1272576 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

早寝は体のために、早起きは心のために

16)母への賛歌 3部作

「母への賛歌」3部作とみなさまからのご感想

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1■私のマドレ・ボニータ(美しき母) 04年3月25日の日記より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
昔、私の母は私を愛せないことに悩んでいた時期があった。

直接聞かされた訳ではない。

もう家を出いてた兄に宛てた手紙をたまたま見てしまったのだ。

あれはまだ私が中学生の頃だった。

なぜかさしたる衝撃もなかったが、親に愛されていないと感じるのは
思春期の私に良い影響があったとは言えない。

確かに、何年かは恨みにも思っていた。

しかし、子供を愛せない親がいても不思議ではない。

今はそう思うようになった。


人間も動物である以上、産んだ子供を本能のレベルでかわいい、
愛しいと思う瞬間があるのは当然なことだろう。

そうではあっても、みんながみんな、自分の産んだ子供は無条件に
かわいいはずだ、愛せるはずだ、というのは、この社会が母親にだけ
押し付ける幻想なのではなかろうか。

隣のうちの子を愛せなくても許されるように、たまたま自分が産んだ
子を愛せないと感じることは、不幸ではあるが仕方のないことではないかと
思うのだ。

もちろん、愛せないことと子育てを放棄することが別問題なのは
言うまでもない。


私の母は、産みの親を1歳の時に亡くしている。

継母につらい思いをさせられたようなので、母の愛というものを
本人は知らないで育っている。

してもらったことのないことをしなければいけないのだから、
子育てにおいてはハンデがあって当然だろう。

子供を愛していたって、子育てはべらぼーに大変なのだ。

ましてや、かわいいとも思えない子の世話をするなんて、
どれだけ面倒だったことか。

そう考えると、当時の母に対して、無条件に頭が下がる。
全くもってありがたいとしか言いようがない。
よくぞここまで大きくしてくださった。
(実際は、少々大きくなりすぎだったりするが・・・)


今の私は、当時の母に比べたら何倍もノンビリ暮らしている。
それでも、自分ひとりの食事ですら億劫なことも多い。

それが、毎日毎日仕事でヘトヘトに疲れた体でスーパーに寄って、
大量の食糧品を抱えて満員のバスに乗って帰り、着替える間もなく
ご飯を作って食べさせるのは、どれだけ大変だったことだろう。

自分の年が、母が私を産んだ年齢を超えてからは、あの時の母は
どれだけ疲れていただろう、どれだけ苦しかっただろう、と
考えるようになった。

そうすると、私には、同じことは到底できないといつも思う。
想像しただけでも疲れを覚える。

だから、私は母を尊敬している。
うちのカアチャンは偉いよな~、とシミジミ思う。
子育てしてるオカアチャンはみんな偉いよね~~、と本当に思うのである。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■この日記にいただいたご感想の書き込み
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1)コロすけ♪さん

> みんながみんな、自分の産んだ子供は無条件にかわいいはずだ、
> 愛せるはずだ、というのは、この社会が母親にだけ押し付ける幻想なの
> ではなかろうか。

すごい言葉だと思いました。

俺自身もちろんその幻想に染まっているし、また、そうあってほしいと
思っています。
男が女性に対して描く幻想なのかもしれないですね。
そういう母親であってほしいっていう。 (3月26日20時57分)


2)元・深夜組さん

> 子育てしてるオカアチャンはみんな偉いよね~~、と本当に思うのである。

その通り!!
だから家にいると、頭が上がりません・・・。 (3月26日21時7分)


3)☆trinity☆さん

マドレボニータ、ほんと、母親が自分を産んだ年を越えた頃から、
いろいろ感じるようになる、というのはあるよね。
わたしもたまに、いろいろ考えますわ。母について。 (3月26日21時8分)


4)まっちゃん4284さん

スギポン、胸に迫る日記でした。
言葉には出来ないくらい。。。
私なりに、マドレ・ボニータを目指そう!と思ったよ。 (3月26日22時17分)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2■愛のバケツリレー(マドレボニータその後) 04年3月26日の日記より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
母についてきのう書いた。
きっと、すんごいこと言うな~と思った人もいるだろう。

でも、うちの母は、さすがに私の母だけあって、実に根が明るいというか
深く物事を考えられないタチらしく、昔お互いにコイツは・・・と
思って悩んでいた日々があったことなどコローッと忘れているのである。

