427370 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

闘魂 サバイバル生活者のブログ

PR

Freepage List

百万回の言い訳


時代状況


カネを生かす、ヒトを育てる


ビジネスマンのバイブル


ブログの原点 その1


ブログの原点 その2


ブログの原点 その3


ネットの議論がリアルに波及


追悼、「反骨」忌野清志郎


あたらしい認識の枠組み


ひとつの時代が終わった


科学という物語


根無し草と寄生


マネーゲームとトービン税


新・反グローバリズム


日本の独立


カネの本質と時間泥棒


ニヒリズムの克服


ドル暴落後の日本


労働ビッグバンをめぐって


働くとは


シャワーは冷たかった


労組再編


成果主義と共同体崩壊


政治の本質と経済の論理


ドルとユーロのせめぎあい


就業規則の不利益変更


労働ビッグバン再考


グローバリゼーション


気になる他人の財布


リストラのターゲットになったら


年次改革要望書とビッグバン


皆さん騙されないように!


美しい国の現実(リアル)


売国奴たちへ―日米の違い


おやじの論考―市場と疎外


時事放談2006


財政赤字とベーシックインカム


通貨改革とBI


陰謀論との出会い


マスコミに流れないタブー


商業メディアとタブー


パラダイムシフトの意味


サブプライム問題の背景


恥を知れ、アメリカ


米金融街に隷属するな!


最悪コンビ=FRBとヘッジファンド


金貸しと戦争


ジャパンハンドリング2010


CIAと戦後日本


日銀と闇の権力者


愛宕北山「猶太と世界戰爭」


不労所得と財政赤字


不労所得の罪


不労所得の罪 その2


米国の罪


社会の寄生虫=金融不動産


財政危機はガセ


財政危機はガセ その2


米国債はアヘンにも劣る


無から有を生む信用創造


ほんとうのおはなし


幕末と国際金融資本


東京政府の正体!


東京政府の正体 その2


天皇と国際金融資本


仕組まれた没落―大阪編


日本人が知らない恐るべき真実


闘魂サバイバル生活


おやじの絶叫2007


おやじの宣言2008


努力をドブに捨てるな!


おやじの願い…詩に託して


こんな所で…


おやじの宣言2009


ミッション


ミッション その後


ミッション 続き


マイナーバージョンアップ


旧版20120814以前


旧版2013年1月1日以前


米国メディアのタブー


インターネットと陰謀論


ネット時代のリアル


ネット時代を生き抜くスキル


いわゆる陰謀論について


ネット時代突入宣言!!


陰謀論に挑戦しよう!


反陰謀理論批判


陰謀論のラベルを引剥がす


陰謀論の系譜


正統派経済学の限界


陰謀または謀略に関して


陰謀論=認識の出発点


陰謀理論(岩波バージョン)


競争と公平感


メーソン型組織


陰謀論にダマされるな!?


陰謀系論者比較


地域通貨とサバイバル生活


自治体と地域通貨


物価に織り込まれる利子


減価する貨幣(入門)


中央銀行と地域通貨


地域通貨としての電子マネー


Profile


genzou1960

Calendar

Recent Posts

Category

Favorite Blog

『いだてん』第1部最… New! 山田真哉さん

昇進が引き金で・・… New! かせぎにんさん

ファミリーネームが… New! SRきんさん

イスラエルのパレス… New! 佐原さん

コンサルのできる社… ワダケイ5540さん
higeromu3 ヒゲ親父8815さん
鈴木俊行の杉並「阿… 鈴木俊行さん
ぼんくら会社員の「… Oquさん

Archives

June , 2019
May , 2019
April , 2019
March , 2019
February , 2019
January , 2019
December , 2018
November , 2018
October , 2018
September , 2018
November 28, 2010
XML
カテゴリ:闘魂
植草一秀「日本の独立」(飛鳥新社)を読む。官僚制の淵源とメディアの過去を引き合いにし、それらが現代に引き継がれ、まぎれもなく自分たちの生活に関わる、自分たちの問題であることが論じられている。清濁併せ呑む政治のあり方は、大久保利通を始祖とするものであり、綺羅星のような人士たちが敗者として、歴史の渦に飲み込まれていった様を植草氏は、透徹した視線で書き留めている。ここではさきの戦争で大本営発表に終始したメディアに触れた点を確認しておく。

