ブログ「鉄道幻灯館」

全83件 (83件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

保存車輌・施設

2021/01/29
XML
テーマ:鉄道(15943)
カテゴリ:保存車輌・施設



かねてより、津和野駅前が再整備されていることは知っていました。観光の拠点、町の魅力発信地として駅前にイベントなどを開く広場「大舞台」を設置し、これをベースに基本設計を行い、2016年度から5年間で完成をめざすというものです。しかし、津和野まで来ていながら、復路の撮影に備えてのスタンバイを優先するため、駅の方へ足を運ぶことがなく、どのように再整備されているのかは知りませんでした。今回、久しぶりに津和野駅を訪れ、リニューアルの様子を確認することができました。

 

これまで駅舎の北側にあったD51 194号機が、駅前の広場に移設されたのは大きな変化でした。しかも、このD51がピカピカに磨き上げられていて、とってもきれい。駅舎の北側にあった時代の写真を見ると、ランボードだけでなく、デフレクターのふちやボイラまわりのパイピングなども白くペンキで塗られており、いかにも厚化粧の保存機然としていたのですが、移設後は必要最小限のペンキ塗りにとどめられ、C57 1号機やD51 200号機と並んで、今にも走り出しそうな雰囲気です(個人的には、足回りの白ペンキが残念ですなあ)。

 

この写真ではD51の陰に隠れていますが、道路を隔てた向こう側の広場には腕木式信号機も設置されています。コロナ禍のため、今は津和野を訪れる観光客は少ないでしょうが、自由に旅行ができるようになった日には、SLやまぐち号に乗ってきた観光客の出迎え役をD51 194号機や腕木式信号機が果たしてくれるものと思うのでありますよ。

 

今日129日は、人口調査記念日、昭和基地開設記念日、タウン情報の日、肉の日だそうです。

 


TOMIX Nゲージ EF81形 81号機 ・ 復活お召塗装 7123 鉄道模型 電気機関車






Last updated  2021/01/29 07:30:26 AM
コメント(0) | コメントを書く


2020/07/31
テーマ:鉄道(15943)
カテゴリ:保存車輌・施設



パーイチ貨物でテツ撮影は一旦終了。あとは時間があれば夕方の飛行機までにどこかで撮影できたら、と思いながら観光にまわりました。

 

当初は宇佐神宮を参ってから耶馬渓へ、と思っていたのですが、妻が耶馬渓から先にまわりたいと言ったため、遠い方から行くことにしました。

 

それにしても、こんな山の上にこれだけの伽藍や羅漢像を安置したね、と驚いた羅漢寺を拝観したあと、青の洞門を訪ねました。菊池寛の『恩讐の彼方に』の舞台になったところです。近くには日本で最長と言われる石造りの七連めがねアーチ橋もあり、どっぷりと大分観光に浸かりました。

 

日本の八幡様の総本山である宇佐神宮は、想像していた以上に広くて立派な神社でした。うれしかったのは、境内の一角にクラウスが保存されていたことです。クラウスは日本に4輌しか保存されていないそうですが、100以上の年月が経ったことから損傷が酷く、消滅の危機にあったのを大分のライオンズクラブが中心に保存運動を行った結果、見事によみがえりました。特徴的な形状をした保存施設の下に置かれている26号機は、本当にピカピカです。こんなところでクラウスに会えるとは思っていませんでしたので、とても得をした気持ちになりました。

 

今日731日は、日本最古の市電・京都北野線廃止(1961)、北陸トンネル貫通(1961)、東京・山手線に冷房車初登場(1970)、パラグライダーの日、蓄音機の日だそうです。

 


【中古】しあわせなクラウス 宇佐神宮の蒸気機関車 we love Krauss 26






Last updated  2020/07/31 07:34:21 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/03/06
テーマ:鉄道(15943)
カテゴリ:保存車輌・施設



