205583 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Gun's Free

PR

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

政治というにはおこがましいが

Sep 20, 2005
XML
 歴史的自民大勝の傍らでは、惨敗を喫した民主党で戦後処理がしめやかに執り行われていました。
 敗戦責任を受けての前岡田党首辞任による、新党首の選挙です。
 既に皆様御承知の通り、前原誠司氏が対立候補の管氏を僅か2票の僅差で制して新党首として選出されました。

 前原誠司代表の公式サイト
 http://www.maehara21.com/

 が、そういうのはどーでもいいことです。
 つうか、民主なぞどうせ求心力も兵站も喪って自然消滅するんじゃというかしろよと思っていましたのでハイ

 大惨敗→崩壊一直線 民主党地獄のシナリオ
 http://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/200509121755.html

 ですが、今回の前原氏の就任には別の意味もあるようで・・・例によって、敬愛する大石先生がまたさくっとスルドイ言及を。

 <個人的に何の興味も無かったんですが、これで良いでしょう。早速メディアは、前原はタカ派だと煽っていますが、何、単なる現実派というだけですよ。若い党首を頂くまでは、英国の労働党復活劇と同じ。でもじり貧だった労働党は、そこから保守党以上に右旋回して政権奪取に成功した。日本の民主党にそれが出来るかどうか。>

 →<自民党は、小泉以降、いよいよ中二階を担げなくなりましたね。あちらも安倍クラスの若手で無いと。>

 大石英司の代替空港
 http://eiji.txt-nifty.com/diary/2005/09/post_8bd2.html

 同じく個人的には何の興味もないのがワロスw
 しかし、まさしくその通りで。

 というより、元来の野党の働きとはこういった良い意味での与党への牽制にあるワケで。
 日本の、”50代はハナ垂れ小僧”という、ワケの判らん永田町規格をブチ壊し、”構造改革”に貢献してくれるのであれば国会論戦などよりよほど有権者の利益を図ってくれている。

 今回は敢えて言おう、民主GJ!!と(AA略)

 <あと、気になるのは、民主党は惨敗には違いないんだけど、そんなに票を減らしたわけじゃないんだから、悲壮感を過度に表明する必要は無いですよ。極論すれば、次の選挙で浮動票を奪えば良いだけの話ですから。>

 なればこそ、自民は気を抜けない。

 <それに、メディアはあまり書かないけれど、私は自民党は分裂するだろうと思っています。ポストだって、あの大所帯を喰わせられるほどは無いわけだし、今は大勝気分に浸っているけれど、内閣改造が終われば、論功行賞で不満も出てくるでしょう。そこでまたガラガラポンをやれば、国会の勢力図も変わりますよ。>

 自民分裂シナリオはネットでは既に主流論の一つ。流石、バブル絶頂にバブル崩壊を描いた”S・SAG”を上梓した先生ならではの透徹した視点。これからの政局も予断を許さない緊迫した展開が予想される(とか書くとジャーナリスティックでイイ感じw)


 ★ポスト小泉候補

 ☆小池=環境・英語・アラビア語に精通。8月15日に靖国参拝。経済は未知数。
 ☆竹中=経済・英語に精通。意外に靖国にも参拝。政治家経験が乏しいのが難点。
 ☆安倍=英語・プレゼン力にやや不安。経済は未知数だが、血統は良い。
 ☆福田=バランス感覚は良いが、やや華に欠ける。中継ぎとしては最適。
 ☆麻生=血統は良いが口と顔が悪い。名前が英語で「ケツの穴」になるのが難点。
 ☆谷垣=能力はありそうだが、華に欠ける。外交面でも不安が残る。
 ☆町村=英語・プレゼン力それなりに。経済未知数、やや華がないのが難点。
 ☆中川(秀直)=バランスは良いが華に欠ける。顔がカバなのが難点。
 ☆中川(昭一)=血統・経歴は立派だが、顔がヤクザなのが難点。
 ☆石破=防衛にめっぽう強いが逆に防衛オタ過ぎるのが難点。顔がオタなのも難点。
 ☆武部=調整能力はありそうだが、リーダーの器ではない。顔がBSEなのが難点。
 ☆山本=明らかに力不足。総理の器じゃないし、顔がチョンなのが難点。

 (上は某所よりコピペつうか顔はヤメレ顔は!大統領選じゃないんだかw)

 本命町村、対抗安倍、大穴武部だったんだけど、これで一気に安倍、町村が接近したヨカーン 安倍タンがんがれ、ちょーがんがれ!!


 安倍晋三 自由民主党幹事長代理 自由民主党衆議院議員 公式HP
 http://tokyo.s-abe.or.jp/

 町村信孝 外務大臣 自由民主党衆議院議員 公式HP
 http://www.machimura.net/

 武部勤 自由民主党幹事長 自由民主党衆議院議員 公式HP
 http://www.takebe.ne.jp/







Last updated  Sep 20, 2005 12:58:04 PM
コメント(2) | コメントを書く


Sep 18, 2005
テーマ:中国&台湾(3217)
NHKのニュースで見たんだけど

あの劇団四季
http://www.shiki.gr.jp/index.html

で、ミュージカルを媒介して日中親善が進んでる、らしい

終戦60周年記念で、
太平洋戦争を題材にしたタイトルを三本公演してる中で
中国で活動する日本人女優が生きた波乱を描く
「李香蘭」にも中国の人が出演してるそうで
何でも、中国にはミュージカルを学ぶ環境が余り整っていないらしく、
日本にミュージカル留学しにくる人がけっこう居る、らしい
これも寡聞にして今回知ったんだけど
四季のカンバン、「ライオンキング」の主演男優も
中国の人が射止めたそうな、やるじゃん

日中では、いろいろ不安材料もあったり
国内での一部不心得者による悲劇もあるけど
こういう親善はいいですねー
正に文化外交、これからも積極的に奨めて欲しいものです


でも台湾有事だけはかんべんな!w
http://plaza.rakuten.co.jp/GF1208/diary/200411180000/
http://plaza.rakuten.co.jp/GF1208/diary/200411210000/






Last updated  Sep 18, 2005 07:50:47 AM
コメント(0) | コメントを書く
Sep 14, 2005
 或いは憂国と売国の間

某所での会話

それでも
宅配とメールがあれば郵便局要りませんし
銀行があれば郵貯は要らないんじゃないですか?
これが大多数の民意だと思います。

Posted by れんや at 2005年09月14日 18:53

もう一言

NTT民営化でも
情報通信コストが競争により低減され
法人も個人も随分助かりました。
近い将来郵便は赤字補填しなければなりませんし、
郵貯が抱えている資金が民間に開放されれば・・・

