8378551 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

幻泉館日録@楽天

PR

Calendar

Profile


幻泉館 主人

Freepage List

Archives

Comments

幻泉館 主人@ Re[1]:ゲンと不動明王(03/22) 五黄の寅1950さん、こんにちは♪ まだ…
五黄の寅1950@ Re:ゲンと不動明王(03/22) 50年前ですか。たしか自動車事故でした…
幻泉館 主人@ Re[1]:白雪(12/28) 五黄の寅1950さん、こんばんは♪ 先に…
五黄の寅1950@ Re:白雪(12/28) お久しぶりです。 お父さんは1992年に…
幻泉館 主人@ Re[1]:東大全共闘1969-1969(05/03) 穴沢ジョージさん、こんにちは♪ 老母と老…

Category

Favorite Blog

「下剋上」という言… New! まいか。さん

『嵐山光三郎アンソ… New! Mドングリさん

「サーフィンやって… 穴沢ジョージさん

敗戦記念日 msk222さん

お久しぶりのご挨拶 Dr.悠々さん

ネコバッグ 夏見還さん

じゆう宅考【Forward… シェフ・オオシマさん

でろれん日乗 でろりさん
夜間飛行へ・・・ 夜間飛行さん
remi's room remi10さん

Recent Posts

2005.01.28
XML
カテゴリ:ボブ・ディラン


【追記】No.2

昨夜幻泉館サーバのアクセスログを眺めていたら、[北原謙二]という検索語で飛んで来た人が何人もいた。
さっき起きて新聞を読んだら、訃報が載っていた。
そうか、亡くなったんだ。

享年六十五。
初代ジャニーズの前に従姉が好きになった歌手がこの人だったので、昭和歌謡というと思い出す。

 ♪ 君には君の 夢があり
 ♪ 僕には僕の 夢がある

「若いふたり」は歌える。
染み込んでいるらしい。

合掌。


【追記】No.1

あちこちに幻泉館日録のミラーを作って、いろいろなblogを試してみた。
楽天広場は必死にblogの呼称を欲していたのでそういうことになりつつあるようだが、一日に一つしか記事が投稿できないのは、どうにも寂しい。

◎楽天広場の長所
 データサイズが無制限である。

●楽天広場の短所
 スタイルシートが使えない。
 投稿記事が一日に一つだけ。
 携帯でコメントが読み書きできない。
 いわゆるネット右翼(プロ奴隷)が多い。
 突然アカウントを削除される。

使い勝手が一番良いのは、もちろん自前のサーバで運営している本館である。
常時接続環境でルータを使用している人なら、古いノートPC一台あれば自分でサーバを運営できるので、それをお勧めしたい。
誰でも簡単にできますよ。

ところで、昨日の追記部分は他のblogでは「僕たちの将来」と題して独立した記事となっている。
ミラーの一つgoo blogにコメントが一つ付いた。
これが、意味がわからない。

----------------------------------
Unknown (Unknown) 2005-01-27 21:32:43

 公務員なのに公の場で「日本に来るな」と平気で言うような人種を公務員管理職ポストに置くようになっらそれはそれでこの国の最後だと思いますけどね。
----------------------------------

この人が何を言いたいのかがわからない。
原告の在日韓国人を批判しているのだろうか。
「人種」とは何なのか。
一旦「それが差別なんだよ」とコメントを付けたのだが、思い直して書き換えた。

----------------------------------
>Unknown (幻泉館主人) 2005-01-27 22:42:42

石原都知事やなんとかいう法務大臣のことだね。
buta.gif
----------------------------------

楽天広場に巣くうネズミの糞未満のような悪質な書き込みの場合は、IPを公開したりしようと思っている。

楽天広場に嫌気がさした場合は、こんなblogをどうぞ。
幻泉館日録がサンプルに入っているとお考えください。

幻泉館日録 本館blog
 古いノートPCにLinuxを入れて運営。
 Movable Typeを使用。
 誰でも無料でできます。

幻泉館日録@goo BLOG
 システムを拡張したばかりなので、軽くなりました。
 すごい勢いで利用者が増えています。
 お仕着せのデザインも悪くないし、自分でカスタマイズできます。
 お勧め。

幻泉館日録@livedoor
 デザインの自由度が高いです。
 経団連志向の楽天よりは、まだホリエモンの方が好感を持てるという方はこちらへ。

幻泉館日録@teacup
 懐かしい無料掲示板のteacupが運営するblog。
 urlにリンクタグが自動的に入ってしまうので、私はかえって使いにくいです。

幻泉館日録@So-net
 So-netが試行錯誤中のblog。
 機能は先進的です。
 作ってまだ日が浅いけれどアクセスは必ず三桁行ってるので、ミラーの中では一番活発かも。
 



espot屋上駐車場 2005年1月27日


--------------------------------------
どんなことが起きるのかという変化の予兆はほんのささやかなことなので、気づかないこともあるだろう。
それから、何かいきなり変化が起こり、別世界、未知なる世界に投げ出されることになる。
それは本能的に理解できる--君は解放されたのだ。
--------------------------------------

ディランの名曲を思い出しますね。
I Shall Be released.

2004年5月26日付日録:われ解放さるべし

 ♪ I see my light come shining
 ♪ From the west unto the east.
 ♪ Any day now, any day now,
 ♪ I shall be released.

 ♪ おれの光りがひかってくるのが見える
 ♪ 西から東へ。
 ♪ もういつだって、いつだって
 ♪ われ解放さるべし
                (片桐ユズル&中山容訳)

段落が変わって、ディランが影響を受けた人物としてマイク・シーガー(Mike Seeger)の名前が出てきます。
ああ、あのビデオに出ていた人だ。

 →2004年8月23日付日録:Pete Seeger's Family: SING-A-LONG

バンジョー、マンドリン、フィドル、オートハープ、ガットギター、とにかく楽器をいろいろ持ち替える器用な人だった。
ピートの息子かと思ったら、弟さんのようですね。

 →Mike Seeger Music from True Vine

マウンテン・ミュージックの大御所なんですな。
Folkwaysからたくさんレコードを出していたので、ディランが憧れたようです。

www.iraqbodycount.orgwww.iraqbodycount.org
www.iraqbodycount.org

幻泉館 リンク用バナー







Last updated  2005.01.28 11:49:57
コメント(6) | コメントを書く
[ボブ・ディラン] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.