2184500 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

グリーンハウススタッフBLOG(1)

全224件 (224件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >

■アウトドアイベントレポート

2020/08/29
XML

こんにちは。グリーンハウスのチダです。

先日行われた「北上川リバーツーリング2020」をリポートします。




まずは、自分が乗るカヤックを組み立てます。

アルフェックのフォールディングカヤックは、
コンパクトに折り畳んで運ぶことができるので
今回のようにスタートとゴール地点が違うリバーツーリングにも
とっても便利なんです!




アルミのフレームを組み立てたら本体(幕)をかぶせて完成です。



カヤックが完成したら漕ぎ方の練習です。
「これ、パドルって言います」
「右で引いて、同時に左で押すと楽ですよ!」



荷物を積み込みます




さあ、1泊2日のリバーツーリング スタートです!



実は、昨夜の雨で少し増水したんです。
水量が多いとあまり漕がなくても川の流れで勝手に進みます。



楽ちんです!




「今日のキャンプ地はここにしましょう」
と、いう事で上陸。



奥に岩手山、対岸にはサギの群れがいます


テントを張ったら

みんなで薪拾いして、みんなで食事準備。

いい匂いがしてきたぞー!


「いっただきまーす!」



そして、夜は更けていくのでした。
ZZZ。。。



さあ、2日目

「後半、大きい瀬があります」「橋脚に気を付けて」とか
注意事項を確認したら



「2日目、スタート!」



「はぁ~~~い!」



青空が広がりました!

「それにしても暑っつ!」



「岩に注意してっと」



「瀬、来たぞーっ」



「うぉーーーっ」




立ちこぎもしちゃいました


「そろそろ、ゴールだよー」

「えっーもう終わり!?」

楽しい時間はあっという間に過ぎてゆきました。



「楽しかったぞ~っ!」



おわり







最終更新日  2020/08/29 10:44:50 PM


2020/07/28
こんにちは杉本です。
7月の23~26日の4連休中に、八戸市の八食センターでWEBERチャコールグリルの体験会を行いました。
八食センターが誇る新鮮な食材を使い、アメリカNo.1の売上げのチャコールケトルでおいしく調理して食べちゃおう!という企画です。

会場にはWEBERのチャコールグリル57cmの最新型が準備されています。
ウェーバーオリジナルケトル チャコールグリル57cm / 温度計付 ¥34,990(税込)


レシピをご紹介するのは八戸店のキャンプ担当、亀橋です。
今回はキャンプで大人気のビア缶チキンを作ります。
初めて使う直径57cmのBBQグリルに参加者様はドキドキです。


準備するのは丸鶏1羽、缶ビール、塩コショウ、ビア缶チキンスタンドです。
まずは、丸鶏全体に塩コショウを振ってすりこみます。


その後、缶ビール(何でもよい)を半分の容量にして、丸鶏のお尻から差し込みます。
そしてビア缶チキンスタンドにセット。
下ごしらえはこれでおしまい!拍子抜けするほどカンタンです。

「ビールは、焼くときの熱で蒸発し、鶏の内側から水分も補って鶏肉が柔らかくなります。」と亀橋から説明。

さあ、それではビア缶チキンを炭で熱くなったグリルの中にセットして蓋を閉めます。
ここからケトル内の温度を200度ぐらいに保ち、およそ30分間じっくり焼いていきます。


「ホントにこれでできるの?」参加者様も手間がほとんどないので困惑してます。



約20分後、丸鶏の一番中に温度計を差して測ってみます。
中まで火が通り安全に食べられる温度は75度以上。もう少しです!



さらに約15分後、きれいに焼き上がりました!!



「おいしそう!」「意外と大きい!」
出来上がりのいい焼き色にテンションが上がります。
そしてさっそく切り分け。アツアツで中からは湯気が立ちます。


「おいしい~!」「ビールが欲しい!」出来上がりに大満足な様子。
中には、まるまる一羽食べ切ったご夫婦もいらっしゃいました!
今スグ食べないと、このパリパリ感がなくなっちゃう!とのことでした。
ビア缶チキン大成功です!



みなさんもWEBERのオリジナルケトルでおいしく調理してみませんか?
色んなサイズや形の違うものがありますので、ご家庭にあったものをお選びいただけます。
グリーンハウスでお確かめください。






最終更新日  2020/07/31 06:08:13 PM
2020/02/12

​こんにちは。グリーンハウスのチダです。

「実践!はじめてのバックカントリースキー」in十和田湖温泉スキー場に行ってきましたよ!
暖冬小雪の今冬ですが、ようやくふわふわのパウダースノーが降りました!


