8728091 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

幻泉館日録@楽天

PR

Calendar

Profile


幻泉館 主人

Freepage List

Archives

Comments

幻泉館 主人@ Re[1]:猫のしっぽ(07/26) 穴沢ジョージさん、こんにちは♪ つい先ほ…
穴沢ジョージ@ Re:猫のしっぽ(07/26) ご無沙汰です。 雨、大丈夫ですか。かなり…
幻泉館 主人@ Re[1]:終・春一番(02/09) ふぅ☆さん、こんばんは♪ 中止(延期)声…
ふぅ☆@ Re[1]:終・春一番(02/09) 深江じゃなく江坂でした<(_ _)>
ふぅ☆@ Re:終・春一番(02/09) こんにちは 久しぶりに書き込みました。。…

Category

Favorite Blog

『多和田葉子アンソ… New! Mドングリさん

半沢直樹 第4話。 New! まいか。さん

シマコ17歳! keisho0031さん

追悼:弘田三枝子さ… 穴沢ジョージさん

世界の名作住宅 想… シェフ・オオシマさん

でろれん日乗 でろりさん
夜間飛行へ・・・ 夜間飛行さん
remi's room remi10さん
デパ地下グルメ @キララさん
Now Wait For Last Y… コブラクローさん

Recent Posts

2003.12.03
XML
カテゴリ:音楽
【追記】No.5
郵便局へでかけて不在配達通知のあった郵便物を受け取る。
『黒旗水滸伝』上巻。
1冊だけ出てきたので送りましょうかと、ご連絡をいただいていたものである。
流通を下請けに任せている出版社ではこういうことはないが、小零細出版社ではわりとあることですね。

昨日も受け取りに行ったのだが、それで運転免許証を出したまま行方不明になっていた。
いやだなあと思っていたら、ちゃんと車の中から出てきました。
よかった♪
ちなみに、昨日受け取った小包が、おみやげの温泉まんじゅう。

今日は朝のうち雨。
昼過ぎに晴れたので夕焼けに期待したのだが、またどんより曇ってしまいました。
かろうじて数枚写したが。

【追記】No.4
お世話になっているCAT-Oさんのお誕生日なのでありました。
めでたいですよ、ええ。
おめでとうございます。

末期癌の桜葉さん、「詩のボクシング」の予選で勝ち残っているようなのだが、楽しみにしているという12月6日は地区決勝なのだろうか。
かろやかに書き込んでくることができない自分がふがいない。

【追記】No.3
大寝坊して、昼過ぎに本日の第一食(朝飯というと笑われる)。
独りでぼそぼそ食事をしているのも寂しいのでテレビをつける。
すでにNHKのニュースの時間は終わって、「ひるのプレゼント」(だったっけ?)というような番組をやっている。

日本橋でんでんタウン。
ああ、いいな。
暮れになると、あの秋葉原の雑踏の中にいたくなる。
なんだ、デジタル地上波の宣伝か。
国策番組は見たくないので、テレビを消す。

アナログ波があと数年でなくなるというのが理解できない。
結局失敗したハイビジョンを、デジタル化でおかみが押しつけようというものだろう。
住基ネットでとんでも発言を繰り返していた大臣の顔など思い浮かべてしまう。
電波行政は郵政省か。
省内の暗闘の結果、いったい誰が何のためにデジタル化移行を決めたのか。

こんな国策番組をハイビジョンで見たいなんぞとは思わんぞ。

【追記】No.2
サッカーはドバイでやっている、ワールドユース2003 UAE大会なのであった。
手がお留守になってしまった。
残り5分で1-3と負けてる。
う~ん、惜しい!
あ……1-4で負け~。
まだ決勝トーナメント進出はアリね。

【追記】No.1
湯上がりに頂き物の温泉饅頭など頬張る。
伊豆長岡温泉あずさ。
もう一軒有名な店があったと思う。
桜・草・鴬の三色。
夜中にンなもの食ってちゃいけない。

濃いお茶が飲みたくなるが、コーヒーで代用。
ん~、やっぱりお茶だったな。
一服して、ちょっと夜なべ仕事。

ありゃ、サッカー、日本vsコロンビアっての中継してる。
なんだ?



はいはい、大人メール相談室です。

☆★ちゃん、あのね、反戦に理論武装は要りませんよ。
言葉で他人を説得する必要があるのは、戦争をやりたい連中です。

殺すな
殺されるな

これで十分です。
ね?



昨年の新生フォーク・クルセダーズで加藤和彦さんが「ヨイトマケの唄」を歌ったときに、最初はなぜなんだと思ったが、聴き終わって合点がいった。
これはシャンソンなのである。
元々の丸山明宏さんはシャンソン歌手。
おしゃれな加藤さんも、市井の人の愛と悲しみをシャンソンで歌ったのだ。
「ヨイトマケの唄」[歌詞]

「拝啓大統領殿」もシャンソンだった。
この曲を最初に聴いたのは、高石友也さんの歌だったろうか。
「拝啓大統領殿」[歌詞&コード]
わが心の師匠高田渡大人も「おなじみの短い手紙」というタイトルで歌っている。

徴兵を拒否して逃げ出すというこの歌を、私はずっとアメリカン・フォークだと思い込んでいた。
曲調は全然違うのに、高石友也さんが歌っていたし、ヴェトナム反戦で歌われていたので、そんなふうに思い込んでいたのである。
もちろんアメリカでもヴェトナム反戦で歌われていたのだろう。

PP&Mはちゃんとフランス語バージョンで歌っていた。
あのボリス・ヴィアンの「脱走兵」という曲だった。
つまり、フランスの反戦歌なのである。
おそらくアルジェリア独立戦争の際に歌われたのだろうが、フランスは私にとって鬼門なので、これ以上はよくわからない。
興味を持った方は、ツバルさんやうるとびーずさんといった、御専門の方々に聞いてください。

LE DESERTEUR
Paroles : Boris Vian
Musique : Harold Berg
「脱走兵」[原詞&コード]
「脱走兵」 [訳詞]

受験生ブルース/高石友也フォーク・アルバム第2集
~第2回・高石友也リサイタル実況より~(1968年)
高石友也リサイタル実況1. 受験生ブルース
2. あの人の日曜日
3. お父帰れや
4. とび職ぐらし
5. のんき節
6. 時代は変わる
7. 想い出の赤いヤッケ
8. 一人の手
9. 旅だつ人
10. あるおっさん云いはった
11. 拝啓大統領殿
12. 橋を作ったのはこの俺だ
13. 新しい日
14. We Shall Overcome
[CD ボーナス・トラック]
15. 受験生ブルース(シングル・ヴァージョン)
16. 友よ
17. 北の国へ(シングル・ヴァージョン)
18. 主婦のブルース


幻泉館 リンク用バナー






Last updated  2005.02.10 04:01:55
コメント(14) | コメントを書く
[音楽] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.