皆、そう考えていると思います。

Posted by れんや at 2005年09月14日 19:00

コメントありがとうございます。
どうも、コメントは、あんまりここの記事に対応していないような気がしないでもありません。 
ここは「郵政民営化反対サイト」ではありません。 民営化「法案」の内容に関する官邸の説明を、検証しているのです。
また、ここは民主党応援サイトでもありません。
何度も書いておりますので、お読み頂いてからコメントを頂けますと幸いです。
私は、だいたい自民党に投票してきました。

Posted by 真名  at 2005年09月14日 20:24

どうも小泉政権批判をすると勝手に民主党シンパにされて
困ったものですよね。
少し某巨大掲示板以外も見たら視野が広がりそうなのに・・・

どうも単純な人が多くなった気は致します。

「郵政民営化」で何でも解決というのも
「政権交代」で何でも解決というのも
何か変えないといけないとう国民の中の
ある種の後は野となれ山となれという革命志向があって
それを上手くプロパガンダ出来た方が勝ったというだけだと思います。

ちなみに自分は新党に入れました。
北海道だったら宗男氏に入れれたのですけど違ったので…
Posted by 金太マン at 2005年09月14日 20:48

そうそう、失礼ながら、一つ事実誤認らしきものがあります。
実際のところは、郵便事業は、いまでも収支トントンか、若干の赤字らしいですよ。 「将来赤字になる」というお話ではないようです。
そもそも郵政公社の出発時点で、郵便事業は5700億円の赤字から始まったんですね。 これ、あんまり儲かる事業じゃないみたいです。
これは財務諸表を見たら、読み取れることです。 公開されています。
郵便事業の人件費を郵貯の方にちょっと振り向けているのではないかと思われますね。 このへんの問題はまだアップしていません。

こういうように、事実関係を冷静に洗っているつもりですので、そう簡単に結論を出さずに、どういう問題があるのかを読んで頂けるとありがたいのです。
よろしくお願いします。

Posted by 真名 at 2005年09月14日 20:48

郵便は赤ですよ。
クロネコヤマトが参入しなかったのも
ズバリ採算が取れないからだけです(笑)
競争相手の参入無しに巨大民間企業が出来上がると
料金はグンと上がる気がするんですけどね~
そもそもユニバーサルサービスの維持と民営化って
かなり矛盾した概念?の気も致します(大汗)

>郵便事業の人件費を郵貯の方
そういうことです。
Posted by 金太マン at 2005年09月14日 21:19
誤解のないように追加しましょう。

民主党は、郵政労働者の大規模リストラ案と、郵貯預け入れ限度額の即時引き下げを提示しましたが、どちらも良い案とは思えません。
どちらもかなり無理があります(限度額引き下げは、15年前なら意味がありました)。 検討する意欲がわきません。

Posted by 真名 at 2005年09月14日 21:20

郵便はすでに赤なんですよね。
これ、実は、現状のように、参入のない独占企業の状態で民営化したら、値上げできるようになるんですね。 採算の合わない過疎地では。
だから、郵便事業者は、いま民営化した方がむしろ得かもしれませんです。
新規参入者が現れた後で民営化したら烈しい競争にさらされますが、今民営化したら、公的インフラの独占企業体ですから、値上げと人件費削減によって利益が上げられます。 たぶん。 どこまでやるかは読めませんが。

代替事業のない公的サービスを民営化したら、サービスは低下し、値段は上がり、その反面として確実に儲かるようにできるんですね。
まあ皆さんはそれで良いようなので、その点は指摘していません。
国際物流も扱えるし、小口荷物も規制緩和されるから、意外に良い事業になるかもしれません。 地域の人は迷惑する面も多いかもしれません。

Posted by 真名 at 2005年09月14日 21:27

「官」から「民」へ(という虚偽)のキャッチフレーズ

 で私も含め多分多くの人が想像するものを書いてみました。
 別トピックにも投稿させて戴きましたように、
 政権を民主に預けるつもりは無く
 (前回民主投票も自民変革を願ってのもので)
 もちろん今回は自民だったのですが
 どうすれば良かったのでしょうかねえ

 それと、真名さんが反自民、反郵政民営化とは思っていませんでした。
 誤解を与える内容で申し訳ありませんでした。

Posted by れんや at 2005年09月14日 21:36

それは失礼しました。 私が早とちりだったかもしれません。
うーん。 とっても難しい質問ですよね(笑)。 私、政治家や政党には,そうとうに外国のヒモ付きの勢力とか資金が入っているように思えてならないんですよ。 例えば橋本首相。 スケベなのは顔で分かるんですけど(笑)、愛人は統一協会でしょう? 
これ、郵政資金のおこぼれを外国へ流そうと狙っているのは間違いないですよ。
損でしょう? まあ、米国に流れても、商品売却代金とか米国債利息として戻ってくるんで、いちがいに悪いとはいえませんが。 外資系は日頃の行いが悪いから疑ってしまうんですよ。
けっきょく、米国と中国とに挟み打ちにあっている、というのが実態じゃないかな?
私は、その両方をうまくダマせるような狡猾な政治家の出現を強く望んでいます。 

Posted by 真名 at 2005年09月14日 21:44

ハゲタカ論は陰謀かと思っていたのですが
国策としての親米路線の一貫として
正面切ってやる、ということですね・・・

モアベタなら支那より米国、ということになるかと・・・

Posted by れんや at 2005年09月14日 21:52

陰謀ではないです。 市場原理に従って利息の高いところに金を流すということと、外資をアドバイザーに入れるわけですから。
米国などに金が当然流れますよね。 もったいないでしょう?
だからこれ、「国策」なんです。 陰謀じゃありません。
それで、中国政府はですね、外国にたくさんお金を逃がしてファンドにしているんです。 資金流出が凄い多いんですよ。 将来の話ですが、中華系ファンドが郵政を買い占めることは充分あり得まるでしょう? 危ないと思うんですね。
米国と中国はつるんでますよ。
ウォンが米ドルに固定されていますが、これは米国の政策でもあります。
それから米ドル-円も固定されているでしょう?
この三角関係を買いえているのが日本でしょう? 米国の意向です。
次の崩壊までこういう三角関係が続くんでしょう。
両方をダマしおおせる政治家の出現を望む理由です。

Posted by 真名 at 2005年09月14日 21:59

すみません、ここからは完全に次元の違うハナシになってしまうのですが。

では米中の軍事的緊張も日本を誘導する演技なのでしょうか?。

米国はもちろん、共産中国も外征型の覇権国家だと思うのですが、
米ソの2大覇権が激突した冷戦構造が
今、米中間で発生している様に思うのですが。

防衛庁も「中国の脅威」を公式アナウンスしましたし
(予算獲得目的もあるでしょうけど)

Posted by れんや at 2005年09月14日 22:05

うーん。 難しいお話になってきましたね。 私も素人なので推測しかできません。 官邸はもっと正確な情報を掴んでいるでしょう。 ただし、郵政民営化法案の説明も明らかにヘンなところから見て、本音を我々に言っていないんじゃないかな?
軍事的緊張はもちろんあるわけで、演技じゃないでしょう。 しかし、軍事は全体戦略のごくごく一部なんだと思うんですよ。 あらゆる国が敵であり、見方せであると考えるのがリアリストですよね? アメちゃんは、中国を使って日本から技術、資本を吸い出そうとしていると思っています。 また、米ドルで変えるだけの物資を中国から吸い上げていると思います。 その金を日本が米国に貸している。 そういう三角関係ではないかな? 簡単な話ですよね?
 
