1384556 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

グリーンハウススタッフBLOG(1)

全35件 (35件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

├スキー・スノーシューツアー

2018/02/12
XML
八戸店の杉本です(^^)
2月10日土曜日、八戸市南郷区でかんじきウォークイベントを行ってきました。
南郷雪蛍まつりの一環で、初めてのスノーシューを体験していただきます。

スノーシューの案内人は八戸店のマイスター高橋、サブは私が勤めます。

幸い天気がよく風もなく恵まれましたが、道路に雪がない!!

イベント担当と高橋で相談し
想定してた3.5kmのコースはやめにして、急遽コースをそば畑の雪のあるほうに変更。

初めての方には優しいコース。雪の積もった牧場や田んぼの中を歩きます。
スノーシューをつけて、いざしゅっぱーつ!
この日の積雪はやく15cm。スノーシューを体験できるギリギリの積雪でした。


とにかく天気が良い!風がない!ゆっくりゆっくり畑の中を進んでいきます。



地元のボランティアガイドさんがこの地での戦の歴史を紹介してくれました。
とかく南部藩は領地争いがあり、一族中が悪かったようで古戦場だったそうです。







途中で動物のほねをみつけたり、お侍さんが埋められた塚をみつけたりしました。




そして南郷の田園風景が見渡せる場所へ。こんな風景も今では稀有だと思います。





こちらは南郷が名産のそば畑だそうで、夏には白い花はここ一面に咲くそうです。

それにしても広い。

2時間ほど歩いてちょうど疲れたところにお昼ごはんです。


大きな囲炉裏のあるあずま家で、南郷地区の伝統食と猪のお味噌汁を頂きました。
参加者のみなさんには、なんとおぜん立てされた料理が提供されました。






意外に柔らかく素朴な味わいの猪の肉も初体験!なんと養殖だそうです。
優しい味付けの地元のお野菜を使ったごちそうはほっこりしました。


みなさん楽しんでいただけたようで、とてもいいイベントとなりました。






最終更新日  2018/02/13 01:24:52 PM
2017/04/03
今季、最後のバックカントリーツアー「八甲田山」

今日は、どんなツアーになるかな?


4月に入り、八甲田山は、春スキー本番!

八甲田ロープウェーは、この通り混んでます。


ロープウェーの山頂駅を飛び出すと・・・

今日は、最高のコンディション!

左から赤倉岳、井戸岳、そして最高峰の大岳 「美し~~~い」(^^)

これを見られただけでも感激!


そして、今日のルートは、大岳から箒場(ほうきば)へのロングルートに決定!
\(^o^)/


かる~く 田茂萢岳からの滑りを楽しんだ後、
「大岳避難小屋」を目指しハイクアップ

滑りよりも楽しいっていう人もいるくらい ハイクアップも楽しいんだな~



雲の上を歩いているみたい


そして、粉砂糖をたっぷり振った 大岳避難小屋到着

小屋の中で腹ごしらえをしてもうひと登り・・・


ヤッター\(^o^)/

大岳 登頂!

まだまだ雪たっぷりで、スキーのままで登頂成功!


記念撮影のあと、大岳の大斜面を滑り降りました

あ、見えない?


もうちょっと寄ってみると

お~~~いるいるスマイル



アルペン


ボード


テレマーク


皆さん思い思いの滑りを楽しんだのでした

楽しかった~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~\(^o^)/

みんな大満足の八甲田ツアーでした。

また、来年バイバイ



リポーターはネクスのチダひよこでした。






最終更新日  2017/04/03 04:18:52 PM
2017/03/29

 今季のスノーシューイベントの締めくくり
「スノーシューツアー“八甲田山”」


どうですこの空と雪のコントラスト!


八甲田ロープウェーで標高1,320mの田茂萢岳山頂に一気にワープ。

青空と樹氷が私たちを出迎えてくれました!




そして、青森市街と青森湾も見えていました!



樹氷の中を進みます!