気温は-6℃



まずは、ビーコンの装着方法、装備品の収納方法、低温時のスマホのバッテリー対策など
教科書には書いてないお話を。



さあ、シールをつけたらスタートです!
今日は、歩いて歩いて歩いて歩いて、最後にちょっと滑るツアーです(笑)

実は、バックカントリーは、滑るより歩くのが楽しいっていう方、結構多いんです。
私も多分そっちかな。


「行ってきま~す!」

皆さんに先頭と後方のポジションを体験していただきました。

「先頭は、疲れるでしょ?」


「ほんとだ~ 先頭は雪の抵抗や重さがあって大変!」

「そうなんですよ。
 夏山の場合、体力に自信がない方は、先頭ガイドの直後を歩くと楽ですが、
 スキーの場合は、数人歩いて踏み固めたトレースの上を歩く方が楽なんですよ。」



現在の気温は、-6℃
昨日から20㎝くらい新雪が積もりました。
こんな日は、プチトラブルが発生するもの。
ビンディングが凍ったり、雪が挟まったりして動かなくなることはよくあります。
そんな時は、知識と経験がものを言います。

それから、登行時は、いかに楽に歩いて体力を温存するかも大事です。
必ず、自分の足で帰ってこなきゃいけませんからね。
「すねのバックルは、緩くするといいですよ。ほら、こんなに可動域が広がります。」
そんな話をしながら進みます。


雪が降りしきる中、ツアーは順調に進みます。

「楽し~い!」



「さぁ、ここで休憩します。」

「八甲田山の峰々が見えてますね~」って、言うはずでした。晴れてれば。(写真は以前撮影したもの)




ツェルト(簡易テント)設営中です。
雪を掘ったり、積んだり、うまく利用します。


設営完了!

ラーメンの準備です。
実は、お湯を入れた保温ボトルを手分けして背負ってもらってきていたのです。


「スキーは、台にもなるんですね~」


「完~成っ!」「チダシェフ特製あったか味噌ラーメン」

たかがインスタントラーメン、されど侮るなかれ。
昨日仕込んでおいた具で うまみ倍増! あっ、具が隠れてる(汗)

「おいし~い!」



午後の部、スタート!

「おっ、カモシカの足跡がありますよ!」




「奥に見えてるのが階上岳です」って言うはずでした。晴れてれば。(写真は以前撮影したもの)



今日の写真はこちら。


それからこちら。


この後、ちょっとだけ滑ったのですが、誰も写真を撮っていませんでした(笑)


ゴールで記念撮影

「たのしかった~」




 おわり







最終更新日  2020/02/12 12:13:13 PM
2020/01/29
こんにちは(^^♪
チームNEXTのタナカです。
1/26に『実践!初めてのスノーシュー㏌小岩井農場まきば園』に行ってきました。



雪が少ないかと、心配でしたが、積雪が30センチあり良かったです。



午前中は、スノーシューの試し履きです。
最新のスノーシューがたくさん♪



実際のフィールドで比べながら、自分に合うスノーシューを選ぶのは楽しいですね。



小岩井農場まきば園の大宮さん!!Boaシステムのスノーシューをお試し中。
着脱のし易さに感動しておりました。



スノーシューの履きかたをレクチャー中




午後からガイドをしていただくのが小岩井農場まきば園の佐藤さんです。
アシストとして大宮さんも同行していただけました。



手作りアイスの仕込み中



アイス作成中です。
ケースを転がしながら、スノーシューで歩くだけでアイスができあがります。




それぞれお気に入りのスノーシューでスタートです。風もなく気候は心地いいです。




美しい景色を見ながら、森へ向かいます。



クイズです。なんの動物の足跡でしょう・・・・・・・・・・・・・・こたえは下にあります。
ヒント・モデルのように歩くそうです。

こたえ:キツネ



100年杉の間から青空が見えます。




アイスはできているのでしょうか・・・・



アイスできました♪



シャキシャキして美味しかったです。



みんなでおいしくいただきました。



森の滑り台です。



滑る速さは人それぞれでした♫






大雪原で横になり、自然を体感中



大雪原をスノーシューで歩くことで、自然を満喫できました。








最終更新日  2020/01/31 05:49:01 PM
2019/10/24
こんにちは杉本です。
10月6日紅葉の八甲田山へ行ってきました。




今回はロープウェイで1320mまで一気に登り、赤倉岳・井戸岳・大岳の三座の頂上を踏み
毛無岱の草紅葉を見て、酸ヶ湯温泉に下りるルートです。



ロープウェイ山頂駅に到着。



準備体操をして、いざ出発!





