1298120 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

グリーンハウススタッフBLOG(1)

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

■アウトドアイベントレポート

2018/07/01
XML
こんにちは。
チームNEXTのチダです。

7/1の宇樽部キャンプ場OPENを目前に、プレオープンイベントを開催いたしました。

いたずらに手を入れない自然美あふれる宇樽部キャンプ場。
全国からお客様が訪れるキャンプ場です。

そんなキャンプ場のプレオープンイベント!


今年はお店とのコラボがありました。

こちらは、青森市にある人気「イタリアンレストランLINCE」リンチェさんによる
「燻製教室&試食会」

大人気でした!


それから
創業明治6年、おいらせ町の「川越せんべい店」さんの出張販売

なんと145年の老舗です。すごい!



手焼きせんべいの講習会の講師をお願いしました。

やっぱりプロは違います!


チャムスの出張販売とオリジナルキーホルダーづくり

こちらも人気でした。


宇樽部キャンプ場にはちょっとした砂浜があります。

楽しそうです!



棒パン作り中です\(^o^)/

「たのしい~い!」



今回、初登場「ジブリン」バンドによる

アコースティックライブ♪
皆さん、聞き入ったり、手拍子したり、楽しんでいました♫


「コロンビア モントレイル」さんのトレイルランニングシューズの

試し履き用貸出しと、


プチトレイルランニング

大人はもちろん、子供たちも大はしゃぎです!


そして、大人気だった

フォールディングカヤックの試乗会

など、


天気にも恵まれた「宇樽部キャンプ場プレオープンイベント」でした。

宇樽部キャンプ場は、7/1OPENしました。

フリーサイト、電源付きのオートサイト、人気のコテージもあります。
詳しくは​​​こちら​​​​をご覧ください。
皆様のお越しをお待ちしております♪






最終更新日  2018/07/01 11:50:08 AM
2018/06/18
こんにちは。
チームNEXTのチダです。

気持ちのいい牧野歩きと山頂からの大展望が楽しめる山
「七時雨山」に登ってきました。

放牧が行われている草原歩きから始まります。


牛のウ◯チを踏まないように注意しながら進みます。


この日は、遠くでお食事中でした。


3合目からいよいよ樹林帯に入ります。

ブナやミズナラなどの優しい緑色が美しいです。


ゆっくり確実に歩を進め、山頂到着!

七時雨山は、双耳峰です。
ここは、1つ目、三角点のある北峰、標高1,060mです。
皆さん写真を撮っています。


「さあ、もう一つの峰、南峰はもっと展望が良いですよ~」

と、いうことで、もうひと頑張りして、最高峰1,063mの南峰到着です。

ハイ、チーズ(^^)

ちょっと、雲が多く、岩手山は見えませんでしたが、
姫神山や田代山、それに田代平高原の眺望を楽しみながら昼食を楽しみました。
あまりに気持ちがよく、30分の休憩予定が45分になっちゃいました。


下山後は、七時雨山荘のお風呂で汗を流してさっぱり。
お疲れさまでした。



さて、只今、7/15の秋田駒ヶ岳(八戸発着)の参加者募集中です。

全国的に見ても屈指の花の山。
ちょうど、山野草の女王と言われる「コマクサ」や
「ニッコウキスゲ」の大群落を楽しめる予定です。

 無料駐車場あります。


チームNEXTのチダでした。






最終更新日  2018/06/18 09:46:16 AM
2018/05/14
~ 5/13(日)の グリーンハウス八戸店 ~

日本山岳ガイド協会公認ガイドの佐々木氏をお招きし、
「初心者の登山教室」を開催いたしました。
メインテーマは、
「安全で楽しい登山をするために」と「怪我をしないために」でした。



スライドを使っての山の紹介や、
服装と装備の紹介と使い方、
歩き方のコツなどをわかりやすく楽しいトークで教えていただきました(^^)



登山靴を履く時のポイントや
靴のままでレインパンツを上手に履く方法、
雨が降ってきた時に素早くレインウェアを取り出すための方法など
説明書には書いていないちょっとした裏技に
皆さん「なるほど~!」とうなずかれていました。


また、しっかり計画を立てる事も大事で、
その参考になるガイドブックとして
山と渓谷社の「分県登山ガイド」をお薦めしていました!



