099238 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行政書士ゲオルクの『業務タコグラフ』

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


書士稼業

Freepage List

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

車検場・車の登録

2010.02.03
XML
カテゴリ:車検場・車の登録
つくば市、ロボット特区に 「セグウェイ」も公道OK
NIKKEI NET記事本文
上記記事によると茨城県つくば市が「搭乗型移動ロボット」の
実証実験特区の認定を内閣府から受けたとの事です。

「セグウェー」ってロボットの一種だったんですね!
子供と豊島園に行ったとき、有料の試乗会をやっていましたが
皆さん楽しそうでした。
現在は公道を走れませんが、この特区を足がかりに公道使用の議論も
高まるかもしれません!

となると気になるのはナンバーの種別…
最高時速が20km/hである事からすると「原動機付自転車」にも
思えるのですが、電器駆動の車両に関してはモーターの出力から判断します
警視庁が2004年に判断した結果では道路交通法上、セグウェイは
「普通自動二輪車」に該当するようです
(現在のセグウェーの正確な出力が分からないので何とも言えませんが…)
となるとバイクの免許も必要ですし、ライトやウィンカー、ミラーも必要なので
現行制度内での公道使用は、残念ながらほぼ可能性がないでしょう

しかし電気代も安く、CO2も排出しないなど一人乗りの移動手段としては
かなりの環境性能だと思います
数年後には街中で走る姿を見ることができるかもしれませんね






Last updated  2010.02.03 18:49:27
コメント(1) | コメントを書く
2009.03.14
カテゴリ:車検場・車の登録
お久しぶりです
天候が不順だった東京の金曜日と土曜日
皆様いかがお過ごしでしたか?

金曜日の16時から19時で営業所33両、
土曜日の9時半から3営業所(各12,8,19両)を回り
若きスタッフ3名と一緒に汗を流して計72両の作業を敢行!
レインコートを着ていてもびしょ濡れになりましたが
おかげさまでナンバー交換作業を無事終わらせることができました!

出張封印は最近ニーズが高まってきております
<自社で一台ずつナンバーを変えにいく場合との比較>
◎営業、配送計画を狂わせない(夜間土日対応)
◎その間の水揚げ(売り上げ)が減らない
×平日、車検場の周り(特に3月)は大渋滞
×車検場の特性:練馬は狭く、足立は混んでいて入場も一苦労
 (72両のトラックが来るところを想像してください!)
×上記の時間的な損失(ドライバー給料)に加え燃料費もかかる
×車検場はますます混んでしまい、大気汚染も拡がり環境に悪影響
◎なれない運転手が書類のミスをしてしまう可能性がない
◎使用の本拠が変わってから15日以内に登録という
 法的な期限を守れるのでコンプライアンス上好ましい

弊所は出張封印*によるナンバー変更の実績が
サービス提供期間、台数、ノウハウともに日本一!
と確信しております(*新車新規を除く)

「本当は営業所を移転したいけどナンバーが変わるからなぁ…」
社長さん、点呼や安全計画に無理のある車庫と営業所の距離の差は
運輸支局の監査課にとっても関心事なんです!
実状に沿った形で変更計画を見直しませんか?

行政書士三上陽三ゲオルクが懇切丁寧にアドバイス差し上げます

初回無料相談↓はこちらからどうぞ
営業ナンバー.COM






Last updated  2009.03.16 01:56:16
コメント(0) | コメントを書く
2008.02.06
カテゴリ:車検場・車の登録
今日は珍しく車検に関するお話です。
車検を受ける必要のある車両はその期間をカバーする自賠責保険が必要となります。
その保険料が飲酒運転の取り締まりの厳格化や安全技術の発展に伴う死亡事故の減少により
平成20年4月1日以降大幅に値下げされることになりました。

本来であれば4月からの契約でのみこの値下げを享受できますが、
決算期の関係で2月・3月に契約が切れてしまい、
悔しい思いをする方も多いのではないでしょうか?

