、ラベンダー。
すごくいい香り。
昔どこかでキネシで精油を選んでもらった時も、ジャスミンとライムだったので驚く。

ブレンドした精油を枕元に置いて、セッションスタート。
肩と膝に、ものすごくそーーっと、手を置かれた。
しばらくすると私の頭が、ぐぐぐぐ、、と横回りに動き始めた。
いや、頭は結果で、実際動いてたのは首か。
ものすごくゆっくりなんだけど、確実に動いている。
時々、連動するように、肩も巻き込むような動きをする。
制御できない不思議さに思わず声を出して笑っているうちに、首はこれ以上動かないとこまで捻れ、ストップ。

なんとなく、出産の時の動き?と思った。
頭を捻りながら出てくるよね、赤ちゃんて。
おまけに肩も巻き込んで。
あら、私、生まれるとこをやり直してる?と思ったら
「生まれたくない!生きることは痛くて苦しくて面倒だ」
みたいな感覚が体中に広がって、
うわぁぁ嫌だぁぁと思ってるうちに、緒方さんが手のポジションをチェンジ。

今度は後頭部に手が来た。
頭の中で、昨日恋に落ちたばかりの曲が流れだす。
郷愁のような感覚とともに、トルコかモロッコのような風景がどんどん出てくる。
踊る自分。たぶん過去生?その時も女性。
ふっと枕元から香るジャスミンやライム。
突然すごく胸が苦しい。
好きな男性と死別した光景が出てくる。
その後の人生をずっと「彼に会いたい」という思いから抜け出せないまま、ハートの痛みを踊りで表現しながら暮らしたようだった。
そして姿や顔ははっきり見えないものの、その男性が誰だったのかは、すごくよく分かるのだった。。。

緒方さんの手がハートに移動。
しばらく何も反応がないなーと思っていると、
急にすごく寒くなってきた。
単に寒いのか、いわゆる寒気なのか分からない。
緒方さんに言うと、毛布をもう一枚かけてくれた。
それでも寒かったので、寒気だなぁと思う。

胸が苦しくて、べったりと何かに圧迫されているようで
でもそれが緒方さんの手ではないのが分かる。
手はごくごく軽く触れているだけ。
苦しい。苦しい。咳がまたたくさん出る。

その後は仙骨。
寝ていたような起きていたような、深い瞑想状態のような。
「今どんな感じでしたか?」と言われて「なんにも考えてませんでした」と答えた。
自分の中が全くの空白だった。
仙骨の下にあった手をどかされて初めて、そこに手があったことを思い出す。
完全に一体化していた。

セッションが終わると、全身がゆるゆるしている、だけど胸だけ苦しい。
でも「苦しくなった」というよりは、隠れていたものが浮上してきた感触。
こんなに胸がふさがったまま生きてたんだ、という感じ。

いろいろ雑談しつつ、どんな感じでしたか~と聞くと
出産で仙骨がかなりダメージを受けているようだ、とのこと。
くおん整体の時にげーしーさんに言われたのと同じだ。。。
年子での出産だったので、初回のダメージから回復しないまま次を産んでしまい
エネルギーが枯渇したままになっているらしい。

帰り道、歩きながらその出産の話を思い出していたら
胸の苦しいところから急に「寂しかったよぉぉぉ!」という感じとともに
涙がいっぱい出てきておろおろした。

娘はとにかく全然寝ない、抱っこしていないと泣き続ける、
いわゆる超・「手のかかる子」だった。
私と夫は、かなりギリギリな精神状態になって、家庭内は荒れに荒れ。
そんな最中にまた、2人目を妊娠。

娘を妊娠していた時は、おなかに手を当てたり耳を当てたり、
話しかけたりして楽しみに誕生を待っていた夫。
が、息子の時は全くの無関心だった。
おなかに触ってみて、と言っても「そんな気分じゃない」と拒否。
私はそれがすごく寂しかった。

もうそんなことはとっくに忘れて、気にしてないつもりだったのに
あの時の寂しさがぶわぁぁっと込み上げてきて、歩きながら涙が止まらない。
そうか、こんなに我慢してたのか、と思う。
私はまだどこか、夫を許してないのかもしれない、とも思う。

カフェに入ってコーヒーを飲みながら、
過去生らしきビジョンのことを思い出す。
あのビジョン、前にも出てきたことがあった。
1~2ヶ月前、やっぱりカフェにいた時。
突然「胸の、痛みが分かるか?」という言葉とともに
あのトルコかモロッコのような風景がバァァ~と出てきて
何か分からないけど手の届かないものに焦がれるような、強烈な痛みを感じた。
何だろう?と思ってノートに書き留めた。

そーとー何か残ってるのかもね、怒りというか悲しみというか
やりきれなさみたいなものが。

にしても、今回あのビジョンとともに、例の恋に落ちた曲、
が流れてたことで、今度江ノ島で踊るのはやっぱりあの曲にしようと思った。
何かこう、成仏してない思いがあるから、こんなにときめくんだと思うもん、あの曲に。
踊って供養だーーー。

ちなみにこの曲。Lat jaf。 (youtubeに飛びます)
とてもこんな美しくは踊れないけど、ハートだけはどっぷりで。行くぜっ!






最終更新日  2011.09.13 13:53:22
コメント(7) | コメントを書く
[クレニオ/クラニオ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.