Posted by 真名 at 2005年09月14日 22:12

やはりそうなりますか
再確認したくなかったですね。
やはり憲法改正して世界情勢に積極的に介入して
プレゼンスを行い、米中とは別の
環太平洋か東南アジア共同体でも組織して
巧いこと遣り繰り出来ないと厳しいですね。
米中の間で搾取されて終わってしまいそう・・・

脱線にお付合い戴き有り難うございました。

Posted by れんや at 2005年09月14日 22:36

もう一言だけ

こういうの読むと暗澹たる思いです。

こうして日本は滅亡する
「シナ侵略主義」の論理と行方


杞憂だと嗤われながらでも声を上げ続けていくしかないんでしょうね。
ではまた当分ROMに戻ります
どうも有り難うございました。

長期的には、決して杞憂とは思っていません。 どのくらいの確率かはわかりませんけど。
現在、政府は、この三角関係で行けるところまで行こうと腹を決めていますね。 それを「グローバリゼーション」と呼んでいます。 ちょっと違うような気もします。
ただ、米中と別の経済圏を構築できるような立場でもなさそうです。
私は、むしろ日本が「市場原理主義」を主張することが打開策ではないかとすら思っています(笑)。 冗談に聞こえますよね? このブログの論調と違うじゃないかって? このブログをみて、社会党系じゃないかって言う人までいるんですから。 それは私にダマされているんです。
 
Posted by 真名 at 2005年09月14日 23:37

日本銀行(政府)による巨額の米ドル為替介入は、市場原理と資源の効率的配分に反していますよね?
中国ウオンの為替レート固定はどうでしょう? 購買力平価でみて世界第2位のGDPを持つ中国が、こんな為替操作をしてはいけません。 GDPに対する輸出比率は凄まじく高いです。 市場原理に反していますよ。
「市場原理」は、実は、確かにそれなりに効率的なんです。 それは、はるか以前に浪費国である米国に経済構造調整を迫るべきものでした。 また、中国には、内需拡大を可能とする国内の障壁の解決を迫るべきものだったのです。

Posted by 真名 at 2005年09月14日 23:41

------------------------------

 どうする、ニッポン?
 大日本諦國とでも?






Last updated  Sep 15, 2005 12:05:41 AM
コメント(4) | コメントを書く
黒字の郵政をなぜ?

というハナシはよく聞くでしょうが・・・

チーフエコノミスト 湯元健治の眼
郵政民営化路線を頓挫させるな
-望まれる国民的視野からの議論-


詳細は各自読んで戴くとして、ちょと抜粋

5.~「国民」とは、正確に言えば、郵政サービスの「利用者」の立場と、コストを負担する「納税者」としての立場の2つがあり、これらを峻別して議論しなければならない。「利用者」としての国民の目からは、郵政サービスは低コストで過疎地も含めてユニバーサル・サービスが行き届いているため、民営化の必要性が理解しにくいことは事実である。

 しかし、他方で「納税者」の立場からみれば、こうしたサービス供給のコストとして、年間1兆円もの「見えざる国民負担」(税金や預金保険料を免除されている部分のコスト)がかかっていることを忘れてはならない。

 さらに、前述した巨大な潜在的リスクを抱えたままでは、将来の国民負担は膨大な額に上りかねない。民営化をすることで、サービスに見合ったコストを払い、潜在的リスクの芽を今のうちから摘んでおかなければならない。また民営化による将来の株式売却収入は、数兆円以上に上ると予想され、財政健全化にも大いに資することになろう。なお付言すれば、郵政サービスの「利用者」のすべてが必ずしも弱者ではない。預入限度額の1000万円を超えて名寄せされないまま複数口座を保有する高額資産保有者のコストも税金で賄われていることを忘れてはならない。

「郵政民営化に欠けているコストの議論」
経済調査部門 チーフエコノミスト櫨 浩一(はじ こういち)


2.見えない負担
 全国銀行協会と生命保険協会は、郵便貯金と簡易保険についての見えないコストが10年間でそれぞれ5兆3540億円、2兆5061億円あったという試算を発表している。このコストのほとんどは税収の減少という形をとっており、誰かが直接コストを負担している訳ではないために負担感が薄い。
 しかし結局は税収の不足分が将来の税負担の増加となって降りかかってくるわけで、負担が消えてしまうわけではない。諮問会議が「見えない国民負担」という表現を使っているのは、まさにぴったりである。
 さらに、負担の増加が必要となった時になっても、その原因が過去の税収の不足にあったということが明確に認識されず、これが郵政事業のサービスに伴う「見えない国民負担」だとはなかなか気が付かないだろうという問題もある。


 そして、郵便事業は既に赤字
 「官」から「民」へという虚偽のキャッチフレーズ by:Speak Easy 社会 真名様
 ↑でのコメ欄での会話


-----------------------------

こうなってくると財投の焦げ付きも当然気になってきますよねえ

 国会NOW:パンドラの箱は開くか 郵貯・簡保340兆円

 国民が郵便局に預けた郵貯や、厚生年金・国民年金のため納めた保険料の一部は、これまで財務省に集められ(預託制度)、そこから国債の引き受けのほか、簡保資金ともども公団など特殊法人に貸し付けられ、事業が行われてきた。これが財政投融資である。これらの資金はあくまで国民から預かっているのだから、利子を付けて返さなければならない。

 税金との違いは、こう説明される。国民が負担する税金は返済されるわけではないので、税金を元手に国道をつくれば無料で利用できる。ところが、郵貯・年金積立金を原資に道路公団がつくった高速道路は、借りている資金の元利を返済するため通行料を徴収する、という具合である。(たとえば、土居丈朗、森宏一郎『公的年金積立金の運用実態の研究』。02年、日医総研報告)

 ここまできて、「えっ、道路公団って、あの道路公団?」と思われるのではないか。そう、あの道路公団である。とすると、それだけで大丈夫かという話になる。こうした財政投融資資金の大きな原資となる郵貯・簡保資金総額は340兆円(350兆円とも)である。年金積立金は140兆円といわれる。国民が思うのは、おいおいちゃんと返ってくるのかということだ。

 財投の歴史

  戦後の政治家は当然、全員財投の存在を知っている。国家予算以外の裏帳簿であること、巨額の焦げ付きを起こしていることも知っている。
 だがこの10年でその資金源である郵政改革に言及した者はわずか。一方で「過疎地の郵便局がなくなる!おじいちゃん、おばあちゃんを切り捨てるのか?」と叫びながら、実は特殊法人、特定郵便局の利益を守るために郵政改革に反対する者はごまんといる。

※1 税収が40兆円しかないので国家予算は国債を30兆円発行して70兆円で組む。それでも使い足りないので財投という裏帳簿で50兆円使う~ということが今も現実に行われている。
 つまり収入:40兆円、支出:120兆円。

 さて、不足した80兆円は誰が払うのだろうか?