この前、叡山電鉄へ行ってきました。一番の狙いは、新しく登場した「ひえい」を撮影することですが、その前に鞍馬寺へお参りしました。数年前から妻と一緒に西国三十三所の寺参りをしていたのですが、今年の正月にようやく結願したので、新たに朱印帳を買い求め、寺社巡りを再スタートすることにしたのです。その取っ掛かりが鞍馬寺ということで、出町柳駅で叡電の1日乗車券を買い求め、鞍馬駅をめざしました。

 

鞍馬駅を出ると、駅本屋のそばにデナ21形のカットボディがありました。デナ21形は、叡山電鉄の前身である京都電燈と、その子会社である鞍馬電鉄の両社が共に導入した車輛です。カットボディとなっている2122編成は1994(平成6)年に「さよなら運転」を行って引退。その後、この場所に展示されたのです。車体のそばには車輪も一緒に飾られていました。

 

1994年というと、わたくしは休テツ中でしたので、もとより現役時代の姿は知りません。叡電の旧型車輛ではデオ600形の「さよなら運転」を撮影したのが唯一の経験です(​こちら​)。ポール集電のデナ21形、走っているところを見たかったなあ、と思いつつ、帰りに出町柳駅で鉄道コレクションの模型を買って帰ったとさ。

 

今日36日は、世界一周記念日、スポーツ新聞の日、弟の日だそうです。

 

​​
【中古】ニューホビー/トミーテック K257+K258 鉄道コレクション 叡山電鉄デナ21型 ポール仕様 2両セット【A】※特典ポストカード無し ※仕様上、個体差や塗装ムラが見られる場合があります。​​






Last updated  2020/03/06 07:30:23 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/11/05
テーマ:鉄道(15943)
カテゴリ:保存車輌・施設



午後は偶然ガイドブックで目にした英国庭園を訪ねました。花好きの妻は大喜び。わたくしもマクロレンズに付け替えて昆虫撮影に熱中しました(わたくし、鉄道以外に水中と昆虫、あ、飛行機もレパートリーにしているのです)。

 

夕方、もう一度水戸市内にもどってきて藩校の弘道館を訪ねたのですが、閉館時刻が迫っていたことから断念しました。そのままホテルに向かってもよかったのですが、まだ少し早いため、午前中に偕楽園の庭から遠望した千波湖へ行ってみることにしました。

 

駐車場に車をとめると、すぐそばにD51が保存されているのに気がつきました。これはぜひとも記録しておかなくては。

 

赤ナンバーの515号機は、形式番号も含めると51515と並ぶ回文番号になります。近寄ってみると大変美しい外観を保っています。野外の露天保存ですが、定期的に整備されているようで、錆などはほとんど見られず、公開されている運転台の計器類もきちんと保持されています。保存に対する関係者の努力に敬意を表したいと思います。

 

今日115日は、津波防災の日、電報の日、雑誌広告の日(日本雑誌広告協会、1970)、縁結びの日、いいリンゴの日だそうです。

 







Last updated  2019/11/05 07:30:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/10/31
テーマ:鉄道(15943)
カテゴリ:保存車輌・施設

九州鉄道記念館のC59 1

号機


朝練を終えてホテルにもどり、妻と相談した結果、この日の観光旅行は、久しぶりに門司港レトロを散策しようということになりました。10年近く前に一度行ったことがあるのですが、門司港駅舎がお化粧直しをしたので、それも見てみたいし、お昼は焼きカレーに舌鼓を打ってみたいとか、再訪は再訪で期待が膨らみます。

 

妻が九州鉄道記念館を訪れたことがないと言ったため、それじゃあ行ってみようと、門司港レトロ街最初の訪問スポットは記念館になりました。もとより、わたくしにとって否やはありません。

 

入館者を最初に迎えるのが、車両展示場に並んだ九州にゆかりのある車輛群です。各地の静態保存車輌の中には、往々にしてかわいそうな状態のものも見受けられるのですが、この記念館に展示されているキューロクやC59をはじめとした車輛は、いずれもピカピカです。幸せな余生を送っているな、と感じました。

 

