9148732 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

幻泉館日録@楽天

PR

Calendar

Profile


幻泉館 主人

Freepage List

Archives

Comments

幻泉館 主人@ Re[1]:のどぐろ入りつみれ(01/14) katoriさん、こんばんは♪ >四畳半に流し…
katori@ Re:のどぐろ入りつみれ(01/14) こんばんは。 わたしは「武蔵荘」ってい…
幻泉館 主人@ Re[1]:雪(01/06) katori さん、こんにちは♪ YouTubeは見始…
katori@ Re:雪(01/06) こんばんは。。 ナイスな選曲ですね! …
幻泉館 主人@ Re[1]:トランジスタラジオ(01/03) katoriさん、こんばんは♪ うちもオールナ…

Category

Favorite Blog

大坂なおみ順調なス… New! 穴沢ジョージさん

二十四節季の大寒に… New! Mドングリさん

adieu×柴田聡子「灯… New! まいか。さん

初日の出 keisho0031さん

あっという間に中旬に 五黄の寅1950さん

新年あけましておめ… シェフ・オオシマさん

「おとこたちよ!『… msk222さん

でろれん日乗 でろりさん
夜間飛行へ・・・ 夜間飛行さん
remi's room remi10さん

Recent Posts

2011.07.20
XML
カテゴリ:反戦歌史抄


33 REVOLUTIONS プロテスト・ソング・クロニクル


別々に注文出したのだが、同梱で届いた。
ま、いいか。

"33 REVOLUTIONS"が想像していたよりずっと大部なので驚いた。
INDEX込みで660ページ。
『プロテスト・ソング・クロニクル』本文190ページなので、その三倍以上ある。
前者は時系列、後者はテーマ別編集というので、だいぶ雰囲気が違う。

同じ曲がどのぐらい載っているのか、ぱっと見ただけではよくわからない。
う~ん、あ、「奇妙な果実(Strange Fruit)」。
"33 REVOLUTIONS"の一曲目(1939年)、『プロテスト・ソング・クロニクル』では「SAY IT LOUD - I'M BLACK AND I'M PROUD ---- 人種差別を許さない歌」の最初に挙げられてる。

なるほどな。
それぞれ冒頭部分を引用してみようか。

33 Revolutions per Minute: A History of Protest Songs, from Billie Holiday to Green Day
---------------------------------------------------------------------------
1
"Black bodies swining in the Southern breeze"

Billie Holiday /
"Strange Fruit" / 1939

The Birth of the Popular
Protest Song

IT IS A CLEAR, fresh New York night in March 1939. Over in Europe, the Spanish Civil War is about to end in victory of General Franco's Nationalists; by the end of the month, British prime minister Neville Chamberlain will have officially abandoned his policy of appeasement towards Hitler's Germany. In the United States, John Steinbeck's The Grapes of Wrath, na epic tale of sharecroppers during the Great Depression, is on its own way to the printers and will end up being the biggest-selling novel of the year. A movie of Margaret Mitchell's best seller Gone with the Wind is due to reach cinemas in the summer.
---------------------------------------------------------------------------

プロテスト・ソング・クロニクル~反原発から反差別まで

---------------------------------------------------------------------------
ビリー・ホリデイ
奇妙な果実

プロテスト・ソングの代名詞的な不朽の名作に潜む、奇妙な物語

 ニューヨーク市の公立高校教師エイベル・ミーアポルが「ビター・フルート(苦い果実)」という詩を教員組合の機関誌『ザ・ニューヨーク・ティーチャー』に発表したのは、1937年1月のことである。その数年前に黒人に対するリンチの写真を目にしたミーアポルは、アメリカ南部にいまだに存在する残虐な慣習を告発するためにこの詩を発表したのだ。
---------------------------------------------------------------------------

あたりまえだが、アメリカのプロテスト・ソング史をじっくり読むには前者の方がおもしろそうだ。
一人で書いてるしね。
もちろん、日本の歌は載っていない。

小室等と六文銭、加藤登紀子、ミュート・ビート、RCサクセション、ザ・ブルーハーツ、佐野元春、ランキン・タクシー、ECD、RUMI、斉藤和義、制服向上委員会

これが『プロテスト・ソング・クロニクル』の第一章「SUMMER TIME BLUES ---- 原発、核兵器の廃絶を訴える歌」で紹介されている人たち。
どの歌か書かないけど、だいたい想像できるよね。

こういうものを読んでいると、実際にその歌を聴きたくなる。
今はYouTubeがあるので、すぐに聴けるのがありがたいなあ。

YouTube: Strange Fruit by Billie Holiday 『奇妙な果実』 by ビリー ホリデイ


 ♪ Southern trees bear strange fruit
 ♪ Blood on the leaves and blood at the root
 ♪ Black bodies swinging in the southern breeze
 ♪ Strange fruit hanging from the poplar trees.



9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー






Last updated  2011.07.20 20:48:14
コメント(0) | コメントを書く
[反戦歌史抄] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.