見えているのは、すべてアオモリトドマツ。
樹氷になる木です。
立派な樹氷になっていますが、
よく見ると、奥のほうは、枝が出ていて痩せているのがわかります。
2月中はすべて手前のような立派なスノーモンスターなのですが、
もうすぐ4月。少しずつ雪解けが進んでいます。


いや~それにしても今日は暑い。

もっとも、夏日のように気温が高いわけではありません。
気温は+5~6℃です。
でも、風がないということ、そしてお日様のエネルギーがすごく、
歩いていると、汗が噴き出してきます。



秋は、日本一紅葉の美しい?「毛無岱」(けなしたい) 到着です。


岩木山が見えているんですが、わかるかな?

左から9番目と10番目の方の少し上の稜線に白い頭の独立峰があるのですが、わかるかな?


雪のテーブルとベンチでお昼をとり、デザートタイムです。

男性陣がチョコレートフォンデュを作ってます。
女性陣は串をもってスタンバイ

まいう~~~(^^)


食後の運動は、↓これ!




エアボード

れたのし~~~~~~~~~~い」



雪の八甲田山を 遊びつくしたぞ~~~(^^)


リポーターは、ネクス チダひよこでした。



さて、只今、グリーンシーズンイベント 参加者大募集中です。
お申し込みは、お早めに♪

↓クリックすると拡大できます




  ↓クリックすると拡大できます







最終更新日  2017/03/29 08:20:26 PM
2017/03/20
春の雪山を遊びつくそう!
「バックカントリーツアー八幡平」

キターーーー^^

最高の天気になりました!


只今、ハイクアップ中

岩手山きれい~~~!


この青空!

これだけでも来たかいがあるというもの!
皆様の日頃の行いの良さに感謝申し上げます^^


簡単なビーコントレーニングも行いましたよ。

「こっちだな」


そして、今回の注目アイテム。足元に注目!

K2のスプリットボードなのだ!

登行時は、スキー。
滑降時は、スノーボードになる優れものです。

今回、3名の方に試していただきました!


 ↓これがスキーモード(登行用)

スノーボードが、縦に2分割され、滑走面にシールをつけて登ります。
爪先だけ固定され、かかとは自由に上げ下げできます。


 ↓そしてこれがスノーボードモード(滑降用)

2枚の板をくっつけてスノーボードに早変わり!
足の裏に来るシルバーのプレートをセットして、準備完了。
あとは、ブーツをその上にのせれば、足の裏全体が固定されます。

もちろん、ブーツを履きかえる必要はありません。

こんな道具、良く考えついたよね!


 ハイクアップ時にインタビュー 
マイク
 Q.「使い心地は いかがですか?」
 A.「いつもはボードを背負って登ってるけど、これ超~~~楽ちん!」


まだまだ、背中にボード背負って、スノーシュー履いて登るのが一般的。
スキーヤーより登行時の疲労度が高いけど、
これならかなり体力温存になりそう!

購入のご相談は、グリーンハウスへ。


スノーボード


テレマーク


アルペン


春の八幡平を遊び尽くしたぞ~^^



さて、今期のスキーツアーの締めくくり
4/2(日)「バックカントリーツアー八甲田山」
残り3名となっておりま~す。お申込みはお早めに~。




リポーターは、ネクスのチダひよこでした。






最終更新日  2017/03/20 04:19:04 PM
2017/03/06
当日は、青空になりました!

「赤沼」は、八甲田山の南山麓に位置し、蔦七沼の一つです。
透明度は、全国第3位を誇り、訪れる人のあまり多くない美しく神秘的な場所です。
そして、その赤沼は、夏も美しく魅力的ですが、
冬期間は氷結し、夏とは違った神秘さを見せてくれるのです!



奥に見えるのが、赤倉岳です。
美しい形です!
北八甲田と区別するため南部赤倉岳とも言われます。


赤沼を見るためには、自分の足で1.5kmくらい歩かなければなりません。

そこへ続く道は、美しいブナの森が広がっています。



ブナの大木がとても多いのですが、
行きたいところにこんなに近づけるのは、雪がある時期限定です。

ネクスのヤス君が、ネイチャーガイド中です。




赤沼 到着です!



今立っているところは、赤沼の上ですよ。



田んぼアートならぬ、赤沼アートです。




「赤倉岳と赤沼一人占め」の一枚



おや、青森店のヤス君が雪かきしてます。


そう、VIP席を作ってくれてたんですね。

あったかスープでの昼食は美味し~~~い!