--------------------------

 「政治」との接点も少し

 郵便局の税金無駄使い犯罪疑惑(上)ーー「料金別納郵便」を悪用し裏金づくり:by情報紙「ストレイ・ドッグ」(山岡俊介取材メモ)さま

 自民党代議士の反対派が、同党の有力な集票マシーンである「大樹」など郵政関連団体を意識しての反対だったことは容易に想像できる。だが、これら反対派代議士と郵政関連団体との関係はそれだけに止まらない。

 その典型例が、郵便局と郵便局OB会社が癒着の下、組織的に行っていると見られる、政治家のための裏ガネ作り疑惑だ。

 例えば、2001年2月にも、愛知県岡崎市の岡崎郵便局で、課長代理が、「料金別納郵便」として支払われた430万円をそっくり横領していた事実が発覚している。

 郵便局員の個人犯罪でもこんな有様なのだ。

 同じことを、郵便局OBが天下りしたDM代行業者と、郵便局側が組んで行ったらどうか。そもそも、ある数量以上一括発注すると、通常料金の1割引などとなるこの「料金別納郵便」--悪用すれば、正規の半値で郵送してもらうことも可能だという。その代わりに、郵政OBが天下ったDM代行業者は、その便宜を図ってくれた局側から大量の切手を購入する。

 例えば、正規のDM代は1000万円として、局側が500万円で請け負ったとしよう。これに対し、そのDM代行業者は見返りに250万円の切手を買ってやる。それでもまだ250万円得だから文句はない。

「そして、その250万円の切手を換金ショップで現金化。それを郵政族などの政治家に裏献金するのです。
 しわ寄せを食うのは、タダで配達してやる分、収益力が落ちますから、税金を出している国民です。ですが、巨大組織なので、その程度のただ働きでは、内部告発でもない以上、表面化しようがない」(事情通)

 ちなみに、この情報は現役の郵便局員からもたらされたものだ。

 これほどやってもらえれば、なるほど、自民党本部の意向を無視してでも郵政族を始めとする恩恵にあずかっている代議士は郵政民営化に反対するわけだ。


 氷山の一角?
 てかこんなことしてるから業績悪化するんじゃないですか?郵便事業

---------------------------------

 余談ですがよく引き合いに出される長銀についてもちょっと

 広角鏡 当たらぬ「いいとこ取り」批判 新生銀行高値で上場

 経済評論家 杉田暁

 一時国有化されていた長銀を買収したのは、米リップルウッド・ホールディングスを中心とする投資組合。一千二百億円を投資し、二千二百億円の株式売却収入を得ているから、既に差し引き一千億円の現金を懐に入れた。さらに、七千数百億円の価値がある株式を保有しており、今後の経営次第で、高配当と株式売却益を期待できる。

 確かに、投入された八兆円もの公的資金のうち三兆六千億円は、長銀の債務超過を埋めるために使われてしまい、戻ってこない。また、新生銀行の貸出残高は三兆五千億円と、破綻直前の長銀の四分の一。二〇〇〇年三月の譲渡時と比べても、半分以下に圧縮された。

 新生銀行を批判する人が必ず持ち出すのは、企業の返済能力に疑いが強まったら、政府が肩代わりする「瑕疵(かし)担保条項」という特約。実際、新生銀行は三百二十一社、一兆一千七百億円の融資を政府に買い取ってもらった。ここから、税金を使って不良債権を減らすのは、けしからんという議論が出てくる。

 しかし、当時、長銀の買収に手を挙げたのは外資ばかり。「日本の金融機関にノウハウやリスクを取る体力があったら(良かった)と思うが、残念ながら、なかった」(金子一義産業再生担当相)のが現実だった。しかも、不良債権に対する銀行の引き当てが低かった状況では、長銀の貸出債権を厳密に査定すると、金融システムの動揺を招く恐れがあったため、瑕疵担保条項などという不利な契約を結ばなければならなかった。

 新生銀行は、現金自動受払機(ATM)無料化などの新しいビジネスモデルで、日本の金融界に新風を吹き込んでいる。過去の契約をぐずぐず言ってもしょうがない。外資の挑戦と、その刺激を前向きに受け止めたい。

------------------------

 嗚呼

 自分が求める結論が先にあったため
 だいぶ誤りがありました。
 知り合いの知り合いの如月の弥さん
 間違い探し&正答を載せてくれていますので
 併せて御覧下さい。

 如月の弥さん お手数でした、有り難う御座いました。

-----------------------

 いつもだと原文残し訂正なのですが、
 容量余裕ないので一部全面改訂しました。







Last updated  Sep 14, 2005 09:53:46 PM
コメント(4) | コメントを書く
Sep 12, 2005
自民圧勝についてもう一言だけ書いてみる。

マスコミは今回の選挙を、「小泉劇場型政治の勝利」と呼んでいる。

本当だろうか。

「刺客」
「独裁」
そして「政権交代」

どの単語一つとっても、今回の自民圧勝に寄与したとは思えない。
否、逆の意味では大きな影響を与えたと言える。

飽くなき、我々有権者への愚弄、その一点を持って。

対立候補を「刺客」と呼び換え、
政党政治の本質を「独裁」と呼び、
審議拒否まで犯し国政を停滞させた元凶たる万年野党への「政権交代」を呼びかける。

しかし、誰も踊らなかった。
逆に、マスコミが踊り狂う様を冷静に見据え、真剣に考え、必要な決断を降した。

改革を止めるな。
その為の政権を、比類無き強力な政権を。
呼び換えればこれも「独裁」。しかし、必要と判断したのである。
一見、この自民への過大とも言える支持は”熱狂”であるかの錯覚を与えるがそうではない。
過去の、民主への”熱狂的な支持”の結果を、その失敗を素直に認めた上での、極めて現実的な判断であるに過ぎない。
政権担当能力を持つ政党による、速やかな国政の実行。その必要十分条件を満たす最も合理的な解が、自民単独政権の復活だったのだ。

この余りに当然な自民圧勝を、マスコミが慨嘆している。

マスコミは「劇場型政治」を仕掛けた。
しかし、失敗した。今回マスコミもまた、惨敗したのだ。
有権者はどこまでも冷静だった。
揺り戻しを目論む自民優勢のアナウンスにすら動じなかった。