そこで合法的に賢く制度を利用して多少なりとも車検の必要経費を浮かせましょう!
その方法とは…
現在2月・3月に契約の切れる自賠責保険に関して自賠責保険を2枚発行することで
初めの1ヶ月または2か月分だけを旧料金<値下げ前の高いもの>で延長し、
残りの22~23ヶ月は4月スタートの新料金<値下げ後の安いもの>で延長するというものです。

<具体例>
□2月で終了:2ヶ月分を現在の料金で延長+値引きされた23カ月契約
□3月で終了:1ヶ月分を現在の料金で延長+値引きされた24カ月契約

<主な料金>
現行料金◆値下げ後(お支払)★差額
自家用乗用24ヶ月 30,830円◆22,470円★8,360円
□2枚切り:~2月末 〃 ◆計:28,160円 ★2,670円
□2枚切り:~3月末 〃 ◆計:27,790円 ★3,040円

小型二輪24ヶ月 20,240円 ◆13,400円 ★6,840円
□2枚切り:~2月末 〃 ◆18,970円 ★1,270円
□2枚切り:~3月末 〃 ◆18,660円 ★1,580円

小型貨物1年:自家用 ◆15,500円 ◆12,250円 ★3,250円
小型貨物1年:自家用 ◆26,400円 ◆19,420円 ★6,980円

こういった工夫をしても補償内容などは変わりませんのでご安心ください!
車検の代行を頼む際にも立替金を気にしてみてくださいね






Last updated  2008.02.06 20:52:35
コメント(1) | コメントを書く
2007.03.02
カテゴリ:車検場・車の登録
今月1日「ご当地ナンバー」としての導入が正式に決まりました。
先月初めから導入されるとの情報は入っていましたがこれはなかなか画期的なことです。

昨年の10月、仙台・柏・伊豆・那須・川越・諏訪等ご当地ナンバーが色々誕生しました。
登録台数ランキングはこちら

しかし、県が静岡と山梨の2つにまたがる富士山については見送られました。
車検場の管轄が複数の運輸支局だけでなく、上位機関である運輸局も関東と中部に分かれています。
運用としてはおそらく類別区分番号(500、300等の3桁の数字)の部分を変えて
山梨側、静岡側で振り分けるものと推測されます。

東京近郊では「柏」や「川越」を比較的良く見ますが、
先月環七で日本一レアな「諏訪」に遭遇しました。
渋滞などで退屈なときは他の車のナンバーを気にしてみるのも一興です。

きたまち綜合事務所






Last updated  2007.03.03 03:10:19
コメント(0) | コメントを書く
2006.10.29
カテゴリ:車検場・車の登録
私の事務所は練馬車検場すぐ前なので、
今月末も自動車登録の仕事が増えてきました。

先週、北関東のディーラーさんから”今月中に登録をしたい”との
依頼を受け、依頼当日に車庫証明の関連で色々動きました。
その結果、都内の警察に即日申請することができ中一日後には
車庫証明が発行される運びとなりました。

その事をディーラーさんに報告すると、とても喜んでくれました。
そして30日と31日は地元での登録が忙しいため車庫証明の発行日当日に
練馬車検場に自動車を持っていくので登録してほしいと頼まれたのです。

そうなるとこちらも朝一番から警察に行く人員を手配なくてはなりません。
給料日の道路渋滞も何とかクリアし、万全の体制でお昼頃にディーラーさんを迎え、
何の滞りもなく無事に書類を作り仕事を済ませる事ができました。

しかし…
15分後、ディーラーさんが蒼い顔をして戻ってきました。
何だろう?書類にミスはないはず… いやまさか?
等と一瞬にして逡巡してしまいました。

原因は、なんとナンバーが『練馬 5XX × 42-19』だったのです。
希望ナンバーにしない限り、振り出されるナンバーに文句は言えませんが
個人のお客さんに納車するディーラーさんにしてみれば
『死にいく』と読めるナンバーは余りにもまずい…
誰も悪くないのに10000分の1の確率で大変な事態になってしまいました。

結局、すったもんだを経て番号変更を行い約1時間後に『42-XX』という
番号を振り出す事で事態は収拾しました。
しかし、さすがに『42-19』くらいは永久欠番にしてもいいような気もします。

友人の行政書士に話したところ、私なら全く気にしないけどね!と言ってました。
皆さんはこういった番号の語呂は気にされますか?
気になるようでしたら『希望ナンバー』の利用をお薦めします。

因みにディーラーさんは月末までの登録台数により、
翌月のメーカーからの卸値が変動する事が多いので月末は必死です。
自動車の価格交渉は月の中旬過ぎ頃が一番有利かもしれません。







Last updated  2006.10.30 10:34:58
コメント(7) | コメントを書く
2006.05.08
カテゴリ:車検場・車の登録
ご無沙汰しておりますハーフ行政書士ことゲオルクです
GW、皆さんはいかがお過ごしでしたか?

