2094660 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

● 安心なお米屋さん

● 安心なお米屋さん

神生み

神生み

伊耶那岐神と伊耶那美神は次々と神々をお生みになりました。

しかし、ここで悲しい出来事がありました。
火の神である火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)が生まれる時に、伊耶那美神は御陰(みほど)[女性器]に深刻な火傷を負わせられました。
伊耶那美神が病床でお苦しみになりながらも「神生み」は続きます。

伊耶那美神は病床で、嘔吐し、糞尿を垂れ流します。ところが、吐いたゲロからは鉱山の神二柱、大便からは土の神二柱、そして尿からは水の神、生成の神が成りました。

★ 伊耶那美神のゲロから成った二柱の神とは、金山毘古神(鉱山の神)金山毘売神(鉱山の女神)です。
  
※ この神様は、以前紹介しました、宮城県石巻市金華山の黄金山神社の御祭神です。
http://plaza.rakuten.co.jp/genkinaokome/diary/201010100000/

  • 金華山.jpg


  • さらに伊耶那美神の尿から成った和久産巣日神(わくむすひにかみ)の子が、穀物の神である豊宇気毘売神(とようけびめのかみ)です。この豊宇気毘売神は、天照大御神の食事を司る神として、伊勢の神宮の外宮に祭られます。

    そして、伊耶那岐神の懸命な看病の甲斐もなく、伊耶那美神はついに神避(かむさ)りあそばされました。(「神避る」とは神が亡くなること)およそ、伊耶那岐神と伊耶那美神が共のお生みになった島は、十四の島です。またお生みになった神は三十五柱です。ただし、蛭子と淡島は子の数には入れません。

    伊耶那岐神は「愛しい我が妻の命を、子一人の命とかえることになるとは思いもしなかった」とお嘆きになり、伊耶那美神の枕元で腹ばいになり泣きました。
    伊耶那岐神は、伊耶那美神の亡骸を、出雲の国(島根県)と伯伎国(ははきのくに)の境にある比婆之山に葬りました。

    伊耶那岐神の悲しみは募るばかりでした。

    ついに腰に帯びていた十拳の剣(とつかのつるぎ)を抜いて、生まれたばかりの、火之迦具土神の首を切りました。
    すると、首を刎ねられた火之迦具土神の体から、炎がほとばしり、辺り一面に真っ赤な血液が吹き出し、そこからまた新たな神が成りました。
    剣の根本に付いた血が岩に飛び散り、建御雷之男神(たけみかずちのおのかみ)などの神が生まれました。

    ★ 建御雷之男神は、白河市鹿島神社の御祭神です。
    http://plaza.rakuten.co.jp/genkinaokome/diary/201205280000/

  • 鹿島神社.jpg


伊耶那美神がお亡くなりになったことで、国作りは半ばにして中断する事になります。

続きを読む




© Rakuten Group, Inc.