今日1031日は、ハロウィン、世界勤倹デー(国際貯蓄銀行協会、1925)、ガス記念日(日本瓦斯協会、1972)、日本茶の日だそうです。

 


特注チョロQ キハ 07-41 九州鉄道記念館 開館記念







Last updated  2019/10/31 07:30:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/09/16
テーマ:鉄道(15943)
カテゴリ:保存車輌・施設



この日のメイン撮影エリアは深浦周辺を想定していましたので、撮影を重ねながら北上しますが、五能線は列車本数が限られているため、撮り逃しさえしないようにすれば、穏やかなクルージングが続きます。

 

途中、ウェスパ椿山駅のそばに保存されているハチロクを見ていくことにしました。ここも10年前に来ています(​こちら​)。野天の保存機関車なので、荒廃が進んでいるかもしれない、と危惧していたのですが、それほど大きな違いはないようで、ひと安心しました。

 

一時は復活も検討されたみたいですが、その後の進捗はどうなっているのでしょうか。九州の「SL人吉号」のように、ハチロクが再びよみがえる日を心から期待したいと思います。風光明媚な五能線を走る78653号機。想像するだけで胸が躍ります。

 

今日916日は、ハイビジョンの日(通産省制定)、マッチの日、競馬の日だそうです。

 


【新品】鉄道DVD栄光の蒸気機関車 5






Last updated  2019/09/16 07:26:38 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/07/28
テーマ:鉄道(15943)
カテゴリ:保存車輌・施設



テツちゃんですが、飛行機に乗るのも好きです。大阪(伊丹)空港へ行くのに便利な所に住んでいるため、新幹線より飛行機を選んでしまうことがよくあります。

 

他府県から大阪へ向けて飛行中、伊丹空港が近づいてくると、今はどのあたりを飛んでいるのかと思いながら窓の外を眺めています。ほとんどの場合、伊丹空港への進入は南から北へ向かいますので、A列のシートに座ると大阪湾を見ながら、反対側だと生駒山系を見ながら降下していくことになります。そして、着陸寸前に新大阪駅の真上を通過します。

 

函館から帰ってきた日も、窓側A列に座っていましたので、宮原の運転所が眼下に広がっていました。もう、まるで模型のジオラマのようです。好きです、この景色。画面右側にはサンダーバードご一行様が、画面左側には223系を中心とした新快速系車輌ご一統様が整然と並んでいます。

 

この写真を見て気づいたことがあります。画面左下の部分ですが、ターンテーブルと給水塔が今も残っているのですね。給水塔が今でも使われているかどうかは知りませんが、ターンテーブルは使用されているような気がします。いずれにせよ、空から見た運転所、ワクワク感が止まりません。

 

今日728日は、地名の日、菜っ葉の日、なにわの日、乱歩の日(乱歩忌、1965年)だそうです。

 







Last updated  2019/07/28 07:20:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/04/27
テーマ:鉄道(15943)
カテゴリ:保存車輌・施設



普段見られない場所での桜の花見ということから、この日は妻も一緒でした。折角日本海側へ来たのですから、少し観光もしていこうということになり、伊根の舟屋を見物することにしました。

 

伊根の舟屋は随分昔に一度行っているのですが、ほとんど記憶の彼方に霞んでいます。ただ、テレビで取り上げられることが多いため、既視感や知ってる感は結構ありますが、やはりリアルで見るのは楽しいものです。

 

伊根の次、もう少しだけどこかへ回ろうということになり、久しぶりに加悦鉄道のSL公園へ行ってみることにしました。園内には文化財に指定されている古典機をはじめ、かなりの数のオールドタイマーが保存・展示されています。屋外展示なので外観に痛みがきているものもありますが、保存会の努力のあとが伺えるものもたくさんあり、敬意を表しながら園内を回りました。ここでも桜がちょうど満開を迎え、コラボカットを記録することができ、ここまで来た甲斐があると思いながら家路をたどりました。

 