今回の自民圧勝は、間違いなく有権者の手になるものだ。
与えられた政権は、当然また取り上げられもする。
自民党がこの付託に応える事を期待している。

----------------

”痛み”と最も無縁だったのが他ならぬマスコミ自身であったろう。
なればこそ、日本の舵取りを興味本位、商業本位で今日までここまで意のままに擾乱して来たのだ。
なぜ過去形かって?
マスコミ大リストラが目前に迫っているからだ。
スポンサーのTVCM不信など兆候は既に顕著だ。
各新聞も順調に部数を減らして来ている。
各週刊誌の下劣さと空虚さはどうだ。

ネットがそれに替るとは言わない。
面白くもなく役にも立たないものは淘汰され統廃合される。
市場原理がそのまま適用されるだけである。

-----------------

 デンパの中の懲りない面々

 ダイジェスト版:共にニュースの裏側

 其の2by:大空のサウラビ様

-------------------

Unknown (Unknown)

2005-09-12 22:11:28

ヒトラーだったら公共事業をガンガン実行してますよ。

公共事業大好きで反対派は粛清、現在これに該当するのは
亀井静香さんだと思います。


 おお、言われてみればその通りだw
 今まで気が付かなかった、不覚w

--------------------

Unknown (Unknown)

2005-09-13 13:39:49

小泉は国民を信じ、己の運命を国民の審判にゆだねた。
岡田は国民のほうに信じる事を要求し、信じない奴は馬鹿だといった。

国民がどちらを選ぶかなど一目瞭然だ。


 またまた御明察
 みんな纏めるの巧いなあ

----------------------

某所へなかなかうまく纏めて投稿出来たので再録

マスコミ主導の政権交代 牟田口連夜さん

今まで改革政党の旗印で順調に議席を伸ばしてきた民主。
マスコミは、今回の選挙でマスコミ主導での政権交代、2大政党政治の実現を目論んでいたんでしょうね。「小泉劇場、しかし勝利したのは民主!」というドラマを演出したくてしょうがなかったのでしょう。

今のマスコミの心境は、「勝手にアドリブをするな!!」といったところでしょうか。俺様の練りに錬ったシナリオを台無しにしやがってこの愚民どもがあ!!とばかりに悔しがること悔しがること。これに1から10まで乗って来た民主も、だからこの結果に呆然としているのでしょう。

政治は、そして国民の暮らしは、政争の具ではないし、ましてやマスコミの商材ではない。

第三の権力として横暴の限りを尽くしてきたマスコミの栄華もこれから終焉に向かうのでしょう。権威と権力を剥奪され、只の情報ターミナルとしての本来の機能に戻るのではないでしょうか?。

今回の自民圧勝はその明白なシグナルなのだと思います。

----------------------------

TV危機 制作会社が人材難
http://www.tokyo-np.co.jp/00/tokuho/20050919/mng_____tokuho__000.shtml

----------------------------

世界が見た自民圧勝
http://meinesache.seesaa.net/article/6878606.html






Last updated  Sep 13, 2005 03:53:40 AM
コメント(3) | コメントを書く
Sep 11, 2005
自民、圧勝。

ってねえ。

云っちゃ悪いけど、ああもコロコロ発言が変る政党、そして首相候補。

選ばないでしょ?フツー、どー考えても。

これで民主勝つようでは逆に日本国民終わってるよねえ??。

対して自民、そして小泉氏。
もう政権取る前から一貫(郵政)改革揺るぎなし。
もちろん、今回も。

自民圧勝≒民主自滅
或る意味これは所謂地滑り的勝利なんでないだろーか。
投票率が上がって、で、無党派は消去法で大量に自民に雪崩打った。
これが、自民圧勝なんだろうと思う、単純に。
当然というより常識の勝利?
変人首相が仕掛けた常識/正攻法の勝利。

ああもちろん審議拒否だの否決投票でもうぐだぐだだったワケですが。
思えば解散の時点でもう勝敗決してたのな。
平成関ヶ原とでも呼ぼうかw。

-----------------

アンレッド氏提唱、
「平成長篠合戦」に同意

------------

岡田辞任キター
さすがに常識を弁えたか・・・

------------------

しかしむしろ、思うに今回のこの結果に一番驚いているのは当の国民ではないだろうか?
そして、今回の結果は、全国民が各々が握る僅か1票が確実な「力」として機能する様を実感できた事と思う。この一点を以てしても、今回の自民圧勝には大きな意義があったのではないだろうか?。
そう、政治は国民の手でこそ、運営されるのであるという当然の事実に。

-------------------

知ってる人だけ笑いましょうw

 (ふがいない連中だ)
 神崎はそう思っていた。
 野党の覇者とあろうものが、余りにも弱すぎる。もう少し頑張ってくれるものと 彼は期待していた。それによって自民党勢の損害が増え、両者が手詰まりと なった段階で交渉の仲介に乗り出すことを考えていたからだった。
 彼のぼやきじみた慨嘆は、それなりに理由のあることだった。この衆院選挙で 自民党が単独過半数を獲れば、後は参議院。その参議院選で、自民党が単独 過半数を取得した場合、自民党にとり公明党の存在理由は完全に消滅する。 本当の邪魔者になってしまう。
 神崎は、そうした事態をなんとしてでも防がねばならなかった。
そのためには、
(民主党に保って貰わねば、困る)
 彼らが粘っている間に、新たな対自民大同盟を画策する。それが神崎のもくろみ だった。その中には、自民党と民主党の交渉を仲介することで、自民党にとっての 公明党の利用価値を維持しようとする計算も当然含まれている。それを対自民大 同盟を成立させるきっかけとして利用することまで考えていた。

 尤も、隠匿が信条の創価者らしく神崎は必要以上手をのばそうとしていない。
いまのところ調略を行っているのは(民主党を除けば)郵政民営化法案反対派に 代表される自民党離反勢力、そして無所属だけであった。民主党の旧自由党勢 には全く手を打ってない。

202 名前:名無し三等兵 投稿日:2005/09/12(月) 00:46:15 ID:???
>>201 (続き)

 あそこは、小沢が完全に抑えている。神崎には、調略で小沢と張り合う自身は なかった。それに正直なところ、神崎は旧自由党が嫌いだった。
 当然、同盟が成立しても自民党に対して力不足となる。なにしろ彼らの敵は、 おそらく参議院を除いた衆議院の常任委員会の委員長ポストを独占しても過半 数の委員を確保できる絶対安定多数(269議席)を確保してしまうからだった。
神崎の画策する対自民大同盟がそれに対抗するには。もう一手を打つ必要が
あった。よって、新たな秘密工作を展開しつつある。