中でも、↑20年ぶりに改訂された「岩手県の山」は昨年12月に発行になって以降、
​​盛岡の大型書店の週刊ランキングで何週にもわたってNO.1を続けていたとの事。
グリーンハウスで売ってます。​(もしない場合は、スタッフに聞いてみてください)​

★バスで行く八戸発の登山ツアー2本決定しました。
6/17七時雨山 7/15秋田駒ケ岳
​​詳しくは、こちらをご覧ください。​​

なお、ツアーお申し込みの方には
グリーンハウス八戸店で使える

割引券を差し上げます。



今回の登山教室についてのお問合わせは、
チームNEXT(八戸店内)
     直通TEL:080-6042-2206
     メール:next@ys-greenh.com までどうぞ。


イベント企画 チームNEXTの チダでした。
​​






最終更新日  2018/05/14 04:33:20 PM
2018/04/05
3/31、4/1にスキーの試乗会がありました。
ご参加いただいた方ありがとうございました。

写真は3/31下倉スキー場での様子


来季2018/19モデルのスキー用品予約受注を行っております。
4月30日までにご予約していただくと特別価格でご予約できます。

ご予約はグリーンハウス各店へ
・八戸 0178-24-6242
・青森 017-752-1024
・盛岡 019-681-887






最終更新日  2018/04/05 07:10:16 PM
2018/02/01
先週の1月最終土曜日、おいらせもりのようちえんさんとの共同企画で
スノーシュー&エアーボード体験会を、おいらせ町カワヨグリーン牧場で行いました。

参加者は地元の子どもたち、しかも今回は1年生から4年生ぐらいまでの小学生。
大寒波到来中でしたが、気持ちよく晴れて子供たちもワクワクの様子。


それでは、千田センセイ言うことを早速歩いてみましょう!

足につけたスノーシューが珍しいのか、みんな下ばっかり見て歩きます。


そのうち慣れてきて自分たちで歩き始めました。子供は覚えるのが早い!

まだ踏んでない雪のところに足跡をつけられるので、みんなきゃあきゃあ歓声が上がります。

さあそれでは走ってみようか!よーいドン!一斉にダーッと駆け出します。







そして
お馬さんに大根の葉っぱをあげたり、羊の牧場に入ってまだ踏んでないところに絵をかいたりしました。



お楽しみはエアーボード!
雪はそれほど締まってないのですが、子供達にはちょうど良いスピードが出るようです。
うわー!うわー!歓声が止まらず、何度も何度も繰り返します。




そしてティピーテントの中でお待ちかねのおやつタイム。
今回は自分たちで作るスープマカロニとチョコフォンデュを行いました。


みんな初めての体験だったようで、おいしい!もっと!と声が上がります。
そのうち、おかわりないの?と言われましたが、食材はすでに尽きました。
子供の食欲はなめてはいけなかったか・・・

おなかが満たされたら、またエアボードに繰り出します。


それにしても子供たちの体力は無限です!
スタッフたちは疲労困憊です。
それでもみんな喜んでくれたし、初めての体験はかなり楽しかったようです。










最終更新日  2018/02/01 12:08:18 PM
2017/09/11
​こんにちは。ネクスのチダです。

​​「十和田湖カヤックツーリング」​​Vo.3​
​ 1泊2日の十和田湖カヤックの旅です。​​​​​

​​​​2日めの早朝、外が明るくなって目が覚めました。
一瞬、​「もう朝か、もう少し寝よう」と​思ったのですが、
「ん?待てよ。ひょっとまだ夜明け前?」
外を確認すると、まだお日様が上がってない。

「今、起きれば ご来光カヤックができるじゃん。」


と、いうことで撮れたのがこちら

十和田湖の東岸に昇る朝陽を十和田湖のカヤック上から目撃することができました。
感動の瞬間です!
カヤックの上から見るご来光、湖面に反射する光景。
山で見るご来光とひと味違います!



もちろん陸からも美しいです!




さあ、積込OK。「今日は、たくさん漕ぐよー!」




いい天気!まずは、北に向かいます。



この辺は、エメラルドグリーンですね。



途中、ちょっと上陸してみます。


「東北自然歩道」の道標がありました。

現在は、整備されておらず、通行止めになっています。残念。


さあ、この辺から御倉半島方面に舵をとります。
そう、Vo.1でお話した「御門石」を目指します!

真ん中に写っている御倉半島。湖面から300mもの高さがあるのに小さく見えます。
十和田湖はでっかいな~。


漕いでも漕いでもなかなか見えてこない御門石でしたが

ようやく、見つけました!

御門石の上に立っているのがわかりますか?
後ろにドーンと見えているのが、さっき、小さ~く見えていた御倉半島です。


 ↓下の図で位置関係みてみると

 赤の点線がルートです。左上から御門石に着いたところです。

 御門石がどれだけ小さいか、また、それが十和田湖の中央にあるのがお解りいただけましたか?


