978296 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

体の健康、経済の健康

PR

プロフィール


ひとみで〜す!

カレンダー

カテゴリ

コメント新着

一見です@ 2014年07月22日のle corbeau bleu さんへ どうせle corbeau bleuさんがこの書き込み…
一見です@ 2013年03月25日の通りすがりさんへ 12年も論争が続いてるブログって珍しいで…
絵スマホ@ 儲かってる??? 草ァ!!!!!!!
ラムおじさん@ Re:誤植と企業も認識して改善を進めている例(07/05) 敏の意見さんへ 山崎製パンがトランス脂肪…
通りすがり@ Re:これでもあなたはマーガリンやショートニングを使いますか?(07/05) トランスうんたらかんたらはどうでもいい…

バックナンバー

2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2006年10月12日
XML
カテゴリ:栄養素を考える

 前回はTCA回路の図をご紹介するところまででした。今回はもう少し書くことにしますが、この回路についてあまりに専門的なことを書くのは記事の趣旨ではありません。しかし、覚えておいてもらいたいこともありますので、それらについて簡単に説明します。

 まずもう一度図を表示します。

TCA_cycle.gif


 回路という名称は、図でもわかるようにクエン酸から始まり、クエン酸に戻るというループがあるからです。そして各ステップにおいて酵素が働いています。さて、ここで使われる酵素について重要なことがあります。

 今、グルコースの代謝について書いているわけですが、これはビタミンB群の説明と連動していました。実は、ミトコンドリア内で行われるTCA回路の反応に使われる酵素は、ビタミンB群(ビタミンB1,B2,B6,B12,ナイアシン,ビオチンなど)が補酵素(つまり酵素の部品)として働いているのです。

 つまり、こうしたビタミンB群が不足すると酵素の働きが十分でなくなるのです。このためエネルギー物質のATP(アデノシン3リン酸)の生成が不十分となり、身体の様々に深刻な影響を与えるのです。

 通常はATP生成が不十分であることを実感することはありませんが、スポーツ選手の場合は明らかにわかるそうです。

 さらに、TCA回路で働く酵素は基本的にすべてマグネシウム酵素だというのも注目しておきましょう。つまりマグネシウムが酵素の生成に不可欠ということです。現代人はマグネシウムが不足していることが多いので、これも重要なポイントです。

 さて、今までの記述で、エネルギーを作り出すTCA回路(クエン酸回路)が十分に回るための条件がほぼ出てきました。それを簡単な説明付きでまとめてみましょう。

酸素が十分に供給されることが不可欠です。酸素は体を酷使したり、ストレスに曝されたりすると、どうしても不足しがちです。

⇒酸素が不足すると無酸素の解糖系からTCA回路に進まず、グルコースからは疲労物質である乳酸が生成されます。また、脂肪についてはアセチルCoAの供給どころか、逆に余ったアセチルCoAが脂肪として蓄積されてしまっています。メタボリックシンドロームとの関連も否定できません。

水溶性で毎日摂取する必要があるビタミンB群が不可欠です。

⇒加工食品、スナック、スイート、清涼飲料をたっぷりと摂る食生活によりビタミンB群の消費は非常に激しくなります。さらにこうした食品にはビタミンがあまり含まれていません。一度は解消したはずのビタミンB群の不足による様々な疾患がまた現れてきているのはこうした食生活にあることは明らかです。

マグネシウムが十分に摂取できていることが必要です。

⇒マグネシウムというミネラルはカルシウム摂取と関連が深く、一般的にはカルシウムとマグネシウムの比は2対1が理想的と言われます。ただマグネシウムは水に溶けやすく、さらにストレスによってもどんどん消費されてしまうので、マグネシウムが十分に摂れている人は現代人には少ないのではないかと言われています。


 ビタミンB群について補足しておきましょう。

 実は、アミノ酸の代謝にもビタミンB群が重要な働きをしています。

 ビタミンB6はアミノ酸代謝(アミノ酸転移酵素や脱炭素酵素)の補酵素として働き、特に重要なビタミンです。

 またナイアシンは特に多くの酵素の補酵素として働くビタミンとして知られています。

 パントテン酸は脂質代謝に重要な働きをするだけでなく、糖質やアミノ酸の代謝にも重要な役割を果たしています。

 ビオチンも脂質や糖質の代謝に関与しています。

 葉酸は転移する酵素の補酵素として働いています。つまり、各種アミノ酸の生合成に必要です。つまり、必須アミノ酸から非必須アミノ酸を作り出す際に必要とされるのです。

 以上のように、ビタミンB群は非常に重要な生理活性作用があるわけです。現代人はビタミンB群を大量に消費するライフスタイルを持っています。しかし、ビタミンB群の摂取は明らかに足りない人が多いのです。

 マクロビオティックでは、主食は玄米が基本です。お米の胚芽部分は非常に豊富なビタミンB群を含んでいます。ですから、玄米(または発芽玄米)を食べていれば、ビタミンB群不足ということはほぼないはずです。

 一方、白いご飯だけのおにぎりを食べても、ご飯の栄養素の大部分を占める炭水化物(糖質)を代謝するためのビタミンB群がほとんど含まれていないのです。そのため、食べたときの満足感だけで、エネルギーを十分に取り出すことができないということになってしまいます。食べたものが十分に活用されないで排出されてしまうということです。

 今回は少々長くなりました。とりあえず終わりとしましょう。また次回をお楽しみに!
 
 
 
サプリメントアドバイザーが身近にいない方は、ひとみ先生までご連絡下さい

「にほんブログ村ランキング」に参加しました。クリックお願いします
にほんブログ村 健康ブログへ

このブログの内容をメルマガの形で配信しております。もし、メールの形をご希望の方は読者登録をお願いします
  ⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000184917

ひとみ先生のホームページもよろしく!
  ⇒ http://www.kenko-club.jp






最終更新日  2006年10月12日 08時15分20秒
コメント(0) | コメントを書く
[栄養素を考える] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.