 だが。

 それも、民主党がもう少し踏んばれると予想してのことだった。神崎は彼らが 解散前議席は保つと考えていた。そこで和議を成立させる。そう計算していた。

 それなのに。

 公明党本部4階の大会議室で当選確実の声が響き、地鳴りのような歓声が轟いた。 幹部からは「大勝利」の声も上がった。神崎は、当選確実に沸く幹部を眺めながら、 右手を左手の甲に打ちつけた。
 (なんとしても)
 自民党に混乱をもたらさなければ。
 それができなければ、公明党の未来はない。

------------------

29 名前:文責・名無しさん 投稿日:2005/09/12(月) 14:58:50 ID:X74eNLc/
マスコミ「投票に行け」
有権者「行った」
マスコミ「自民に入れたからお前等は愚民だ」
有権者「・・・」







Last updated  Sep 12, 2005 12:00:24 PM
コメント(323) | コメントを書く
Aug 22, 2005
小泉は独裁
小泉は実行力がない
小泉は売国
小泉はアメリカの狗
小泉は冷血
小泉は開き直り
小泉は変人
小泉は庶民の敵
小泉はかけ声だけ
小泉は飽きた
小泉は丸投げ
小泉は無責任
小泉は詭弁
小泉は無能
小泉は弱者切り捨て
小泉は公約違反
小泉はウヨ
小泉は詐欺師
小泉支持者は無知無能
小泉支持者は信者
小泉は・・・そろそろいいかな?

反小泉其の0:対案の欠如
郵政民営化収支均衡「小さな政府」に対し、特に審議拒否に及んだ民主党に著しいが反小泉反自民に終始し自ら主張すべき政策課題を持たない。リフタゲ政策「大きな政府」を掲げる書生どもは政党論議を無視したオタクでしかもリフタゲもモデルを提示出来ない同人レベル。

だから反小泉も勢い誹謗中傷だけとなる

反小泉其の1:陰謀論

2005.8.10
2005年森田実政治日誌[230]
郵政民営化はウォール街のためか――米国から9.11総選挙の意味についてのメッセージ

「人間は従順な動物である。どんなことにも馴れてしまう存在である」(ドストエフスキー)
[小泉政権と自民党多数派は米ブッシュ政権の傀儡政権であることに馴れてしまった。小泉政権の閣僚と中央官庁の指導層、大新聞社の幹部と記者、テレビ局のキャスターとコメンテーター、経団連・同友会などの財界指導者など、東京の政官財の指導者は独立国の指導者としてのプライドを捨ててしまい、米国ブッシュ政権に従属することに馴れてしまった。彼らは日本を米国の植民地にしようとしている]

「郵政民営化で350兆円が米国に奪い取られる」というデマ

 「奪い取られる」という語感が恐怖心を煽るけど、不可能。そもそも「奪い取る」って何?って感じ。郵貯に預けた預金がアメリカのものになって預金者の手元に戻ってこないなんて事があるわけないだろ。

それでも「鬼畜米英のやることは信用ならない」という人の為に具体的な根拠を挙げれば、2004年に閣議決定された郵政民営化の基本方針にある通り~

反小泉其の2:売国

 2004年6月23日
 民主党「憲法提言中間報告」のポイント

 (1)グローバリゼーションと情報化に伴う新しい変化や価値に応えるために。
 ◆国家主権の移譲や主権の共有へ
 ◆アジアとの共生

反小泉その3:実行力

 偏向マスコミは報道しない小泉政権の3年間の成果

 ・構造改革特区導入により、「海水温度差発電」の開発が20年ぶりに動き出す。 いろいろ問題はあるけど。
 同じく、死者すら出した、「どぶろく」を利用した「どぶろく特区」があっさり許可。 他多数の特区誕生。
・外政で安心感を見せたので、日本に信頼が高まり技術確保も兼ねて日本本国に最先端技術の機能を各企業が戻し、雇用増加。
・ハンセン病控訴断念
・長年、中国による対日外交圧力カードにされていた靖国参拝を事実上の無効化
・ハンナンへ捜査のメスを入れるように指示、命がけで部落利権へ大きく切り込む→西日本以西では革命同然
・田中マキコを利用して鈴木宗男を葬る
・野中、宮沢、中曽根など、自民党を牛耳る老害議員を事実上強制的に引退に追い込む。
・瀋陽事件に絡み、外務省刷新。
・フセイン拘束直前に自衛隊派遣を決断、高く評価される
・「竹島は日本のものですけどね」と発言
・イランの油田権益獲得に成功
・北支援を表明しておきながら、北からのコメ支援要請を蹴ってトウモロコシに。 入札制度が整わないからと引き伸ばしに引き伸ばす(渡す気ゼロ)
・東シナ海の海底資源試掘提言
・ロシアからのパイプライン計画を中国から競り取る。プーチンと仲良くしたからか。
・自衛隊は「最も歓迎されている軍隊」という評価をイラク暫定大統領から取り付ける
・G8サミットは、北朝鮮に核の完全放棄を求めることで一致。(→その最中に北朝鮮が日朝正常化の条件である核凍結の約束を破る、テポドン2エンジン燃焼実験のニュースが流れる)
・二国間の問題になりかけていた拉致問題を国際的な人道的問題として各国の支持を取り付け、解決を目指すようG8サミット議長声明に盛り込ませることに成功。
・G8個別首脳会談で、プーチン(領土問題)・シラク(相撲)・シュレーダー(国連改革)の早期の訪日を取り付ける。特にシュレーダーとは、日独の安保理常任理事国入りを目指した協力が得られそうだ。
・G8サミット席上で、国連安保理常任理事国入りの件で「日本は国連常任理事国に入るべき」とブッシュが支持発言。
・G8サミットで、領土問題の件でプーチンから平和条約を視野に入れた北方領土問題解決の言質を取る。
(しかも「来年度」と期限がついて実務者レベルでの調整する道筋も付けている)
・地方交付税交付金削減
・メビサちゃんを総理の政治判断により在留一年延長。
(外国人の特例的在留延長には、総理大臣の政治決断という高いハードルを越えなければ執行不可能という前例を作った)
来年から年金は4兆7000億円の赤字に転落するはずだった年金財政を回避させるため、民主党の牛歩妨害をはねのけて5年間の時限法である年金改革案を成立させた。
・歴代日本政府として、初めて拉致の実在を認める。対半島タブーに挑み、半島擁護に傾倒しすぎているマスコミと最終対決中
北朝鮮への圧力から北朝鮮砂利利権を除く全ての北朝鮮利権を叩き潰した
「拉致疑惑」が疑惑ではなく、実在したことを明るみに
あまつさえ、これまで数百万トンの支援をしても帰ってこなかった拉致被害者を奪還したうえ、偶然起きた列車事故の人道支援にかこつけて拉致家族を奪還。
支援する前にジェンキンス氏ら曽我一家も奪取。
それでもまだ先延ばしに先伸ばして第一陣は10月で、さらに「分割」。北は台風で凶作なので、全部貰う為に、さらに日本に譲歩しなければならない。1枚の「人道支援カード」が数枚に増殖。
挙句の果てに北朝鮮への事実上の経済制裁発動となる入港禁止法は目くらましで真打ちは一般船舶油濁賠償保障法という鬼手ぶり。