それにしても高さ1mも顔を出していないので、
カヤックからの目線ではかなり近づかないと見えない見えない(汗)


みんなで上陸!​​

これは、御鼻部山側から中湖側を撮ったものです。イメージできるかな?



​​J​​君テンション上がってます!


ちょっと おやつで空きっ腹をごまかした後、
記念撮影をして、東岸目指し再スタート。


実は、今日は、結構、波・うねりがあったんです。

 ↑このうねり。白波も見えるでしょ。

 
でも、皆さん漕ぎなれて、後半はこの余裕!



で、東岸の「大畳石」に上陸です。

広~~い一枚岩になっています。去年より水が多い様です。


 ↓ これ去年の大畳石




バンザ~~~イ!


大畳石で昼食です。

たっぷり野菜と昨晩 仕込んだスモークチキンのサンドイッチ
めちゃめちゃ美味かった~!



1泊2日の十和田湖カヤックツーリング2017





PS.今回のツアーは、「八甲田山ガイドクラブ」さんにご協力いただきました。
ちゅうさん、たけちゃん、のりちゃん ありがとう!


それから、もう一つ、
「アルフェック フォールディングカヤック」の
お問合わせ、ご相談は、
グリーンハウス八戸店、青森店、盛岡店、またはネクスのチダまでお願いします。



リポーター
ネクス Hiroひよこ​​






最終更新日  2017/09/11 01:28:24 PM
2017/09/10
​こんにちは。ネクスのチダです。

​「十和田湖カヤックツーリング」​
 1泊2日の十和田湖カヤックの旅です。​

さあ、キャンプ場に湖からチェックインしたら、寝床の確保です。

それぞれ、お気に入りの場所にテント設営です。


テント村ができました。


私は、今回、荷物を減らすためツェルトにしました。
ポールは、パドルで代用です(^^)


こちらのキャンプ場は、直火OKということで、薪を集め夕食作りが始まりました。

まずはご飯から。



そして、おかず。



日が暮れ始めました。


​​​
雲が夕陽に染められていきます。




​炎の料理人​ 登場!




​美味しそう\(^o^)/​​​


​いっただきま~す。​
※美味しくて食べるのに夢中だったため食べてる写真はありません。



そしてお腹を満たした後は、

カヤックで星明かりツアーに出かけました。

雲ひとつなく、辺りは真っ暗。
そこには満天の星空が広がっていました。
カヤックに寝転がり、しばしその美しさと静寂の贅沢な時間を楽しみました。



さて、陸に戻り、おやすみなさい という訳はなく、、、


焚き火を囲んで酒宴の始まりです。

焚き火って良いですよね。
楽しい時間はあっという間に過ぎてゆくのでありました。



おやすみなさい。

ZZZ。。。



Vo.3へ つづく



Hiroひよこ​​​​​​​​






最終更新日  2017/09/10 09:00:07 AM
2017/09/09
​こんにちは。ネクスのチダです。
今年もやりました!

​「十和田湖カヤックツーリング」​
 1泊2日の十和田湖の旅です。​

えっ!そんな企画あったかって?
そうなんです。本当は、「北上川リバーツーリング」の予定だったのですが、大雨で増水したため断念。
その代替ツアーとして企画したのでした。
代替ツアーといっても、と~っても楽しいツアーになりました。
来年は、初めから十和田湖ツーリング企画も良いかなと思うくらい。



さて、今回も使用したのは、↓こちら「アルフェックのフォールディングカヤック」です。

折り畳むと軽自動車にもラクラク入る大きさ。保管場所にも困りません。
コクピットの前後にキャンプ用具を積むこともできて とっても便利!



十和田湖は周囲46㎞もあるでっかい湖です。1泊2日でも 一周なんて無理。
ということで、ここで今回のルートをご紹介。

大川岱から出発します。

西岸を北上し、滝の沢キャンプ場へ。

そこで1泊し、翌日、北東の岸沿いを観察しながら進みます。

そのまま、岸沿いを進んでも良いのですが、
今回は、十和田湖の真中に浮かぶ島「御門石」を目指します。
知ってる方は意外と少ないのではないでしょうか?
「みかどいし」と読むのが正しいらしいですが、「ごもんせき」とか「ごもんいし」とも呼ばれています。
十和田湖は最深部327mという日本で3番目のとっても深い湖です。
この辺りも、水深は70mです。そんなところにある小島なんです。
つまり、湖底に標高70mの山が沈んでいて1mくらいだけ頭を出している感じです。
十和田火山の熔岩ドームの一つなのです。

そしてそこから、東岸へ渡り、子ノ口の少し上のあたりがゴールです。


さあ、まずは、カヤックの組立から。
アルミフレームを連結し、本体(幕体)を被せれば完成です。

いいお天気。広い芝生の上での作業は順調に進みました。



出艇場所に移動します。



テントや着替え、鍋や食材など積込んで、出艇です。
アルフェックの2人乗り用は、たくさん荷物を詰めるので、このツアーにもってこいです。



いざ、出発!
まずは、漕ぐ練習です。

バックには中山半島や十和田山が見えています。



今日はカヤック日和です。

青空と雲のコントラストが美しいです。気持ちいい~~~!