1時間半ほど歩いて赤倉岳山頂につきました。時おり青空が見える場面もありましたが、山頂はいち面霧の中。




大丈夫!天気は回復するはずです。
ガイド千田氏の言葉を信じ、めげずに歩いて大岳避難小屋を目ざしました。





避難小屋に到着するやいなや、今までの霧が嘘のように無くなりました!
縦走してきた赤倉岳をバックに写真をパチリ。




お昼を軽く済ませて、大岳頂上(1,584m)を目ざします。
避難小屋からの標高差は145mあります。
それにしても気持ちのよい青空。




30分ほどで大岳頂上へ到着!




雲の切れ間から青森市内が見渡せます。絶景絶景!!



頂上からの眺めを楽しんで、次は毛無岱の紅葉を目指します。




上毛無岱の大湿原の中に入りました。




草紅葉のあざやかさと、白い雲のコントラストが印象的です!






階段の下りで、下毛無岱の大湿原をバックに記念写真。




登ってきた山々を指さし確認します。




左からロープウェイの山頂田茂萢岳、赤倉岳、雲に隠れた井戸岳、そして半分見えてる大岳です。


みなさんは
この時期ならではの絶景にすっかり魅了されていました。
とっても楽しい山歩きでした。






最終更新日  2019/10/25 01:16:08 PM
2019/10/10

こんにちは。
チームNEXTのチダです。
遅くなりましたが、9/22に三ツ石山の紅葉を見てきました。



網張温泉スキー場のリフトを乗り継ぎ、犬倉山~大松倉山と縦走する予定でした。
ところが、台風17号が西日本を北上中、夜には北東北に近づく予報。
山の天気は早めに崩れることが多いので、予定変更。
奥産道からの最短ルートを往復することにしました。


歩き出すと、いきなり雨雨
「予想より早いな(汗)」
で、カッパ装着!
ところがカッパ着ると止むんです。
ま、止んでくれた方がいいんですけど。。。


と、いう事で、その後は順調に進みます。
三ツ石山荘到着です。


三ツ石山の頂上が見えています。


足元にはリンドウ。バックは岩手山です!
ここまでは、あまり紅葉が進んでいないような気もするのですが・・・


「ほら~、見て見て!」


「きれい~葉
頂上は素晴らしい紅葉が広がっていました!


そしてこれを登るとほんとのピークです。



看板を入れて記念撮影!
赤、黄、橙、緑のいろんな色が作りだす自然の芸術に、思わず長居していました!


おわり








最終更新日  2019/10/10 07:10:22 PM
2019/09/27
こんにちは葉

八戸店三浦です!

9/8に”八幡平”にお客様と登ってきましたスニーカー

しかも今回は”女性限定”山歩き!!!!

ね?女性しかいないですよね?!グッド

更に、人気女性ガイド”ミキティー”こと、大川美紀さんのガイドのもと楽しい山登りが始まりました!!!

八幡平駐車場でストレッチをして、いざ山歩きぐー
この日は天気に恵まれて、水分補給をしっかりとりながらの登山に!!!



登山中はミキティーから八幡平の山の知識を聞きながら、メモを取ったり、写真を撮ったり!

途中、鏡沼→めがね沼→八幡平頂上晴れ

みんなで、”八”​​​​のポーズ!!(←八幡平だけに)

そこから歩いて、八幡沼に向けて出発ダッシュ

向かってる途中は山トークや趣味の話などスマイル


八幡沼には、”避難小屋”があるので、ちょっと寄り道して中を見学!(写真に見えてる茶色い建物です)

来年は避難小屋に泊まってナイト登山&ご来光月晴れイベント?!を計画中だとか・・・!

9月になると生えてる草花も徐々に茶色く色づいてました葉

歩いてる途中には山ならではの生え方をした花が沢山!

源太森山頂まできてところでミキティーから”冷たい梨”と”こんにゃくゼリー”の差し入れがりんご
山の上で冷たい物が食べれるなんて最高ですねグッド

12時ころ黒谷地に到着!
みんなでお昼ご飯におにぎりラーメン食事

木のお弁当箱におにぎりや、バーナーを持ってきてラーメンを食べたりグッド
山で食べるご飯は一段とおいしいですよねウィンク

休憩中もミキティーからレインウエアを着るときの豆知識など、為になる話を!↓実演中!!
お腹を満たして、再出発ぐー
途中湧水を汲めるところに立ち寄って、午後の水分補給を!