今日427日は、婦人警官記念日、悪妻の日・哲学の日(ギリシアの哲学者、ソクラテスが時の権力者から死刑宣告を受け獄中で毒を飲んで死亡。妻は悪妻として有名。BC399)、国会図書館開館記念日、駅伝誕生の日、世界生命の日だそうです。

 


加悦鉄道(上) 丹後ちりめんを運んだ「絹の鉄道」 (RM LIBRARY) [ 加悦鐵道保存会 ]






Last updated  2019/04/27 07:29:27 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/04/13
テーマ:鉄道(15943)
カテゴリ:保存車輌・施設



養老鉄道の次は樽見鉄道へと向かいました。この時点(3/24)では、桜はまだだろうと思っていたのですが、移動途中、意外にも咲いている木を何本も見かけましたので、思わず期待してしまったのですが、やはり樽見鉄道の沿線はまだ咲いていませんでした。

 

驚いたのは、桜並木で有名な木知原駅周辺、特に道路に沿っての並木(​こちら​)が姿を消していたことでした。何本もの桜が根元から50cmあたりでバッサリと切られていたのです。虫害によるものか、はたまた昨年の台風により倒木となったためなのか、原因は不明ですが、有名アングルが1つ無くなってしまったのはショックでした。

 

樽見鉄道の運転時刻を確認すると、1時間以上やってきません。そこで、旧谷汲駅に置かれている名鉄の保存車輌を見にいくことにしました。わたくしは以前も訪ねたことがあるのですが、久しぶりにオールドタイマーのご尊顔を拝するのも悪くないと思ったからです。

 

旧谷汲駅の2輌の電車は、以前と比べて少し色あせしたように思えましたが、内外装とも美しく保存されています。保存会の皆さまの努力によるものと思います。この路線の現役時代末期、わたくしは休テツ中だったため、実際の様子は知らないのですが、もし、鉄道写真撮影を続けていたら、おそらく何度も通ってきたに違いありません。5枚窓の赤白電車のフォルムに惹かれ、HOゲージの模型も購入したほどです。家に帰ったら久しぶりに箱から出してみよう、などと思いながら、青い空バックにシャッターを切りました。

 

今日413日は、水産デー(漁業法施行記念日)、喫茶店の日、決闘の日、浄水器の日だそうです。

 


YAMA模型 【1/80スケール】 名鉄7000系パノラマカー3次車 4両基本セット ペーパーキット 鉄道模型






Last updated  2019/04/13 07:30:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/11/17
テーマ:鉄道(15943)
カテゴリ:保存車輌・施設






かつて日本で有数の森林鉄道の1つであった魚梁瀬森林鉄道の遺構を訪ねるのが、最近、高知へ帰ったときのわたくしのお約束になっています(​こちら​)。魚梁瀬森林鉄道の遺構は日本遺産にも認定されており、そうしたことを踏まえながら馬路村の中を回るのは楽しいものです。

 

今回は犬吠橋を訪ねました。ただ、ショックだったのは、今年各地に被害をもたらした豪雨により、アンダートラスが特徴的だったこの橋も大きくゆがんでしまったのです。かつて森林鉄道の線路が走っていたところの大半は、現在、車道に姿を変えており、この橋も被害を受けるまではトラス橋の上に県道が通り、そこを車が行き来していました。現在は通行止めになり、橋のそばを迂回する道が新たにつけられています。

 

日本遺産の一つであり、国指定の重要文化財であることから修復工事が進められているのでしょうが、その認定を受けていなければ、おそらく修復されないまま、朽ち果てるのを待つ運命だったと思います。いつ元どおりの姿にもどるのかは分かりませんが、山深い地に残る森林鉄道のアンダートラス橋の1日も早い復活を望みたいと思います。

 

今日1117日は、国際学生の日、肺がん撲滅デー、将棋の日(日本将棋連盟、1975年)、ドラフト記念日、蓮根の日、島原防災の日だそうです。

 







Last updated  2018/11/17 07:35:26 AM
コメント(0) | コメントを書く

全83件 (83件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

PR

X

Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.