8348992 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

幻泉館日録@楽天

PR

Calendar

Profile


幻泉館 主人

Freepage List

Archives

Comments

幻泉館 主人@ Re[1]:ゲンと不動明王(03/22) 五黄の寅1950さん、こんにちは♪ まだ…
五黄の寅1950@ Re:ゲンと不動明王(03/22) 50年前ですか。たしか自動車事故でした…
幻泉館 主人@ Re[1]:白雪(12/28) 五黄の寅1950さん、こんばんは♪ 先に…
五黄の寅1950@ Re:白雪(12/28) お久しぶりです。 お父さんは1992年に…
幻泉館 主人@ Re[1]:東大全共闘1969-1969(05/03) 穴沢ジョージさん、こんにちは♪ 老母と老…

Category

Favorite Blog

台風5号発生 New! 穴沢ジョージさん

『シンギュラリティ… New! Mドングリさん

復興節 New! 夏見還さん

参議院選挙<投票日… うるとびーずさん

「ルパンの娘」は最… まいか。さん

彼の国では小学生の… msk222さん

じゆう宅考【フラッ… シェフ・オオシマさん

高野悦子さんのこと 五黄の寅1950さん

でろれん日乗 でろりさん
夜間飛行へ・・・ 夜間飛行さん

Recent Posts

2018.05.03
XML
カテゴリ:書籍と雑誌
2018年5月3日


ポイントで豪遊シリーズ、これが最後かな。
渡辺眸さんの『東大全共闘1968-1969』。
そう、ちょうど「思想」の5月号、<1968>と同じ時期。

なにぶん小学生だったので、そんなにはっきりとわかってはいなかったし、すべてを肯定的に見ることもできない。
ただ、この五十年に経験した断片を見直す手掛かりにはなるだろう。

たぶん今の若者たちがピンと来ないものの一つに、臭いがあるだろう。
匂いよりも臭いの方が多い。
基本は汗なのだろう。

時代の臭いを、私は少しだけ覚えている。

フォトドキュメント東大全共闘1968‐1969 (角川ソフィア文庫)





-----------------------------------------------
田中龍作@tanakaryusaku 5/2 18:34
圧倒的な軍事力でパレスチナ占領を続けるイスラエル。兵器の売り込みは占領をさらに強化させる・・・

新記事 『【エルサレム発】安倍首相、F35戦闘機の三菱重工引き連れイスラエル訪問 パレスチナの神経逆なで』 http://tanakaryusaku.jp/2018/05/00018013

山口二郎@260yamaguchi 5/2 13:39
安倍首相は、ヨルダンに行って北朝鮮と国交断絶したことに感謝した一方で、平壌宣言に従って北朝鮮との国交正常化を目指すと述べた。いったい首相や外務官僚の頭の中はどうなっているのか。矛盾の中に秘策があるとでも言いたいのか

森達也(映画監督・作家)@MoriTatsuyaInfo 5/2 12:45
主人公が務める歴史改竄を業務とする役所は真理省。戦争遂行のための省庁は平和省。国民の思想管理と拷問、処刑などの管轄は愛情省。2+2は5であるとのダブルシンク。語彙を単純化するニュースピーク。オーウェルのSFである「1984年」の世界が、この国で実体化するとは思わなかった。 https://twitter.com/MoriTatsuyaInfo/status/990359281894539265

岩波書店@Iwanamishoten 5/2 7:00
【今日の名言】愛とは,人間という謎にみちた独特の存在が,ふしぎに融けあっていくことなのだね.――ノヴァーリス『青い花』☞ iwnm.jp/324121


青空文庫新着情報@aozoranow 5/2 3:23
樋口 一葉:たけくらべ: (一) 廻れば大門の見返り柳いと長けれど、お齒ぐろ溝に燈火うつる三階の騷ぎも手に取る如く、明けくれなしの車の行來にはかり知られぬ全盛をうらなひて、大音寺前と名は佛くさけれど、さり… ift.tt/2JKSLrd 青空文庫 #青空文庫

masanorinaito@masanorinaito 5/2 1:58
安倍首相は2015年の1月、後藤健二氏が自称イスラム国に捕まって殺害される直前、中東歴訪中だった。あの時もヨルダンに金をばらまいた挙句、役に立つはずのない現地対策本部をヨルダンに置いた。「イスラム国」にとってヨルダンは、親米・イスラエルの最たる国のだというのは、あの界隈では常識だった
-----------------------------------------------


9条を殺すな!

幻泉館






Last updated  2018.05.03 00:46:24
コメント(2) | コメントを書く
[書籍と雑誌] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:東大全共闘1969-1969(05/03)   穴沢ジョージ さん
どうも。
ご無沙汰しっぱなしで、来づらくなってました。はは)
近頃、昔のことばかり思い出しています。
昨日のことは忘れてしまうのに。
68〜69年のことも本当に些細なことまで蘇ってくるので、
なんとなく先が短いのかなあなんて、ぼんやり思う次第です。
68年に東京に出て予備校に通い、翌69年東大入試の無かった年に受験したので、
そりゃあ、いろいろ覚えているのは当然だけれど、去年亡くなった兄が、
なぜあれほどまでに同じ大学に来ないように僕を説得したんだろう。
学部は違ったけど、僕はすっかりその気になっていたのに。訊きそびれました。
まあ、なんとなく理由もわかってるんですけどね。
そういうわけで、幻泉さんの先輩になれなかったのです。
(2018.05.03 01:29:39)

Re[1]:東大全共闘1969-1969(05/03)   幻泉館 主人 さん
穴沢ジョージさん、こんにちは♪

老母と老猫の世話でドタバタ忙しい毎日です。
この齢になっていろいろ料理を覚えています。
ただし塩抜き。

頭の中は暇なんで、新しいことも考えそうなものですが、やっぱり過去に向かいますかね。
それもちと遠い過去です。

ああ、未来を考えにくいのは、いまの日本のせいもあるかもしれません。
もどかしいなあ。


(2018.05.03 13:09:49)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.