午後の天気も良くて、小まめに休憩しながら次の目的地に旗
茶臼岳に到着!やってきましたー!



絶景ですよね?!黄ハート

ここで、ミキティー主催の”お茶会”が日本茶きらきら
休憩中の楽しみ方も女子ならではちょき



ミキティーすごい!!
スタッフ三浦、盛岡店福田も白玉ぜんざい、ドライフルーツのお菓子を持参食事


おいしそうに食べてる姿を見れてスタッフも大満足泣き笑い

ミキティーが秋田から持ってきてくれたこのおばこ餅!絶品でした。
秋田でも販売している所が限られているとか?!ぜひ、見つけたら食べて頂きたい一品ですきらきら



次は写真撮影会?!カメラスマイル
岩手山をバックに今日の思い出をパシャリきらきら

上ったことのあるお客様はこの集合写真を見てビックリしませんか!?
実はこの岩、周りが崖になっているのでとってもスリリング!!!
登山に来ていた他のお客様から「すごいー!」との声が炎
上っている自分たちは楽しんでましたスマイル

帰りは岩手山を前にゴールへ旗

前後ろとお客様の話声でとっても楽しい登山でした!!!
皆さんゴール直前でもこの笑顔スマイル

天気に恵まれて、無事ゴール出来てとっても楽しい女性登山でした!
来年も女性登山ありましたら、ぜひ参加してみてください赤ハート

さて、次のイベントは秋の”八甲田”葉
紅葉を見ながらの登山はほんの一瞬きらきらこの機会にぜひ!!

写真をたくさん撮ったので、お見せしたくて長くなってしまいました泣き笑い
ご覧いただきありがとうございました!






最終更新日  2019/09/27 09:46:59 PM
2019/09/19

2日目は快晴!
出艇準備です。

荷物を積込み、コースの確認中



この天気です!



パドル操作も快調です



カワウの大群です



橋を作っていました
この角度からみることはなかなかないと思います。


天気予報では最高気温36℃ほえー




という事で、みんなで水浴びしました
体温が下がり、涼しくなりました!


そして、この日の後半、

スリリングな瀬が出てきました。


Let's try!

「さあ、行くぞ!」

「漕いで」


「漕いで漕いで」


「漕ぐのです!」

漕がないとカヤックは簡単に横にされ「沈」してしまうんです。

今日は、全員クリアしました!




楽しかったぞ~!

また来年バイバイ


おわり

【前半】をご覧になりたい方はこちらをクリック







最終更新日  2019/09/19 12:42:07 PM
2019/09/12

​こんにちは。
チームNEXTのチダです。
昨年に続き、今年もやりましたよ!
「北上川リバーツーリング」


前・後半に分けてお伝えします!


まず、位置を確認しておきましょう。
北上川は、岩手県岩手町から宮城県石巻市へとつづく全長249㎞の東北最大の河川です。

2018年は、花巻市石鳥谷から北上市展勝地までの27㎞
そして今年2019年は、
北上市展勝地から奥州市水沢までの26㎞です。
イメージしていただけました?


さあ、まずは、カヤックを組み立てます。

アルフェックのフォールディングカヤックは、組立簡単で小さく折りたためるので
今回のような川下りに便利です。
フレームを組んだら、本体の幕帯をかぶせて・・・


さぁ、完成です!


ライフジャケットを着けて準備OK

さあ、1泊2日の川旅スタートです。



北上の街にお別れです。



直前に通過した台風が降らせた雨のおかげで、渇水状態だった川の水はたっぷりです。



新幹線です。連結してますが、、、
右はおなじみの「はやぶさ」、でも左の白っぽいのはなんだ???
あとでググってみるとどうもこれも「はやぶさ」らしいです。
多分、お盆とか利用客が多い時の臨時便なんじゃないかなと思うのですが。。。



ツアーは順調に進みます。



「今日は、ここに泊まろう」という事で、河原に上陸です。



テント村ができました。



みんなで薪拾いをしたあと、夕食準備です。



いい感じです!



「ご飯はどうかな?」
「おっ!いい感じだぞ~‼」



「さあ、できたぞ~~~」「おいしそう~」




「いっただきまーす!」




空は夕陽に染まっていきます



パドルで作った即席ランタンハンガーも いい感じです?



写真は撮れませんでしたが、見上げれば星空が広がっています。

焚き火を囲み、楽しく夜は更けていくのでありました。

Zoo Zoo Zoo・・・


【後半】はこちらからご覧になれます








最終更新日  2019/09/19 12:43:24 PM
2019/09/05

こんにちは。

チームNEXTのチダです。

今回は、穂高岳に登ってきたときの装備をご紹介します!

