1271093 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

早寝は体のために、早起きは心のために

2009.07.03
XML
カテゴリ:おすすめ本
本日も、
「朝10時まではパソコン立ち上げない」大作戦
のおかげで、いい感じで、ネット時間が短縮できています。

が、午前中に片付けたい仕事を終えるのは、
2時間では難しく、午後も押せ押せで、
結局、ブログのアップもこんな時間になってしまいます。

ここでめげずに、工夫していきたいところです。

そんなことを考えていた昼下がり・・・


鳴きました!!


腹の虫ではありません。


初セミですっ。


スタンダードタイプの

ミーン、ミンミンミン、ミーーーン♪

です。

リピートすること3、4回で
ピタッと鳴きやんだところを見ると、


「ガーン!!早すぎたかっ。全然メスいないじゃん!」



てところでしょうか(^o^;)


今日は、朝からヒンヤリしてますので、
体力温存のため、お休み中なのかも。


そんなセミの声を聞くと、

地上で暮らす短い時間を懸命に生きる姿に

自分のぬるい日々を反省しちゃったりします。


・・・と、セミから引っ張るのは気が引けるのですが、


今日のお言葉


「最も大切なボランティアは、自分自身が一生懸命に生きること」



これはこちら↓から採取。

『あなたの夢はなんですか?
 私の夢は大人になるまで生きることです。』



著者は、アジアチャイルドサポートの池間哲郎さんです。


アマ@ンの書評でも、
この本に出会えてよかった、という感想が多いようですね。


豊かで、
食べ物も、物もあふれた時代に生きる
日本の子供たちに

生きることの価値を伝えるのは、

みんなが貧乏で、みんなが飢えていた時代よりも

逆に、難しくなっているのではないかと感じていました。


生まれたときから豊か過ぎるのは、
もしかして、昔なら体験しないですんだ
「不幸」なのかも知れません。


わたしにしても、すべてが揃っていた子供時代には、
今ほど、物や食べ物に対して、
感謝の気持ちがわくことは、ほとんどありませんでした。


すでにそういう世代が親になっているのですから、
体験してもいないことは、伝えることもできません。



「一生懸命生きる人じゃないと、本当の命の尊さはわかりません」

と語る、池間さんが、足掛け20年、
アジアの極貧の地域で見てきたのは、
あまりに過酷な環境で暮らす子供たちの姿でした。



機会があったら、ぜひ手にとってみてください。








最終更新日  2009.07.03 17:56:27
コメント(2) | コメントを書く


PR

X

日記/記事の投稿

フリーページ

カテゴリ

カテゴリ未分類

(781)

おすすめ本

(106)

見に行って!

(97)

お散歩アルバム

(11)

メールマガジン

(25)

徒然

(52)

早寝早起き

(1)

1000日トレーニング

(1)

アシンメトリ現象

(0)

花山水清

(4)

料理

(1)

ライフハック

(2)

片づけ

(0)

介護

(0)

お買い物♪

(0)

ブログ

(0)

備忘録

(0)

健康

(1)

おでかけ

(1)

楽天カード

コメント新着

sugipong@ ★通りすがりさんへ おおお、テレビでやってましたか~~。 こ…
sugipong@ ★テラッチ!☆笑顔力さんへ あら、お久しぶりでございます~。 ご訪問…
sugipong@ ★プラス君さんへ コメントありがとうございます~。 プラ…

お気に入りブログ

不安を感じたらどう… New! かめおか ゆみこさん

タンゴはいいね。 New! プラス君さん

チャンネル登録者数… 山田真哉さん

安全装置 NIJI.さん

9月11日(土)懐かシ… 羽富えじそん宇宙人さんさん


© Rakuten Group, Inc.