7880039 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

幻泉館日録@楽天

PR

Calendar

Rakuten Profile

設定されていません

Freepage List

Archives

Comments

chappi-chappi@ Re:気持ち悪いよお(10/19) New! こんばんげ♪ あらあら、ヒナちゃん、大丈…
幻泉館 主人@ Re:ダイソン(10/17) こんばんはっする♪ さっき届きました。 …
chappi-chappi@ Re:ダイソン(10/17) こんにちさいくろん♪ いいな、ダイソン。…
幻泉館 主人@ Re[1]:heartbreakers(10/03) chappi-chappiさん、こんばんあいしゅうな…
chappi-chappi@ Re:heartbreakers(10/03) こんばんアイリッシュダンス♪ つい2~3…

Category

Favorite Blog

『野山の鳥 観察ガイ… New! Mドングリさん

カモンベイビィ New! chappi-chappiさん

不老ふ死温泉 New! 夏見還さん

「眩(くらら)~北… まいか。さん

四年目に入りました 穴沢ジョージさん

人の移り変わり Dr.悠々さん

じゆう宅考 マンガ… シェフ・オオシマさん

次回は、夢色音楽祭… 雅楽多1990さん

でろれん日乗 でろりさん
夜間飛行へ・・・ 夜間飛行さん

Recent Posts

2004.06.16
XML
カテゴリ:音楽
【追記】No.2
渡さん少し前に「酒やめた」って、言ってたけど、ウソじゃん。
飲ませちゃダメです。
マジでもう危ない。

アル中の人はお酒を飲むために、その場しのぎで何でも言っちゃうそうですね。
悪気はない。
ただもうひたすら飲みたいだけ。

歴代内閣と自衛隊も同じだな。
マジでもう危ない。

【追記】No.1
落ち込んだ時、遠藤賢司「踊ろよベイビー」はいいかもしれない。
元気でるかも。
涙涸れるまで泣くのもいいけど、エンケンのパワーに僕の元気も感応してくれそう。

ところで、掲示板のテーマ「落ち込んだ時に聴く曲は何ですか?」は継続しております。
思いついた時にどうぞ。
日記コメントではなくて、掲示板の方です。



少し前にレーガン元大統領の葬儀があった。
ニュースを眺めていたら、「永遠の眠りにつきました」という常套句で終わっていたのだが、あれ?
クリスチャンも永遠の眠りについちゃうんでしょうか?
これでいいんでしょうか?
詳しい方教えてください。

いえ、ニュースでは「永遠の眠りにつきました」と言ってたんで、きっとこれは事実なんでしょうがね。

[レーガン・中曽根・全斗煥]
米日韓がこの3人になったらどうしようって、本当に心配していたんだわ。
もちろんそれが実現したからといって、世界が滅びるなんてことはなかった。
でも80年代は、食糧安保に失敗したソ連が倒れることになった。

[ニクソン・田中・朴正煕]
こちらはあまり三点セットで語られることはないだろう。

時代の転換点とされる1972年、佐藤栄作首相の長期政権に倦んだ人々は、1972年6月田中角栄通産相が発表した『日本列島改造論』に飛びつく。

7月に田中角栄内閣成立。
9月ハワイで田中・ニクソン会談。その後田中首相は訪中して田中・周会談、毛主席との会見を経て日中共同声明。
10月に朴正煕政権が非常戒厳令を宣言し、12月に維新憲法公布。
沖縄復帰の年は、やはり大きな政治的変化があったのだ。
ただ、これはとても「わかりやすい」変化だったと思う。
誰もが、時代は変わったと感じることができた。

既に歴史になっているはずの沖縄復帰や日中国交回復を、学校ではどう教えているのだろうか。

こんなことを思い出したのは、車の中であの4枚シリーズの「春一番スペシャル・セレクション」を聴いていたからだ。
新しく出た復刻盤『春一番ライブ'74』で削られていた、中山ラビさんの「夢のドライブ」と遠藤賢司さんの「踊ろよベイビー」。
これが『地球は皮をはいだ』に入っている。

