8135044 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

幻泉館日録@楽天

春一番 第4日



春一番 第4日 5月5日(水)

服部緑地野外音楽堂の空

コンサートの中休みであった前日4日、大阪は嵐のような風雨でした。
それがまさに台風一過のような青空。
やっぱり我々は日ごろの行ないが良いのだと、happy-happyさん(仮名)や温州蜜柑さん(仮名)と確認しあったのでした。

お祭りの最終日。
帰りの新幹線は指定券を買ってあるので、最後まで見ることができるのか心配でした。

春一番 最終日

12:22
◎藤井裕+正木五郎+スマイリー原島+伊藤ミキオ+ウルフルケイスケ
 前の三日間よりも早目に入ったのですが、座席が混んでいます。
 最終日はさすがに人気出演者が多いようです。

12:44
◎野狐禅
 北海道から出てきたという若者二人。
 「やこぜん」と読みます。
 アベちゃんが、しきりにこいつら売れるぞとアピールしてました。
 確かに好感が持てるデュオです。
 1. 少年花火
 2. (タイトル不明 ♪70年代フォークに~)
 3. 東京紅葉
 4. ぐるぐる
 野狐禅 オフィシャルサイト

13:00
◎アチャ孫久利+AZUMI
 ハイになりましょと歌いそうな格好のド派手な人が出てきて、「ロボットなんかじゃないんだよ」と歌ってから、やたらにアメリカの悪口を言い始めました。
 「アメリカが地球を押さえてる。犯罪者集団。日本はおいてけぼり。」
 この人は何なんだろうと思っていたら、あの花菱アチャコさんのお孫さんなんだそうな。
 一瞬、花紀京さんとはどういう関係かと思ったのですが、こちらは横山エンタツさんの息子さんなのでありました。
 もう一曲「戦争反対」を歌いましたが、これはほぼ「マイ・シャローナ」。

13:24
◎布谷文夫
 with 伊藤銀次、上原ユカリ裕、矢野誠
 ピアノの矢野誠さんはスペシャルゲスト扱いでした。
 しかしまあ、伝説のシンガーですわな、布谷文夫さんも。

13:47
◎ペーソス
 島本慶(vo)、岩田次男(g)、スマイリー井原(司会)
 平成歌謡を名乗る、バカ受けの御三方でした。
 事情通の温州蜜柑さん(仮名)によれば、島本慶さんは風俗ライター舐達磨(なめだるま)親方なのだそうな。
 遠目にはなぎら健壱さんのようにも見えました。
 1. 甘えたい
 2. ひとり
 3. 霧雨の深川緑道

14:02
◎大西ユカリと新世界
 出た!
 すごかったです。
 御本人が「逆セクハラ」と称するホットパンツ(死語)姿。
 「プカプカ」歌ってくれました。

14:40
◎友部正人
 with 武川雅寛・ロケットマツ
 1. 何も思いつかない時の歌
 2. 横顔
 3. シャンソン
 4. 夜になると
 5. 全音符
 6. 悲しみの紙
 7. 6月の雨の夜、チルチルとミチルは
 新しいアルバムからの曲が多いです。
 6曲目が亡きホン・ヨンウンに捧げられて、やっと彼の死を知ったのでした。

15:20
◎沢知恵
 ピアノの弾き語りで、ディランの「風に吹かれて」を歌ってくれました。
 沢知恵オフィシャルサイト

15:30
◎矢野絢子
 高知の人で、これからメジャーデビューするそうです。
 ピアノの弾き語りで、少年のように歌います。
 「てろてろ」
 ♪ 知らないところに行きたいな
 ♪ 嘘だよ本当はね
 ♪ ここに居たい ここに居たいんだ
 矢野絢子オフィシャルサイト「蒼い鳥」
 
15:54
◎桂喜丸川柳
 先月急死した桂喜丸さんの川柳が読み上げられました。
 私と同い年だわ。
 法政大学工学部建築学科卒業という変わり種ですね。
 桂朝丸(現ざこば)さんの2番目の弟子だとか。
 「臨終のまぶたの裏にカブトムシ」
 死の直前にこの句が句会で優秀句となり、喜んでいたそうです。
 
16:07
◎山下洋輔
 「Round About Midnight」から始まり、坂田明さんがいたトリオ時代の曲などもやってくれました。
 ああ、坂田さんも一緒にやってほしかったなあ。

16:30
◎MOJO CLUB
 「烏合の衆!」やってくれました!
 黒子みたいに寄り添っていたお兄さんが三宅伸治さんを肩車して客席を回るなんてサービスもあり。

17:00
◎中川イサト
 happy-happyさん(仮名)がステージの近くへ飛び出していきましたよ~!
 1. オーパス130(ソロ)
 2. 僕のいるところ
  with 飛田一男(元めんたんぴん)
 3. Weight
  with 飛田一男、三宅伸治、石田長生
  もちろん、The BANDのヒット曲でございます。
 4. ちょっとトロピカル
  with 押尾コータロー
  コータロー君が高校生のころ、イサトさんのギター教室に通っていたんだそうですわ。
  つまり旧師弟の共演ね。

17:25
◎押尾コータロー
 1. 翼 YOU AND THE HERO
 2. Hard Rain

◎中川イサト&押尾コータロー
 「その気になれば」
 いい曲ですね。

17:45
◎ザード・システム
 レゲエバンドです。
 が、なんだか様子が変。
 これまで押しまくっていたステージが、やけに余裕しゃくしゃく。
 アベちゃんががんがんアンコールを促すので、バンドのメンバーがあわてて曲を準備したり。
 もしかして、演奏者がいなくなってしまったのでは?

18:28
◎木村充揮&山下洋輔
 「ケサラ」
 春一番からのプレゼントだそうです。
 たぶん急遽決まった大トリ。
 そりゃ良かったですわ。
 木村充揮オフィシャルサイト
 木村さんはビリケンさんになっちゃってます。
 
最後は意外にあっけなく終わってしまいました。
年寄りが片付けせにゃならんからね。
おかげで焦らずに新大阪へ向かうことができました。
服部緑地の駅では、通行人に頼んでシャッターを押してもらい、3人の記念写真など撮りました。

これで祭りは終わりです。




Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.