 ★一般船舶油濁賠償保障法 http://www.startingweb.com/bbs.cgi?job=view&bbsid=3842&mid=6307
・来年3月から日本に入港する100トン以上のすべての船に適用
・油漏れに関する保険がないとダメ 保険には船級という格付けを貰わないといけない
・船級を与えられるのは英国法に基づいて認定された会員国準会員国のみ
・韓国や中国も与えられる事は与えられるのだが、加盟国が他国に恣意的に与えると、船級与える協会から 即日追放に。最低でも50年は復帰できない。
・そもそも、艦齢が15年とか30年以内でないと船級もらえないとかあるので、北の船の90%は、まず絶望的。
・で、北が政治的圧力を掛けても、すでに英国法の運用にだけ任されたので知ったこっちゃないし、官庁をたらいまわしにされるだけ。
・諦めて外貨を吐き出さない限り、日本には入れない。経済制裁せずして自動的に制裁。

 構造改革はすでにほぼ達成されている


そして反小泉の最終進化・・・

 aera



 armygavament

 すごいぞぼくらのアサヒ新聞!
 がんばれぼくらのアサヒ新聞!
 こいずみに負けてたまるか議会制民主主義をぶっ壊せ!
 政権交代は軍事独裁でGOだ!






Last updated  Aug 22, 2005 08:13:00 PM
コメント(2) | コメントを書く
Aug 21, 2005
改革小泉自民反対の論客の人が口々に主張するリフレを勉強中ですが

凄く乱暴にいうと
財政赤字というのは国内の借金だから
同額の通貨(760兆円?)を発行すれば解消

無論、んな事すればハイパーインフレでどっかんなので
インフレターゲット(インタゲ)を設定して
円を調整します、
このインタゲ調整、つまり管理通貨制度により、
760兆円を圧縮しますという

以下某所での会話:637が私

637 名前:無党派さん 投稿日:2005/08/21(日) 07:24:40 ID:Jyt6n7KJ
財政出動なんですけどね

道路も赤字の垂れ流し(開通後)
ほか箱物でも何か収益上がってるものあります?
IT関連とかは民営化したみかかの仕事だよねえ?
どこに出動してどう刺激してなおかつ累積赤字しない
公共事業って何ですか??


638 名前:603 投稿日:2005/08/21(日) 07:37:27 ID:yjELRYH2
亀井の方が経済政策はまともだよ
今はデフレだからね
これをインフレに持っていかないと借金は返せない

国の収入は税収だが公共事業削減したら景気悪化して税収が減る

あとね 国は収益考える必要ない
管理通貨制度だからね


639 名前:637 投稿日:2005/08/21(日) 09:29:12 ID:Jyt6n7KJ
それはつまり
コーヒー一杯1億円
大学出初任給1.5兆円になれば

↓コレも関係なくなるというシステムですか?

http://www.takarabe-hrj.co.jp/takarabe/clock/index.htm


640 名前:637 投稿日:2005/08/21(日) 09:39:27 ID:Jyt6n7KJ
それと今の日本で景気を刺激しインフレを誘導できる
公共事業を提示して下さい

現在の財政赤字+加算される赤字垂れ流しを帳消しに出来るだけの
インフレ誘導です


641 名前:603 投稿日:2005/08/21(日) 09:45:32 ID:yjELRYH2
そんなにならなくていいよ
せいぜい年率3~5%でいい
そうすりゃ100年後には借金の価値も大分落ちてる

何もいますぐ返す必要はないの
政府は死なないんだから


642 名前:603 投稿日:2005/08/21(日) 09:51:05 ID:yjELRYH2
別に内容はなんでも良いよ
公共事業の内容は問題ではない

まぁ地震対策にでも突っ込んだらどうだろ
東京で大地震で都市機能麻痺!!は困るでしょ

財政赤字の心配は要らんと言ってるやん
管理通貨制度なんだから


643 名前:637 投稿日:2005/08/21(日) 10:05:15 ID:Jyt6n7KJ
ああ、地震対策はいいかもですね
その土建屋さんの経済活動でインフレ誘導ですか?
設定したインフレ指標に向け必要量の資金投下ですか
何十兆円公共事業債刷ってもインフレ実現出来れば元取れるんですね
財政赤字の心配は要らない??
特殊法人とかで税収以上に歳出し続けても
前述通りそれ以上に通貨価値を上げ続ければいいと?
国債発行と通貨発行調整だけでいいんですか??
ぶっちゃけそれなら税収0でも構わないの???

要するに「大きな政府」で
醜い嫉妬心を持たず
最後の貴族階級高級官僚を目指せ?と

ベンチャーで成功する自信も気概もないのであれば、と


645 名前:603 投稿日:2005/08/21(日) 10:17:13 ID:yjELRYH2
管理通貨制度だから
金なんか刷ればよいのよ

今の通貨に裏付けはない


646 名前:637 投稿日:2005/08/21(日) 10:45:40 ID:Jyt6n7KJ
じゃあなんで税金なんて徴収してるの?
毎回歳出分だけ刷ればいいんでしょ?


647 名前:637 投稿日:2005/08/21(日) 10:49:54 ID:Jyt6n7KJ
いや、貨幣経済が共同幻想というのは判りますよ
例えば食料難が起きたら
例え何十何百と札束を積んでも
「そんな紙切れイラネ」ってことになりますし


648 名前:603 投稿日:2005/08/21(日) 10:56:31 ID:yjELRYH2
>>646
そりゃ過度のインフレ防止のためだ
だから本来は今は減税しなきゃならんのだけどな


649 名前:603 投稿日:2005/08/21(日) 10:58:42 ID:yjELRYH2
あとは再分配か
あまり貧富の差が激しいと社会不安が増大する


650 名前:637 投稿日:2005/08/21(日) 11:06:47 ID:Jyt6n7KJ
育児支援がいいでしょうね
民主みたいな刹那的なのでなくてもっと実効的な
将来の財源/需要の育成なのだから
これこそ公共投資ですね

減税による消費の喚起/税収増ですか?
そも消費/国内需要、実需がないですよね
将来不安が更に貯蓄を後押ししますね


651 名前:無党派さん 投稿日:2005/08/21(日) 14:16:39 ID:JrhKl2oU
>そうすりゃ100年後には借金の価値も大分落ちてる

なんか、鬼が笑うどころの騒ぎじゃないな。日露戦争対策の
経済政策を現在も行っているのと変わらん位の時代間隔かよ…

まあ、仇討ち禁止の法とか生き残ってるのも在るけど、正直言って
未来想定での法律や経済政策は20年が限度だと思うぞ、(それでも、政治
の状況変化や人口変動や産業構造の変動で大分無理あるが)


652 名前:637 投稿日:2005/08/21(日) 14:39:45 ID:Jyt6n7KJ
>>651 その点、税収に合わせて歳出削減
という改革”小さな政府”路線は整然としてるんですよね

正直、管理通貨制度といいますが
どこまで管理出来るのか疑問
何兆ブチ込めばインタゲを達成出来るのか
理論の裏付け、保証は
達成出来ない場合の責任は誰が取るのか

円がデフォルト、日本発の世界恐慌でも起こした日には
北米と中国が同時に委任信託統治国として
名乗りを上げるかもしれんですね

------------------

リフレ政策の基本は朧に掴めて来ましたが
インタゲの設定と達成のとこが判らんのですよね
実態経済無視したもろ机上の空論という感じで

というか、政策論議としては国民新党がそれということなんですが
信用出来ます??