氷結した赤沼のど真ん中で、ネクスのフラッグを囲んで記念撮影!



ズームアップ!
「ネイチャーエクスペリエンス グリーンハウス」よろしく!




帰路もごきげんで~す



楽しかった~!




ネクスのチダでした






最終更新日  2017/03/06 08:52:24 PM
2017/02/17
今期は、バックカントリーツアーを3回計画しておりますが、

先日、第1弾の「バックカントリー入門ツアー 岩木山」を開催しました!





リフトを降りたところで

スキー隊は、シール装着、

ボード隊はスノーシュー装着

  または、

スプリットボードにシール装着の方もいます。



この日は、結構な深雪。


先頭は、ラッセル・ラッセル~♪



ディナフィットのギアは、軽量で操作性に優れ、しかも丈夫で耐久性もバッチリ!
テックビンディングの市場では、圧倒的なシェアを誇ります!

ポモカのシールは、グリップ(登坂力)重視の物とグライド(滑り)重視の物、
両方のバランスをとった物と種類があります。
一般的なBCツアーには、中間タイプがお薦めです。

ポモカシールは、グリップ・グライドどちらも良いです!
さらに、接着面が良いんです!
べたつかず、ゴミがつきにくく、貼りやすくて剥がしやすいんです。
また、水を含みにくく、水分で重くなったり、剥がれやすくなることが少ないんです。



アルペン


テレマーク


ボード



それぞれの滑りを堪能したのでありました。


さて、BCツアーは、第2弾八幡平(3/19・日)、第3弾八甲田(4/2・日)と続きます!

只今、参加者 大募集中!

今回に引き続き、
3/19「八幡平」は、ディナフィットのスキーブーツセット
K2のスプリットボードブーツセットを
無料でレンタルするサービスもあります。

無料ですよ! この機会をお見逃しなく!

4/2「八甲田山」は、スキーやボードのレンタルはありませんが、
ゲレンデスキーでの参加もOKです。

ビーコンレンタル無料、
スキーやボードが取り付けられるバックカントリー用のザックも無料でレンタルいたします。
ご希望の方は、ご相談ください。

コンディションが良ければ、ロープウェイ山頂駅から箒場(ほうきば)に滑り下りるルートを予定しております。箒場ルートは、緩やかで滑りやすく、雄大な景色も見られる春スキールートです。
(コンディションによっては、違うルートになることもあります)

 詳しくはこちらをクリックしてください。


ネクス チダ






最終更新日  2017/02/17 01:27:04 PM
2016/03/15

八戸店の袴田です!

3/13(日) 秋田駒ケ岳にてバックカントリーツアー行いました!

天気の良さにテンションも上がりますね(^_^)v

しっかり準備をして、いざ男女岳山頂を目指して出発!

 

秋駒2.JPG 

風もさほどなく、汗ばむほどの日差しに

こまめにレイヤリングを調整。

より快適に上るためのウェアはどんなものがいいのか、

考えながら登るのも楽しいものですね♪

 

かなり冷え込む予報であったため、

保温性を重視してメリノウールを選択したものの

この日のコンディションでは逆効果。

それでもレイヤリング調整でうまく汗抜けをコントロールできたため、

さほど汗冷えは気にならず、いい経験ができました!

 

秋駒5.JPG

2時間半ほど登って八合目の山小屋到着!

 

秋駒6.JPG

昼食ではNEX千田さん特製のチョコレートフォンデュが振舞われました♪

 

チョコレートの甘さが疲れた体にしみこむようなおいしさ!

市販の板チョコを適量の牛乳と一緒に火にかけ、

焦がさないように弱火で良くかき混ぜて出来上がり!

とっても簡単でおいしいッ♪

皆さんも是非試してみたください☆

 

 

秋駒12.JPG

お腹も満たされたところで再出発!

若干曇り空になるもまずまずのコンディションに

頂上へ向けて一歩一歩前へ進みます!

 

秋駒7.JPG 

いよいよ見えてきました男女岳山頂!

