8724738 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

幻泉館日録@楽天

PR

Calendar

Profile


幻泉館 主人

Freepage List

Archives

Comments

幻泉館 主人@ Re[1]:猫のしっぽ(07/26) 穴沢ジョージさん、こんにちは♪ つい先ほ…
穴沢ジョージ@ Re:猫のしっぽ(07/26) ご無沙汰です。 雨、大丈夫ですか。かなり…
幻泉館 主人@ Re[1]:終・春一番(02/09) ふぅ☆さん、こんばんは♪ 中止(延期)声…
ふぅ☆@ Re[1]:終・春一番(02/09) 深江じゃなく江坂でした<(_ _)>
ふぅ☆@ Re:終・春一番(02/09) こんにちは 久しぶりに書き込みました。。…

Category

Favorite Blog

『ねむり』2 New! Mドングリさん

「家政夫ナギサさん… まいか。さん

追悼:弘田三枝子さ… 穴沢ジョージさん

世界の名作住宅 想… シェフ・オオシマさん

東京都民の選択 msk222さん

でろれん日乗 でろりさん
夜間飛行へ・・・ 夜間飛行さん
remi's room remi10さん
デパ地下グルメ @キララさん
Now Wait For Last Y… コブラクローさん

Recent Posts

2004.07.06
XML
カテゴリ:音楽
【追記】No.3
言ってどうなるものでもないけど、蒸し暑い。
べとべと。

気分転換に浜へ行ってみたら、余計にべとべと。
おまけに西の空にはどんよりと雲が。
がっかりして戻ってきたら、お日様が出てきた。
雲男かいな。

晴れたり曇ったり雨が降ったり、毎日よくわからないお天気が続くのですが、とりあえず、暑い。

千本浜 2004年7月6日

【追記】No.2

新聞で北朝鮮から元赤軍派よど号グループが帰ってくるかもしれないという記事を読んで思い出しました。

1967年、京都で「裸のラリーズ」というバンドが生まれました。
私はそのバンドの音に関して知ることはありません。

リーダーの水谷孝さんは、南正人さんの傑作『回帰線』でギターを弾いています。
「果てしない流れに咲く胸いっぱいの愛」は、実に楽しい大怪作です。

当時の裸のラリーズは実質的には水谷孝さんの個人バンドだったようです。
久保田麻琴さんが夕焼け楽団をやる前に、ベースを弾いて手伝ったりしたこともあるそうです。
山口冨士夫さんやチャー坊(柴田和志)が参加し、そしてまた分裂して「村八分」ができます。
このあたりのことはgoogleで検索すれば、詳しいサイトがあることでしょう。

ラリーズのオリジナルメンバーの中でベースを弾いていた若林盛亮さんは同志社大学の学生で、70年のよど号ハイジャックに参加しました。
裸のラリーズは、よど号ハイジャック犯がいたバンドとしても名高いのです。

かつての仲間であった高沢皓司さんが『宿命』で描いているように、北朝鮮に飛んだ「あしたのジョー」たちは主体思想に完敗したようです。
血の通わない声明を発表するのではなく、彼らには日朝関係の暗部を暴いてもらいたいと思います。

【追記】No.1

夜中に雷雨となる。
あわてて窓を閉め、録画しておいた『ホテル・ハイビスカス』をぼぉっと観る。

主役のガキ、失礼、美恵子ちゃんがいいですな。
お母さん役が余貴美子さんだとは、しばらく気づかなかった。

ホテル・ハイビスカス



ザ・ディランII BOX
ベルウッドの覆刻盤ですが、「ザ・ディランII BOX」は不思議なセットになっています。

「オリジナル・ザ・ディラン」(1974.4.25)
「この世を悲しむ風来坊に捧ぐ」(1974.9.25)
「時は過ぎて / ザ・ディラン II ライブ」(1975.5.10)

この3枚のアルバムのセット。
幻泉館日録に何度か登場している『きのうの思い出に別れをつげるんだもの』(1972)は、URCから出たものなので当然入っていません。
「オリジナル・ザ・ディラン」は、ディランIIから抜けた西岡恭蔵さんを迎えての同窓会的メンバー。

武蔵野タンポポ団がぐゎらん堂に集まった人たちのセッションバンドだったのと同様、ディランはディランという店に集まった人たちのセッションバンドなんですね。
「この世を悲しむ風来坊に捧ぐ」もサポートメンバーが多くて、音としては石田長生さんなんかが印象に残ります。
高橋照幸さんの「追放の唄」や、細野晴臣さんの「恋は桃色」も入っていて、私が思い浮かべるディランIIとはちょっと違う感じのアルバムかもしれません。

ディランIIというと、これは大塚まさじさんと永井ようさんのデュオなわけです。
それは最後の「時は過ぎて」の方が、まさにディランIIという感じ。

いずれも入手困難な盤だったので、この覆刻はとても嬉しいものです。
それぞれのアルバムに関してはもっといろいろ書きたいことがあるのですが、とりあえずこんなボックスセットが出てますよということで。
レア盤だったアルバムが3枚セットで4200円(悪税込)ナリ。
お買い得ですよ、なんて。

オリジナル・ザ・ディランdisc 1
「オリジナル・ザ・ディラン」(1974年)
1.悲しみの街
2.五番街の恋人たち
3.ねえ君
4.魔女裁判
5.ほら貝を語る
6.俺達に明日はない
7.魔法の舟で
8.悲しみを抱いた汽車
9.馬車曳き達の通る道

この世を悲しむ風来坊に捧ぐdisc 2
「この世を悲しむ風来坊に捧ぐ」(1974年)
1.女王様の恋
2.妹のような君
3.悲しみのセールスマン
4.時は過ぎて
5.風景
6.巻き毛の娘
7.追放の唄
8.道端の石
9.恋は桃色
10.こよい君と

時は過ぎて / ザ・ディラン II ライブdisc 3
「時は過ぎて / ザ・ディラン II ライブ」(1975年)
1.ガムをかんで
2.子供達の朝
3.茶色い帽子
4.時は過ぎて
5.君住む街
6.プカプカ
7.淋しがりや
8.その気になれば
9.悲しみのセールスマン
10.こんな月夜には
11.サーカスにはピエロが



幻泉館 リンク用バナー






Last updated  2004.07.06 18:21:44
コメント(8) | コメントを書く
[音楽] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.