はい、お蔭様で。
なので、深刻な話を書いたつもりはない。

昔から、えっらい動物好きな母は、アマガエルはかわいい、口に入れても
いやじゃない、と言っていた。

そんな母でもかわいいと思えないってことは、当時の私は
アマガエル以下か・・・。

確かにこりゃツライ。
でも、それも昔のことだ。
今は全然つらくない。
ヘとも思っていないのが、自分でも不思議なほどだ。
(↑ちょいとお下品表現)

これは、親以外で自分を愛してくれる存在に出会ったことで
徐々に乗り越えていった気がする。

子供を愛せない親というのは、自分への愛が足りていないのだと思う。

自分が愛でいっぱいで、つまづいたらチャプッとこぼれちゃうぐらい
ハートの中に愛があふれていれば、自分の子でも他人の子でも
十分に愛せるはずなのだ。

これは愛のバケツリレー。

やっぱり元が少ないと次に回す分も少ないってことなのだ。

だから、安心してほしい。

「自分の奥さんが子供が愛せない人だったらどうしよう」

そんな心配はいらない。

あなたが奥さんのハートをいつもあふれるくらいの愛で満たして
あげれば、子供にもちゃーんと愛は回っていくのである。

そういうものだと私は思っている。

「仲良きことは美しき哉」

夫婦万歳!なのである。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■この日記にいただいたご感想の書き込み
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1)踊る小豆ダビデさん

> あなたが奥さんのハートをいつもあふれるくらいの愛で満たして
> あげれば、子供にもちゃーんと愛は回っていくのである。

メチャクチャ共鳴です!

かなり、昨日の日記はショッキングでした。
ワシもその辺で最近ドタバタしてました~♪ (3月27日17時16分)


2)かんろですさん

みんなどこかで、もがくものでしょうか。
親子にしても愛ってものは。
スギポンの葛藤の?消化力って偉大です。
日記、ありがとうございます! (3月27日22時50分)


3)オレンジまど屋さん

>子供を愛せない親というのは、自分への愛が足りていないのだと思う。

この文を読んで、いろいろ昔を思い出して考えてしまいました^^;


4)テラッチ!☆笑顔力さん

バケツリレーか・・・途中で愛を減らさずに渡していきたいもんですなぁ
(3月28日10時19分)


5)笑竹村の竹ちゃんさん

スギポン、お久でありんす。

母の愛・・・うーん、ちょっと重たいテーマでんな(竹には)

私の母は、私への愛情を見せ付けてきた人なんです。
「私は貴方をこんなに一杯愛しているのよ、貴方が命なのよ!」
 ってかんじかな?

へーそんなもんかい!ていう感じで生きてきたんだけど。
実は母の自分を偽るための表現だったんだなと、今思います。
その頃の母には嫌いなものが沢山あった。その事を忘れるため、
観ないようにする為、その他諸々の表現だったんだなと思う。
母が一番愛していたのは、やはり、自分。誰でもそうだと思うよ。
自分が一番かわいい。だよね。

おっと、夫、おっとっと、長くなってしまった!

最後に、私が今めちゃくちゃ幸せなのは、妻の大きくて、広ーい愛!
(おのろけてしまいました)
ありがとうございます (3月28日10時42分)


6)☆trinity☆さん

> あなたが奥さんのハートをいつもあふれるくらいの愛で満たして
> あげれば、子供にもちゃーんと愛は回っていくのである。

ほんと、これ、そうだと思う。 (3月28日21時59分)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3■親を許すということ  04年03月29日の日記より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2日にわたって母について書いた(「私のマドレ・ボニータ(美しき母)」・
「愛のバケツリレー」)のは、最近、親を許せない、という人の話を
目にすることが増えたからだった。