(引用はじめ)

…これらの人々もすべて間違った国家運営の犠牲者である。しかし、留意しなければならないのは、戦前、戦中にわたって、戦争遂行の世論が形成され、戦争反対の意志を表明すれば、非国民として拷問の対象とされた事実が存在することである。

メディアは権力への協力機関と化し、虚偽の情報によって世論を間違った方向に誘導した。大多数の国民は真実を知らされぬまま、マスメディアの情報工作に誘導されて、戦争礼賛、体制肯定の道を歩むことを強制された。

驚くべきことは、実はこの古色蒼然とした構造が、大戦終了から65年の時空を超えて、いまも日本に厳然と存在し続けていることである。2010年9月に実施された民主党代表選でも、この基本構図がいまだに厳然と存在し続けていることが改めて確認された。

マスメディアが虚偽の情報を流布して国民世論を特定の方向に無理やり誘導する。こうした卑劣で不正な情報操作が、現代社会にも依然として存在し続けている。重要なことは、その背後に米国の意志が見え隠れしていることだ…

(引用終わり)

このあと副島隆彦「属国・日本論」より引用があり、ここでは孫引きはしないけれども、副島氏の「政治の流れを大きく背後で動かしているのは、軍事力とそのための軍資金である」という指摘を取り上げ、明治維新をもっと巨視的に取り上げるべきとしている。すなわち、植草氏曰く、「主役は英国公使ハリー・パークス、外交官アーネスト・サトウであり、武器商人トマス・グラバーであった。彼らが維新の志士と接触し、説得し、海外へ渡航させ、彼らに討幕の表の主役を担わせたのである。異国を打ち払う攘夷が、知らぬ間に異国に絡め取られ、異国の手の中に乗せられたとの側面を否定することはできない」。

(引用はじめ)

…背後にあったのは、1900年代前半の英国から米国への世界覇権の移行である。アジア太平洋での権益拡大を狙う米国は日英同盟の存在を邪魔と考えるようになった。米国は日英同盟の廃棄を誘導するとともに、日本を対米戦争に進むように画策した。

世界の地政学を理解する者が日本の為政者であったなら、日本が無謀な冒険主義に突き進むことを自己抑制できたのかもしれない。しかし、日本は冷静な判断を失い、「大東亜共栄圏構想」に突き進む、無謀な拡張主義に走った。その結果が日本の焦土化であった。

その意味で、世界のバランス・オブ・パワーを正確に読み取る力、その現実を踏まえる冷徹なリアリズムが不可欠である…

…第二次大戦に日本は負けるべくして負けた。世界の情勢を的確に判断する洞察力を失い、軽薄な精神主義に走って多くの国民のかけがえのない命を犠牲にした。為政者の能力、見識が国民の運命を左右するすることを私たちはしっかりと認識しておかねばならない。

広島、長崎の原爆投下を受けて日本は無条件降伏を受け入れた。多くの国民は終戦の瞬間まで、日本の勝利を信じ切っていた。その最大の理由は、日本の報道機関が日本の劣勢をまったく伝えず、ほとんどの国民が、日本が戦争で優位に立っていると信じていたためである。

真実の情報が公開されていたなら、終戦ははるかに早い段階で決断されたはずである。数十万、数百万の命が失われずに済んだはずである。それほど、真実を伝えることの意味は重い…

(引用終わり)

このあと憂国の士として植草氏は、春名幹男氏の「秘密のファイル―CIAの対日工作」によりながら、戦後の逆コースを引き合いに出し、菅直人政権の「逆コース」を論じていく。

とまあ、以上、今日まで読んだところで、強く共感した点を紹介した。本書の最初の方で、小泉・竹中政権(レジーム)の悪業を暴いている。資料的な価値も高いと思われるし、こういう形で、一世を風靡した権力者の評価が下されていく、他でもない「現場」に立ち会えたのは僥倖だと思う。

悪さをするとめぐりめぐって、自らの身に降りかかってくるという意味で、自らの身の処し方は常日頃からよく考えて行動すべきだ。

本書に見られるような氏の高潔な精神は大いに称揚されていいだろう。渾身の力がこもっていて、音楽や絵画など良質の作品に接したときのように非常に気分がいい。命がけの力作である。






Last updated  November 28, 2010 02:58:58 PM
コメント(1) | コメントを書く
[闘魂] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.