私は、30日、3日、7日と国内史上最大であろう出張封印を総指揮していました
優秀なスタッフと理解ある事業者さんのおかげ様で大過なく仕事を完了できました
99台ともなるとナンバー代金と印紙代金だけでも20万円を超え、
車検場から預かったナンバーの重みでわが愛車の加速も鈍りました

今回のナンバー変更(営業所の配置転換)のうち、およそ半数は
大型トラック(大板ナンバー)でしたので地球環境にやさしい仕事が
出来たと自負しています 弊所も立派な”チーム-6%”です(?)
ドライバーさんも無駄な残業が減り喜んでくれたことと思います

また、99台が往復40キロ以上動くとなれば燃料費も馬鹿になりません
4日5日と家族で、東京>東名>富士宮>精進湖>甲府>清里>中央>東京と
ドライブに出かけたのですが5月からのガソリンの高さには驚くばかりです
多少景気に回復の兆しが見えた矢先、燃料費の高騰は
おいそれと運賃に転嫁できない輸送業者さんにとっては致命的な要因となりえます

今日の日本では物流の大部分をトラック輸送に頼っているのが現状です
大きな視点から、今回の原油高騰ひいてはエネルギー問題について
考えて関心を高めていく必要があると思います







Last updated  2006.05.09 00:24:07
コメント(0) | コメントを書く
2006.03.02
カテゴリ:車検場・車の登録
読売新聞オンライン大阪版に興味深い記事が載っていました
記事の表示

今日のタコメーターは少しマニアックな話になりますが
行政書士というものは本来、各々独立した事務所を持って
開業しているはずなのです

しかし、車検場に行くと車検場の場内にも思える隣接地や
すぐ隣の用紙販売所で「行政書士」という看板を掲げて
有料で書類作成し登録の代行しているところがあります

雇用されてはいけないはずの行政書士がどうしても大きな組織の
従業員として働いている様に見えるのは私も今まで不思議でした
しかしそこにはこんなカラクリがあったとは驚きです

上記リンクより一部抜粋
引用元:『陸運協会兵庫支部、無資格で車登録書類』
(2006年 3/1 読売新聞「関西発」)
 ---引用はじめ---
 各支部に専属の行政書士がおり、行政書士は経理処理上、手数料収入から補助員の給与など諸経費を差し引いた額を支部に寄付し、支部から謝礼を受け取る形になっている。各支部はこのほか、申請用紙や印紙も販売している。
---引用終わり---

脱法行為とは言いませんがこれほどややこしいことをしてまで
代行業務を続けているのはもちろん「国交省OBの方々の重要な再就職先」と
なっているからに他なりません(回りくどいでしょうか?)

かくいう弊所の国道を挟んだお向かいにも
立派な代行事務所があり、地理的にも有利なためそこはいつも混んでいます
日本ではまだまだ官が強く民業を圧迫していますね

こういった記事が出ないとなかなか内情がわからないので大変参考になりました






Last updated  2006.03.03 14:22:17
コメント(0) | コメントを書く
2006.02.20
カテゴリ:車検場・車の登録
日曜日、ある運送会社さんの営業所にて
ひょっとすると日本初の法人に対する
出張封印を行いました

1月末までは個人間売買と個人の引越に伴うナンバー変更に
限られていた行政書士による出張封印(過去の日記参照)ですが
これまでの実績を評価され2月1日付で
法人や営業ナンバー(緑ナンバー)に関しても認められました

そして昨日、13台の他県ナンバートラックを営業所の移転に伴い
(1)ナンバーを取外し、(2)車台番号を紙に写し、(3)練馬ナンバーを取り付けました
中にはボルトが錆びついている車両もあり
持参した電動ドリルでボルトのみを射抜いて取り外しました