他人事ではなく、経験者として一言言いたかったのだ。

しかし、一言では済まなかった。
長くなってしまった。
普段とはモードが違って申し訳ない気もするが、
もう1日おつきあい願いたい。


私は、親を許せない人に、それは相当損なことだよと言いたいのだ。

いわゆる道徳や善悪の問題ではない。

私が考えているのは、飽くまでも損得のレベルでの話である。

誉められた考え方ではないし、全く私の個人的見解なので、
誰の参考にもならないかも知れないが、私はこう考えている。


私が言うまでもなく、親の存在は、自分の中に遺伝子として
ビッチリ存在している。

イヤだと言っても、これは逃れられない事実だろう。

私が考えるのは、父親50+母親50=自分100
という、恐ろしく単純な構図だ。

この単純な構図から見ると、親の存在の否定は、
自分の存在の否定になる。

親を嫌い、憎み、存在を疎ましいと思えば思うほど、
自分を嫌いになり、憎み、自己の存在を疎ましいと思うことになる。

気付かぬうちに、憎しみの刃で、自分自身を傷つけることになる。

自分を刃物で切り刻みながら、笑って楽しく生活できるわけがない。

親を許せていなければ、楽しく暮らしているふりをしても、
陰で心は血を流しているのだ。


だからこそ、幸せになるためには、まず親を許そうと私は言いたい。

親のために許すのではない。

全く自分だけのために、親を許して受け入れようと言いたいのだ。


これはかつて、自分に向かって言い続けてきたことだ。

頭ではわかっても、心がついてくるようになるまでには
長い時間を必要とした。

でも、ありがたいことに今は親を許している。

許すというのは不遜かも知れないが、親を許せている。

母を思えば心が凍え、心が悲鳴をあげていた時期は終わった。

もう受け入れちゃってるので、平気なもんだ。

おかげで楽になった。
本当に解放されて楽になったのだ。


親を許すことは、自分が自分から許されること。

これが今の実感である。

そう思うと、私の人生はこれからだな、と感じるのである。


形だけでいい。

親に「ありがとう」と心の中で言ってみる。

毎日毎日「憎い、許せない」と言っていたのを、
形だけでも「ありがとう」と言ってみるのだ。

自分の心は口癖で決まる。

そうやって、自分のために親を許す。

そしたら、楽になるよ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■この日記にいただいたご感想の書き込み
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1)yukky6870さん

初めまして、親を許す事が目に止まりました。
親を許せないと損かあ~。

親の子である自分に嫌悪する事はある気がします。
親を心の中で批判してると、自分に対しても厳しく批判するような。
私は、親を許せていませんが、自立というか、自分を受け入れる為には
必要なのかもしれませんね。
スギポンさんは許せて、楽になれたんですね^^
私も、早起き頑張りたいなと思ってます。 (3月30日13時31分)


2)アンダオさん

凄いね、スギポン。

今までいろんな事を感じ、考え、戦い、受け入れ、与え、与えられて
生きてきたんだね。

器がでかくなるのも当然だ。

更に笑顔の似合う、素敵なおっさん道を邁進しておくれ!

《このぶんじゃ、綱を取る日も近いな。》 (3月30日13時32分)


3)ハッピーライフサポーターさん

> 私は、親を許せない人に、それは相当損なことだよと言いたいのだ

こちらにも激しく同感♪
うんうん、そうだよね~~~♪

たしか小林正観さんも、究極の損得勘定を考えてやれば良いと
おっしゃってますよん。(本に書いてあったと思う)
どうせ人間は煩悩だらけなんだから(笑)

人の幸せを願う人に幸せはやって来るもの。
許せるって事はその人の幸せを願う事と同じ。
だから、自分の為に許す。
これでいいんじゃないでしょうか。
(私も経験者として。。(^^ゞ)

みんなの素晴らしい未来を祈ってます♪ (3月30日17時10分)


4)@あべちゃん@さん

こんにちわ、お世話になります。

私にも同じ様な経験があります。

私が子供の頃は、両親共に食べる為に必死に働き、ほとんど
かまって貰った記憶が有りません。

気が付いた時には人間嫌いの自分がいました。

特に反抗期の時は、今思えば両親には本当にお世話になりました
っていう感じですね。

恥ずかしながら、自分が子供を育てる側になってから両親の
気持ちを理解出来る様になりました。

親でも、友達でも、相手が誰であろうと憎しみの感情を持つと、
自分に破滅思考型の感情が生まれてきてしまいます。

特に、切っても切れない親子の縁ですから、親を憎むというのは、
結果的に自分を精神的に追い込むのと同じなんですよね。

難しい事だけど、いつも理解する事、許す事を心がけたいですね。

私の経験では、マイナス感情は自分が何かに執着している時に
出てくると思います。

自分の中の、執着心をバラしていけば理解や許す事のヒントが
見つかるかなあって思ってます。

実は、此処へ書いた事は自分への戒めですけど・・・。
( ̄▼ ̄*) デヘヘ (3月30日17時)


5)mikochan0917さん

親を許さない。と損。ですか~

私は親に反抗期がほとんどなかったノーテンキな人間ですが、
友達のイジメにあったことはあります。

でも、その人たちに会うことはありませんが、今は許せる。
と思いますし、機会があれば堂々と会うことは出来る。と思います。

親の遺伝子受け継いでいるんですものね。
[嫌いな人は自分の鏡である」という言葉がありますが、人の好きな
ことを見つける事によって自分も好きになりたいですね。
(3月30日18時59分)


6)笑竹村の竹ちゃんさん

自分の心は口癖で決まる。まったくその通りですなですな。

ありがとうございますが口癖になった竹は、毎日がハッピーでおじゃる。

ただ、二日酔いになったときの口癖は、
「くちくせー」でござる。・・・・・ぎゃはは!