先客の方々が滑っていました(^_^)v

気持ちよさそうですね☆

時折ガリガリッと音がするのは斜面が凍っている状況だとすぐに理解できました。

 

秋駒11.JPG 

やっとの思いで頂上到着(^_^)v

田沢湖が見えてます!本当に気持ちイイですね☆

 

秋駒13.JPG

ワクワクする反面少しビビる袴田。。。

今年は納得のいく滑りが出来るように

ゲレンデで積み重ねた練習の成果が通用するのか。。。

いざ男女岳一枚バーンへ挑戦!!

 

秋駒9.JPG 

秋駒10.JPG 

みなさん気持ちよく滑り降りてます(^_^)v

登ってきた苦労が報われる瞬間です☆

辺り一面冬山に囲まれた景色での開放感はたまりません!

雪質の感触を感じながらテクニカルに滑り降りていく楽しさは

一度味わうとまた行きたくなりますよね(^_^)v

 

秋駒8.JPG 

頂上での記念撮影♪ パシャリ!

寒さも気にしない笑顔がとても素敵ですね(^_^)v 

参加いただきました皆様ありがとうございました☆

 

ちなみに私袴田、

昨年に続き2度目の男女岳テレマーク挑戦は無残にも当たって砕け散る結果に。。。

改めて山での対応技術の難しさを痛感しました(;´д`)トホホ。。。

いつかきれいなシュプールを描く日を夢見てまた一から練習に励みます!

 

 







最終更新日  2016/05/30 07:42:32 PM
2016/02/04

こんにちは、八戸店の杉本です(*^^)v

1/30(土)網張温泉スキー場(岩手県雫石町)

1/31(日)モヤヒルズ(青森市)にて

バックカントリースキー試乗会を行いました。

今回は杉本が同行した、網張温泉スキー場での様子をリポートします。

 

まずは、ネクスの千田から各スキーの説明です。

0.jpg

最近のスキーの進化は著しく、より軽くより簡単に滑れるようになってきています。

1.jpg

特にDYNAFITのTLT男性用新作ブーツは、1,530gでとても軽い!

従来のブーツより片足100~200g軽く、歩行モードでも負担が少なく済みます。

その日のスキー場はどピーカンの天気で風もなし!絶好のコンディション!

早く滑りたい気持ちが、参加者のみなさんからあふれてました。

 

さあ、それでは試乗会です。

あさイチから盛岡店の田所が準備したスキーに、それぞれ体験したい板を選びます。

3.jpg

ビンディングを調整しいざ出発!!

みなさんスキー経験者だけあって、すごくうまい!!

4.jpg

特にテレマークスキーの板をあんなに乗りこなす人は初めて見ました。

5.jpg

1時間ほどで次の板、次の板と変えて試していきます。

みんな気持ちよく滑って、それぞれの感想を述べていきます。

 

そして、田所がマンツーマンでテレマーク指導をしていた生徒さんが来ました。

6.jpg

うーん無駄のないスマートな滑り方。なかなかキマってます(^^)

 

さあ午後の部は、DYNAFITの渡辺さんによるバックカントリースキー講座

POMOCAというブランドのスキーシールを貼り、坂道をスキーで登る体験です。

裏側にシール粘着質がついていて、滑走面を滑らなくして歩けるようにするものです。

7.jpg

POMOCAブランドの物は、粘着質が特殊でシール同士くっついてもはがしやすく

はがした後のめんどくささを軽減したもの。

初心者の方が多く、先生の見様見まねで貼り付けます。

 

さあ、それでは出発!!

天気も上々、気持ちいい晴れ間の中スキーをスライドしながら登っていきます。

8.jpg

歩行モードでも、最新スキーは軽やかで動きもスムーズ。笑顔がこぼれます。

およそ100mほど歩いて目的地まで着き、スキーシールをはがします。

シール面どおしくっついても平気なので、シールを5~6回畳んで

上着のチャックを開けて中に入れちゃいます。かんたんかんたん。

後はかかと部分を固定して、軽快に滑り降ります。気持ちよさそう~。

11.jpg

わずか20分ほどですが、スキーで歩く体験に満足頂いたようです。

 

2.jpg

とにかく天気に恵まれ、ひとりスキー板5~6本は体験して頂いた試乗会でした。

 

 







最終更新日  2016/02/04 07:05:25 PM
2015/04/21

こんにちは!

