094532 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

一竿風月

一竿風月

2021.11.29
XML
テーマ:釣り魚料理(52)
カテゴリ:釣魚料理


日本海沿岸各地でブランド化されて『ノドグロ』『ノドクロ』の呼称の方が全国的に通りがいいのかな
赤いダイヤの異名を持つ、言わずと知れた高級魚
一緒に釣れたクロムツとは同じような見た目だが、分類学では科から異なる全くの別種だそうな
イヌとネコぐらい違うということ?






【アカムツの炙り】
バーナーで炙ればパッと脂がにじみ出て、それはそれは美味そうな見た目
見た目の割りにはあっさりとした味わい
思っていたより実に淡白






【アカムツのすまし汁】
粗を霜降りしてすまし汁にしてみた
とてもお上品な味わい
お湯で霜降りするよりも、焼いた方が香ばしさが出て良かったかも?






【アカムツの煮付け】
不味くはないけど、特筆するほどの美味しさでもなかった






【アカムツの開き】
腹開きにして10%の食塩水に30分ほど漬けた
これを冷蔵庫で2日間干してみた



ノドクロと呼ばれるとおりエラ蓋の裏が黒い
腹の内側も黒いけど、腹の黒い膜は簡単に剥がれる

焼いたときからいい匂い
表現が難しいけど、ずばり「美味そうな焼き魚の匂い」

そして、これは美味い!
実に美味い!
濃い目の塩水に漬けたので醤油もなにもいらない
この強めの塩味がマッチした



今回、一緒に釣れたクロムツと「炙り」「煮付け」で食べ比べてみた
炙りは断然クロムツの方が旨い
煮付けでもクロムツの方が上だった
世間の評価って???
日本海産と太平洋産では食味がちがうのかな?
刺身・煮付け・塩焼きはイマイチなのに、干せば化ける魚といえば、、、
そう、カマス!
アカムツはカマスです






最終更新日  2021.11.29 07:50:04
コメント(0) | コメントを書く
[釣魚料理] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.