岸に近づくと



十和田湖が火山である痕跡が随所に見られます。


今日は、のんびり行きま~~~す。

こんなことも しちゃいました(^^)



岸沿いの枝の下をくぐるのって楽し~~~い!

カヤックだからできる醍醐味です。




そして、今日の目的地、「滝の沢キャンプ場」が見えてきました。



とう~~~ちゃく!



湖からチェックインです!


さあ、この後は、テントを張って食事の準備で~す。



Vo.2へ つづく


Hiroひよこ






最終更新日  2017/09/10 02:22:03 PM
2017/07/21

おはようございます。ごぶさたの八戸店杉本です(*^^)v

7/19(水)の平日、グリーンハウスのバスツアーで岩手県の早池峰山に登ってきました。

今回はお客様15名とメインガイドの千田・下っ端杉本で挑みました。

朝9時は曇り空。バスの中から美しい山並みの早池峰山が拝めませんでした。

さっそく登り口の小田越登山口でストレッチ体操です。



頼むから雨だけは降らないでくれよ~。

それではしゅっぱーつ(*^^)/。


森の中は約30分歩きます。途中にはケモノよけの”ガンガン”が数か所設置されてます。

とりあえず記念にたたいておきましょう。





そして曇り空のまま森林限界地点へ。

相変わらず曇りですが、カンカン照りより暑くなくていいや、と慰めつつ進みます。



ごつごつした登山道はどこまでも続きます。

メインガイド千田の歩のすすめ方が勇ましく感じました。

振り返ると雲の切れ間から、向かいの薬師岳1644mが姿を現しました。

絶景!まさに絶景!のひとことです。



そして足元にはここにしか咲かないハヤチネウスユキソウが見れました。

フワフワの花びらです(;''∀'')。





さあ、ご褒美をもらったら最大の難関ハシゴ登りです(゜-゜)。




ちょうど曇りはじめて上が良く見えません。慎重に慎重に一歩ずつ進めます。

どこがゴールなの~?


ココを登り切れば8合目、あとはラクラクです。山小屋までのルートも美しいです。




そして3時間ちょいでようやく頂上です!

記念写真パチリ





疲れもあるのですが、登頂した喜びも大きく自然に笑顔が出ましたよ(^^)。


道のりは険しいけれど天気に恵まれ、楽しい山歩きになりました。


帰り道は同じコースを戻りました。

下山途中のみなさんで、美しい斜陽の薬師岳に見とれるの図。


最高の思い出の山となりました~(^O^)/。


※もう一つのルート河原の坊のコースは、
登山道の一部が崩落し2016年5月より通行禁止となっております。
復旧時期は今のところ未定との事です。







最終更新日  2017/07/21 08:51:54 PM
2017/04/18
こんにちは。ネクスのチダです。

4/16(日)グリーンハウス主催
「2017-18NEWモデル 山スキー試乗会 in 八甲田国際スキー場」 を開催いたしました。

テレマーク75mm、AT、NTN、TLT、スプリットボード、それに、ブーツ、ビンディング。

メーカー・ブランド別だと、ベクターグライド、K2、ライン、エラン、G3、ブラックダイヤモンド、ムーブメント、ディナスター、RMU、スコット、クリスピ、スカルパ、K2、マーカー、ATK、フリッチ、G3、ロッテフェラ、22デザインとグリーンハウス主催の試乗会としては、最大規模!


そして、開催時間前から待ちきれない皆様が続々ご来場。











いろんなモデルや機種を試乗していただきました。

最近、業界的には、ATスキーの勢いに押され気味のテレマークですが、
この日は、テレマークファンの方にもたくさん来ていただき、
テレマーカーの端くれの私としても嬉しかったです(^^)


たくさんのご来場ありがとうございました!

また、メーカー・関係会社の皆様ありがとうございました!

八甲田山は、まだまだ春スキーシーズンが続きます。






最終更新日  2017/04/18 12:41:58 PM

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR

カレンダー

カテゴリ

プロフィール


ghstaff1

サイド自由欄


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.