-----------------------

管理通貨制度と計画経済の違いもよく判りません
景気に影響されずインフレを維持出来るということ?

財政出動って
国内経済的には景気調整、消費刺激
財政的にはそれによる税収増ですよね?
消費が伸びれば税収も伸びる
景気刺激に投じた資金もそれ以上に回収出来れば元が取れるという
つまりは「投資」ですよね(あ、公共投資かw)
しかし現実には景気回復はなされず投資ではなく投機でしか無かった
インタゲ派の人がいうには量が足りなかったというんだけど
じゃあ実際、何兆円投下すれば何%の成長が達成出来て、
てかリフレ政策が成功すれば以後景気循環とか無くなるということ??

716: 名無しさんの冒険  2005/07/17(Sun) 16:25
>>713
財政赤字が国内でファイナンスされている限り、赤字と資産は同額ずつ増えていく
わけで。越えることはありません。(無論、経常赤字国になればその限りではあり
ませんが)

Website上に「財政赤字カウンター」がありますが、あれはそのまま資産が増えて
いく様子とも解釈できるのですよ。

>また、巨額の財政赤字といってもグロスではなくネットで見ればそれほど深刻な話ではありません<

それこそグローバル経済の時代に公共投資がまま内需に還元されるの??
貿易経常黒字から財政赤字を引けば?いや海外から日本経済みればそれで正しいんだろうけど。あ、米債とかもか。

----------------

公共投資で日本は救えるか?

 それに日本のお役人たちは、単にいい知らせがくるのをひたすら待つよりもすごいことを考えているみたいだ。かれらの考えでは、いまやってる巨額の景気刺激策はいつまでも続く必要はない、この刺激策が「自律的回復」を生み出すからだ、ということになる。こういう見方を正当化するためには、さっきのケインズの交線はどんな感じになる必要があるだろうか?

 答。次の図みたいな感じになるしかない。

 ケインズ曲線1

  さて、1920 年代の大恐慌とその後の体験は、まさにそういう証拠ではないかと論じることもできる。多くの経済学者は、第二次世界大戦の戦時支出が終われば、アメリカは大恐慌時代の状況に逆戻りすると考えていた。この考えをもとに「secular stagnation」仮説学派が誕生したくらい。ところが実際は、一回大恐慌からつつき出されたら、アメリカはもとには戻らなかった。これを説明するには、上の図みたいなお話があり得るかもしれない。

 でも、1990 年代の日本がこれと同じケースだと論じるのは、かなり苦しいものがある。まあそれが絶対ないとは言わない。でも、少なくとも同じくらいの可能性として、日本は金利ゼロでも構造的に貯蓄が投資を上回るようになっているという説もあり得る。このほうが可能性は高いかもしれない。もしそうなら、一時的な景気刺激策は一時的な結果しか生み出さないだろう。

 ぼくが前から驚いていること:日本のいまの、巨額で維持不可能な赤字財政での景気刺激策がいずれなにやら自律的回復をもたらすという戦略は、現在ではオーソドックスで理性的な手口だと考えられているのはなぜなんだ? これを正当化するには、複数の均衡点を持つかなりへんてこな理屈がないとダメなのに。一方で、金融政策をもっと進めろという議論――もっと伝統的で、退屈なモデル、要するに貯蓄と投資のバランスで話が片ずくようなモデルから出てくる議論――は、危険なほどにラディカルで、尊厳ある経済のやるべきことではないとして拒絶されてしまう。

-------------------

何かNスペ「ウォータークライシス」
の地下水農耕とインタゲ政策がダブって見えるんですけど
いや只の「印象操作」ですけどね。(私自身の)
一方、地下水使わず自然降雨だけの農法があるんですよね
これがまた「収支均衡モデル」を目指す「小さい政府」
に見えるんですよねー・・・

てか北米発の食料危機が起きたらどーするんだろーか・・・

------------------

そも現在の日本ではインタゲは機能しないとも
金融政策論議の不思議(7) インフレターゲットは有害無益



参考HP:

  :インフレターゲットFAQリンク集

  :余は如何にして利富禮主義者となりし乎

  :リフレ政策の勝算が知りたい(政局メモ・8)

  :経済/経済学@いちごびびえす

  :YAMAGATA Hiroo Official Japanese Page:Paul Krugman 論文翻訳

  :マーケットの
馬車馬


 特別会計の見直し







Last updated  Aug 21, 2005 03:47:01 PM
コメント(1) | コメントを書く
Aug 17, 2005
唐突だが秩父事件をご存じでしょうか?。いえ私もついここ2~3年で知ったんですけどね、埼玉在住なのに。
もし興味があったら自主制作映画草の乱とか安彦画伯の王道の狗とか見てみるといいかと。

少し前にも「一票云々・・・」と書きましたが、その一票すらなく文字通り憤死していった先人がいるのですよ。選挙権は先人の血と汗と涙の闘争の成果なのですよ。

改革小泉新党と呼んでもいい自由民主党
護憲の社会民主党
真の市民社会を目指す日本共産党
ご近所付き合いで公明党
狂い咲きマニフェストの民主党
或いは無所属の個人か

若しくはあなたが立って出るか

選びなさい、行動しなさい
私たちの、そして次代への
責任であり義務であり、なにより権利であるのだから

改めて、絶対、選挙に征きましょう
私たちも自らの手で未来を拓きましょう
先人が拓いてくれた道を通って






Last updated  Aug 17, 2005 12:45:15 PM
コメント(3) | コメントを書く
Aug 10, 2005
往生際悪すぎでしょ
反対派とかないから
つまりそれ自民党じゃないから
その覚悟で反対票投じたんでしょ?
政策違うなら同じ政党に入れないの判るでそ?
小泉自民は改革政党になったんだよ






Last updated  Aug 10, 2005 10:16:11 PM
コメント(2) | コメントを書く

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.