1461586 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ふ た こ ぶ

PR

プロフィール


樹 音

フリーページ

カテゴリ

購入履歴

お気に入りブログ

シュリシュリの言葉 New! mamadocterさん

2011.10.08
XML
カテゴリ:からだ
グラウンディングを意識し始めてから、
否応なしに体の声に耳を傾けるようになった。

「動きたい」「休みたい」の声は骨盤からやってくる。
基本的には、骨盤が締まっていく時は動きたいようで
緩んでいく時は休みたいみたい。

仙骨のあたりにきゅううっと力が集まるのを感じると
あっ動きたい、という感覚になって
だから目一杯、その時できること、やろうと思ってたことを
気持ちよく盛大にやる。動き回る。

やってるうちに心地よく骨盤の衝動が消化(昇華?)されていって
そのうち「なんか少しダルいなー」「めんどくさいなー」
そんな感覚が来たら、遠慮なく目一杯、今度は休む。
やらなきゃ、とかそういうのは手放して、飽きるまで休む。
すると今度はまた、動きたくて仕方ない時が来る。

たったこれだけのシンプルな、毎日繰り返す体の周期にさえ
今までちゃんと従ってあげてなかったなー。
それぞれの欲求が積もり積もって「動けなく」なったり
逆に「爆発しそうに」なるまで溜め込んでいた。

意識の拡張と収縮は、そのまま骨盤の開閉でもあるように思う。

呼吸を、吸うだけにしよう!とか吐くだけにしよう!とか思わないのと同じに、

できる自分だけでいようとか
愛せる自分だけでいようとか
つながりたい自分だけでいようとか

しなくていいわけで、
愛に溢れて活動的で有能な自分がいたら同じだけ
閉じこもりたくてダラダラで何もできない自分がいる

その当たり前のこと

片側だけに固執しない

学んでいます。






最終更新日  2011.10.09 01:39:39
コメント(14) | コメントを書く
[からだ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.