◆主なものは、↓ ざっとこんな感じです。

・革手袋
・単眼鏡
・折畳傘:ふもとの平坦で広い道を歩く時用です
・ドライレイヤー:<ミレー>のドライナミック(汗冷えしません)
・ヘッドライト:暗い時の歩行や、山小屋で必要です。遭難時にも。
・ヘルメット:岩場の移動時に必須です
・帽子(キャップ):ヘルメットの下にかぶるのでハットでなくキャップがお勧め
・サムスプリント:捻挫や骨折時の副木です
・スリングとカラビナ:簡易ハーネスになります
・テーピングテープ:伸縮タイプと伸縮しないタイプ
・万能ナイフ:意外とハサミが重宝します
・テルモス:お湯があれば、寒いときに体の内側から温められます。(お湯は山小屋で調達できます)
・防寒着:今回はダウンもあるので 薄めのパタゴニアのR1にしました
・ダウンジャケット:1,000フィルパワーのコンパクトタイプ
・レインジャケット、レインパンツ
・登山靴:岩稜帯対応タイプ
・日焼止め:高度が上がると紫外線も強いです


◆ザックとスタッフバッグ

・ザックはやや大きめがお勧めです。(これは58L)
 山行中はもちろん、交通機関で移動する際のズック靴とか着替えとか
 何かと荷物は増えるもの。手提げバッグとか持つより楽ですよ。
 荷物が少ないときは、サイドのテープを絞ればOK!

・スタッフバッグ(防水袋)
 荷物を濡らさないためにザックの中に大きめのスタッフバッグ(防水袋)を
 セットし、その中に荷物を入れて、荷物を濡れから守ります。
 ザックのリッター数より2~3割大きなリッター数のものがお勧めです。(これは70L)


◆登山靴とインソール

●インソールは<スーパーフィート>グリーン
 カップ状の踵と土踏まずのアーチが大きな特徴ですが、それによる効果は絶大! 
 ・靴の中で足が前に滑りにくい
 ・人間が持つクッション性を引き出す
 ・体のバランスを保ち、体が安定
 ・足(脚)の力が強くなり、体を持ち上げるのも楽
 ・歩幅が自然に広がる
 ・長時間歩いても疲れにくい

 ※足のサイズや形状に合わないと効果を発揮しません。
  (詳しい店員の接客のもと購入するのがお勧め)


●靴は、<スカルパ>レベル 今回新調しました。
 いわゆるトレッキングシューズとは違い、岩場にも対応するようにソールは硬めです。
 しかし、スピード登山にも対応するようにソールやアッパーが適度に柔らかいんです。

 このとおり、ハイカットですが、足首の前後運動はかなり自由です。
 今回のように平坦な道が長い時には当然足首が曲がりやすい方が歩きやすいです。
 もちろん、くるぶしの上までしっかりホールドしているので、捻挫を防ぎ、
 とっても安心感があります。
 このクラスの靴にしては軽い!
 重量はトレッキングシューズ並みの660g(片足/42サイズ)


それから ソール

 ↑こちらは、比較対象のために撮った<スカルパ>「トリオレプロ」です。
 つま先がわずかに乗っているだけですが、ソールがほとんど曲がらないので、
 あまり力を入れなくても直立できます。
 すねの角度が垂直に立ち上がっています。
 岩場のつま先しかかからないようなところでも容易に体を持ち上げることができます。
 岩稜帯対応の登山靴です。
 重量:880g(片足)(片足/42サイズ)


一方、↓「レベル」です

 同じようにつま先が乗っていますが、「トリオレプロ」に比べソールが柔らかいので
 体を前傾しないとバランスを保てません。
 すねの角度が前傾しています。
   
 
 ちなみに、トレッキングシューズだともっとグニャっと曲がるので、
 つま先がこれしかかかっていない状態だと乗り越えるのは困難です。

 
 つまり、今回使用した<スカルパ>レベルは、
 岩稜帯対応の登山靴ですが、長い平坦歩行もある登山や
 スピード登山する方 向きの登山靴です。
 この辺だと、岩手山や早池峰山などに向いてます。

 足形にもよりますが、軽く軽快な歩行!しっかりホールド・安心感!
 私には、とても良い履き心地でした!
 

【穂高岳特集 終わり】
 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

チームNEXT
千田










最終更新日  2019/09/23 09:48:17 AM

全224件 (224件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.