これにより、会社にとっては平日忙しく動く車のスケジュールを
変更して練馬の車検場に持ち込まずに済みました
一方、狭い練馬の車検場にとっても一度にトラックが13台押し寄せて
場内の混雑に拍車をかける事態を避けられます
また、弊所にとってはいきなりお客さまが来られて
書類を作成するよりも余裕を持って準備できます

そして何よりも環境にとって好ましい制度といえます
今回の例でいえば営業所から車検場までの往復20KM×13台分
トラックにより発生される有害物質を減らし化石燃料を浪費しないで済みます
日中はいつも混雑している川越街道において
日本の軽油トラックが排出する有害物質は残念ながら相当量になります
化石燃料の節約は京都議定書に定められたCO2削減目標‐6%に寄与します
また僅少ながら渋滞の緩和にもなっていることと思います

このようにどの方面にもメリットのある出張封印制度を
今後さらに活用していきたいと思います








Last updated  2006.02.21 08:19:25
コメント(0) | コメントを書く
2006.02.06
カテゴリ:車検場・車の登録
自動車税については木曜の日記で取り上げたばかりですが
朝のニュースを見ていたら自動車税の滞納者に対する差押えに
カラフルな新兵器【東京新聞】を導入したとのこと…

来年度からは4月1日に所有していた人が否応なく支払う事になるので
5月の初旬に送付される自動車税の通知にはくれぐれもご注意ください






Last updated  2006.02.07 06:40:23
コメント(0) | コメントを書く
2006.02.02
カテゴリ:車検場・車の登録
火曜日水曜日のタコメーターをかけなくて申し訳ない
月末の自動車登録関係と主張封印の業務拡大でてんてこ舞いでした
木曜(日記では今日)の夜も支部の18年度事業計画の検討会議で
夜の9時まで拘束されていました

さてタイトルの件ですが
現在、他県から東京都に引越をしてナンバーが練馬や品川などに変わると
翌月から年度末までの自動車税を転入と同時に都税事務所に支払う必要がありました

支払いをしないと新ナンバーが交付されないという厳格なシステムのため
徴収率も相当いいようです
そして他県に収めた、毎年5月に通知の来る自動車税の先払い分については
支払った人(所有権移転の場合は前所有者)に還付がなされていました
だから、月末までに手続きを済ませたいと考える人が多いのです

ディーラーさんは成績のために新車を月末までに登録したいので
その忙しさ(特に3月末!)は残りますが月末の忙しさも多少は緩和されそうです

なぜなら、自動車税に月割精算制度がなくなり、
単純に4月1日に所有または使用していた人や法人が1年分負担するという
制度に変更されるのです(根底はワンストップサービスの普及が目的)

新しい所有者にとっては今まではお金を準備して車検場に行っていたものが
不要になるわけですから楽になります
出張封印を推し進める弊所にとっても追い風となります

ただし旧所有者としては今まで還ってきていた税金が
地方自治体からは還ってこないわけですから注意が必要です!
売却価格に自動車税分を上乗せするなどの自己防衛が必要でしょう
ほとんどの中古車販売業者はこの件について何も説明しないと思われます
ひょっとしたら購入者から従来通り徴収もしくは
旧所有者に渡すから…等といっておいて自分の懐になんてことも
考えすぎかもしれませんがあるかもしれません

来年度以降は十分に注意ください






Last updated  2006.02.03 10:31:49
コメント(0) | コメントを書く

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

Calendar

Favorite Blog

仕事と家庭を楽しく… cocomonetさん
業務雑記帳、飲み会… 本田清司さん
The Sixth Sense。 … ten9980さん
あなたの会社にも行… office-ambitiousさん

Comments

gIkCxqbJSQaGaGS@ wuoDdMsvCicaz JoPhve <a href="http://aquvrwd…
SkQafrvaaI@ oqhlpIcbb 7azs85 <a href="http://olanhqk…
無料@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
make your own sex toys book@ http://bestsextoysreviews.com I used to be extremely delighted to loc…
television reviews@ http://topproductreviews.com/ Hey very great weblog!Guy Attractive . …

Headline News


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.