9322832 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

幻泉館日録@楽天

PR

Calendar

Profile


幻泉館 主人

Freepage List

Archives

Comments

幻泉館 主人@ Re[1]:会心の背信(06/09) katoriさん、こんばんは♪ ほんと、ちっこ…
katori@ Re:会心の背信(06/09) こんばんは。 うちにもちょうどそのくら…
幻泉館 主人@ Re[1]:静かな六月(06/01) katoriさん、こんばんは♪ そうそう、それ…
katori@ Re:静かな六月(06/01) こんばんは。 6月と言えば ウィッシュの…
幻泉館 主人@ Re[1]:訪問診療(04/20) sonohanasakumadeさん、こんばんは♪ はい…

Category

Favorite Blog

『古生物たちのふし… New! Mドングリさん

シンウルトラマン:… まいか。さん

沖縄「平和の礎」名… うるとびーずさん

誰かと在る おてんとさままる。さん

本日(6/19)勝手に梅… 穴沢ジョージさん

虹の橋 Dr.悠々さん

じゆうたく考【日本… シェフ・オオシマさん

でろれん日乗 でろりさん
夜間飛行へ・・・ 夜間飛行さん
remi's room remi10さん

Recent Posts

2022.05.20
XML
カテゴリ:書籍と雑誌
2022年5月20日


外に出してやった猫の餌が少しずつ減っている。
これは身体の小さなキジシロの食い方だ。
またうちで食べるようになったんだな。
ちょっとうれしい。

今日は歯医者さん。
のはずが、とんでもない間違いでありました。
二十日の予約は先月のもの。
おっ母さんを歯医者さんに連れていく同日であったのだ。
ただし、私は午前、おっ母さんは午後。
二回行くことになるんだな。

Twitterで土井善晴(@doiyoshiharu)さんが自著の宣伝をしていた。
新潮新書は初なんだそうです。
ひさしぶりに土井さんの本を読んでみるかな。

わが心の師匠です。
この人のおかげで味噌汁を力を込めて作るようになった。
踏ん切りがついたんです。

そうだ、同級生年齢なんだわね。

一汁一菜でよいと至るまで (新潮新書) [ 土井 善晴 ]

-----------------------------------------------
内容紹介(出版社より)

料理に失敗なんて、ないーーレストランで食べるものと家で食べるものとを区別し、家庭では簡素なものを食べればよい、という「一汁一菜」のスタイルを築いた料理研究家・土井善晴。フランス料理、日本料理の頂点で修業を積んだ後、父と同じ家庭料理研究の道を歩む人生、テレビでおなじみの笑顔にこめられた「人を幸せにする」料理への思い、ベストセラー『一汁一菜でよいという提案』に至るまでの道のりを綴る。
-----------------------------------------------








Last updated  2022.05.20 20:46:06
コメント(0) | コメントを書く
[書籍と雑誌] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.