ありがとうございます (3月30日20時11分)


7)かいばいぼー9186さん

初めまして! 
親を許すというのに惹かれて書き込みさせていただきました。
難しい作業ですね。
今はだいぶ楽になってきましたが、どこがゴールなのか
わからなくなるときがしばしばです。
早起きもしたい片づけもしたいのですが、現在の起床時間はお昼。
遅い冬眠ということで・・・(-_-;) (3月30日21時37分)


8)ニソルさん

> 幸せになるためには、まず親を許そうと私は言いたい。
> 親のために許すのではない。
> 全く自分だけのために、親を許して受け入れようと・・・。

今の私には本当に難しいというか、厳しい言葉です。
親を恨んでも恨みきれないのが人の心の常ならば、今の私の心は
何で出来ているのでしょう?と考えてみる。
自分を許してあげたいとも思う。それと同時に親も許せるだろうとも。
でも、それには時間がかかります。
私の中では4~6年はかかるかなーとも思いますが。今年妹も
結婚するし。いまや兄弟妹では私のみ独身。
いろんな意味であんな親とて心配するのだろうとも考えられるように
なってきましたが、私はまだまだあなたの到達したレベルには
届いていないようです。はい。

難しいね。 血が繋がってるって事は。
いっそのこと他人だったらどれほど楽だったのか…。 (3月30日21時55分)


9)まっちゃん4284さん

スギポン、なんだか会いたくなってしまうよー
すごく難しいことをすごく優しく言うスギポンはステキだ。(3月30日22時52分)


10)ぽちゃ!さん

いつもありがとうございます!

親を許す事は嬉しい、楽しい、しあわせの始まり~
ほんと自分を好きになる簡単な方法です。 (3月30日22時53分)


11)菊間ぞうろくさん

おー許しがテーマとは。なんと深い。
親を許せば、自分を許せるのですなー。
私の場合は、自分の過去を許す必要がありますなー。
親も過去も変えられないものは許してしまった方が
勝ちですなー。オーロラをみて、仲間と語り合って
涙もろくなりました。グスン。
この話、またお話しましょう。 (3月30日23時9分)


12)相澤@無為自然さん

「許しには力がある。」

誰かが言ってました♪ (3月30日23時15分)


13)ニコニコかれんさん

こんばんは。
どうしたら、親を許せるのか?
親の過去を見つめ直したとき、何となく
許さなきゃ・・・って思ったように思う。
親だと思うから、許せなくて、親も一人の
犠牲者だったと分かったとき、可哀想に
思えた。
なんだか、守ってあげたいと思った。
今は、全て許せる気がする。 (3月30日23時46分)


14)カリスマ社労士さん

ん~、アタシの父親は、去年死んでしまいました。
99%嫌いだった。でも、1%は、いいところもあったよ。
共感できる部分がね。
やっぱりアタシ、半分は父親からできてんだよね。
生きてた頃は、ほとんど話もしなかったけど、
今は「父だったらどうするかな、何て言うかな」って、
思うときがアリマス。(3月31日2時53分)


15)オレンジまど屋さん

親をどうしても、許せない事多々ありますが・・・・
でも、最近思うのは、親も一人の人間だし、自分を生んだという事で、
親に対して、完璧を求めすぎていたのでは、ないかと・・・・(汗)

すぎぼんさんの日記は、いままで、難しいと思っていたことを
分かりやすく表現してくれるので、心が軽くなります~(*^∇^)ノ。
・:*:・゜★,。・:*:・゜☆アリガト~♪ (3月31日11時53分)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お礼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
掲示板に感想を書いていただいても、楽天のシステムでは容量を超えると
消えてしまう仕組みです。

みなさんの書き込みが、あまりにすばらしくてありがたくて、
残しておきたかったので、こちらに移しました。

本当に一生懸命思いを綴ってくださって感謝しています!


© Rakuten Group, Inc.