八戸店の袴田です(^_^)v

4/19 秋田駒ケ岳にてバックカントリースキーツアー開催しました☆

秋駒3.JPG 

天気にも恵まれ、今日一日が楽しくなりそうな予感と期待を胸に、

しっかり準備を整えて出発!!

 

秋駒4.JPG

はじめはほぼ無風状態で、強い日差しにすぐ汗だく状態でした!

ウェアを調整しながら八合目小屋に到着するまでに約2時間半。

お昼休憩を挟んでさらに上の男女岳山頂を目指します!!

 

秋駒5.JPG

標高が高くなると次第に風も出始めましたが、

疲れが出始めている体には程よく気持ちよかったです(^_^)v

 

秋駒2.JPG

男女岳です!!頂上までもう一息☆

 

秋駒12.JPG

阿弥陀池は水面が顔を出し始めています♪

登山シーズンももうすぐですね(^_^)

 

秋駒9.JPG

やっと頂上に着いた~!!

ここまで休憩を挟んで約4時間ちょっと。

ですがここからが本当の楽しみですよね☆

皆さん疲れも見せずに笑顔で記念撮影!パシャリッ📷!

 

秋駒10.JPG

シールをはがしたらいよいよ斜面を滑り降ります☆

男女岳に皆さん思い思いのシュプールを描いていました♪

 

秋駒7.JPG

緩ーい斜面も景色を見ながら、おしゃべりしながら、のんびり堪能します☆

 

秋駒11.JPG

最後の斜面をじっくり雪の感触を確かめながら滑りました♪

 

秋駒1.JPG

最後は男岳、田沢湖をバックに撮った一枚!

バックカントリーシーズンも終盤ですが秋田駒ケ岳はもう少し楽しめそうです☆

苦労して登った分、滑って降りてくる気持ちよさに大満足の一日でした(^_^)v

 

 







最終更新日  2015/09/22 12:49:34 PM
2015/04/06

こんにちは!

八戸店・小清水です。

4/5(日)はスノーシューツアーで南八甲田にある逆川岳に行ってきたので
レポートします。

朝9時に城ヶ倉大橋の黒石側駐車場に集合です。

参加者は12名、気温3℃、天候曇り時々小雨。

集まったところで挨拶、準備体操をして出発で~す(^_^)/

P4050003.JPG

まずは急斜面をツボ足で登ります(^^)

P4050013.JPG

登ったところでスノーシューを履いて逆川岳山頂を目指します!

P4050018.JPG

途中、野ウサギが通り過ぎましたが、見とれてシャッター押せず(^_^;)

次を期待しましたが、出てきませんでした(そんなもんですよね)

P4050022.JPG

ブナ林を皆さん、軽快に歩きます♪♪

P4050026.JPG

歩きます・・・

P4050045.JPG

歩きます・・っと、そろそろ頂上、着いた~!!・・・真っ白(・ω・)

まあ、これも自然の表情ですね(*^_^*)

P4050050.JPG

頂上で集合写真(正面の木に逆川岳とプレートが付いています)

P4050055.JPG

よ~し、メシメシ♪

っと、風が冷たいのでツェルトを立ててご飯にしましょう!(^^)!

P4050057.JPG

この後、スタッフが皆さんへラーメンのお振舞☆

この瞬間が一番盛り上がったのではないでしょうか(^^♪

雪山で食べるラーメンはサイコーですよね!!

P4050059.JPG

ツェルトの中をお邪魔します(^_-)-☆

P4050064.JPG

P4050063.JPG

片付けて穴を埋めたら帰りましょう★

P4050067.JPG

無事到着♪

14時30分、解散です。

皆さん、お疲れ様でしたm(__)m

P4050077.JPG

登って行くにつれて、天候が変わり、風が出てきたり、気温がぐっと下がりましたが、

参加者・スタッフが怪我することなくツアーを終えることが出来ました。

またの参加お待ちしています!!

 

 

 







最終更新日  2015/09/22 12:49:51 PM
このブログでよく読まれている記事

全35件 (35件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR

カレンダー

カテゴリ

プロフィール


ghstaff1

サイド自由欄


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.