ラスト13曲目の「踊ろよベイビー」がとてもおもしろくて、まさにエンケンの面目躍如。
生ギター一丁だけでシャウトしている。
会場はノリノリ。
この『地球は皮をはいだ』はロック中心に編集されているのだが、こんな人は他にいない。

手拍子と文字どおり足拍子に乗って出てくるエンケンが、実際に歌を歌い出すまでにこれだけのことを言う。

 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
 田中角栄にも、誰にも負けないぐらい、大きな声で
 今夜は全部忘れて
 僕を嫌いな人も、好きな人も、みんなで
 僕を嫌いな人も、好きな人も、みんな忘れて
 嫌なことは全部忘れて
 でも、活字という金文字を
 ヒトラーという金文字を背に
 ヒトラーは、大文字の活字でもうすぐやってくるぞ!

 わかるか?
 気をつけろよ!
 気をつけろ、ベイビー!

 ヘイ、ユー!
 What's your name?
 ヘーイ、踊ろよ、ベイビー!

 (ここからギターのストロークが入る)

 体のもつかぎり歌うからな
 みんなも絶対、負けるなよ
 誰も助けちゃくれねえぞ!
 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

そのまま歌に入るのだが、いやはや、これは本当にすごい。

少し前に春一番の掲示板で「歌と演奏を聴きに来たのだから、勝手な政治的主張をするのはやめてくれ」という主旨の書き込みを見て驚いたのだが、その御仁などきっと腰を抜かすことだろう。
抽象的に「戦争反対」というのはあまり気にならないようだが、自衛隊のイラク派遣は批判してはいけないそうだ。
その根拠が、国民の半数以上が派遣に賛成しているからだとか。
だから、コンサートでそんなことを言うべきではないんだと。

ここでその御仁の悪口を言いたいのではない。
当の掲示板で、おとなしい論戦があって、それはもう終わっている。
気になったのは、匿名掲示板の形でないと発信しようとしない輩が増えていることだ。
なおかつ、そうやって発信するのはむきだしの悪意なのである。
どうにも陰湿だ。

さて、エンケンはギターをかき鳴らしながら歌い、ステージを走り、何かを蹴飛ばしたりしているようだ。

 ♪ 今夜はずっと
 ♪ 踊ろよ、ベイビー!

歌の途中で、また煽ること、煽ること。

 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
 踊れ!
 手拍子!

 会場の公園の中のアベックの人も
 柵の向こうにいる人も
 みんな手拍子を!
 聞こえる?

 田中角栄のところに届くように
 それじゃ聞こえないぞ、ここは大阪だ!
 あいつは東京にいる!
 ニクソンは、アメリカにいる!

 俺は負けない!
 負けるなよ、ベイビー!
 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

『地球は皮をはいだ』
『春一番スペシャル・セレクション
 地球は皮をはいだ』
1. うちわもめ
 ~スイート・アイスクリーム・サンデー
 (センチメンタル・シティ・ロマンス)1979年
2. 夢のドライヴ(中山ラビ)1974年
3. 歌が空を焦がす夜(ランニング・ベア)1977年
4. ハウ・ブルー・キャン・ユー・ゲット(永井隆&ブルーヘヴン)1979年
5. ア・チェンジ・イズ・ゴナ・カム(砂川正和とナスティーチェイン)1978年
6. 夏バテ(布谷文夫)1974年
7. へいの上で(はちみつぱい)1972年
8. とめ子ちゃん(ごまのはえ)1972年
9. もうこの街じゃ(サザン・ブリード)1976年
10. そんなに言うのなら(メリケン・ブーツ)1976年
11. 俺たちに明日はない(ザ・ディラン)1974年
12. いきたいところがあるんだ(いとうたかお)1977年
13. 踊ろよベイビー(遠藤賢司)1974年



幻泉館 リンク用バナー






Last updated  2004.06.16 12:01:18
コメント(14) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.