1300880 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

グリーンハウススタッフBLOG(1)

全6件 (6件中 1-6件目)

1

├ALPクライマー田所一志

2015/06/08
XML

岩手山の8合目避難小屋へ薪をボッカ(人力で歩いて荷物を運ぶこと)。

前日に雨が降ったせいか薪がいつもより重いような気が。

計測したら薪だけで30kg

重量物は久しぶりなので、身体がひっくり返りそう。

ヒザを2年ぐらい前から痛めてるので控えめに持ってます。

友人だと50kg背負う人も。

FB_IMG_14334551250428957.jpg

自分の荷物入れて35kg

FB_IMG_14334632172741364.jpg

5合目

あ゛ーとか言いながら一人で登ってました。

FB_IMG_14334683425635048.jpg

8合目。

結構寒くて、温度計を見たら10℃しかありませんでした。

薄手のダウンかフリースジャケットが必要です

FB_IMG_14334674793903979.jpg

小屋の中に薪ストーブがありまして、このストーブで薪を使います。

8月でも夜になると13℃程度なのでストーブが必要です。

30kgでも一晩分ぐらいなので、お泊りする方は1本でもいいので持って登ってくださると助かります

 

FB_IMG_14334709942479361.jpg

頂上はもっと寒くて、看板下に氷が落ちていました。

 

この時期になると大量の薪を背負って馬返しの旧道コースに出現します。

 

 

盛岡店

田所







最終更新日  2015/06/08 04:51:14 PM
2015/01/17

0.JPG

●岩手山 焼走り
体力   ★★★★★ 
技術   ★★★
標高差  1400m
所要時間 登り6~9時間(積雪による)
     下り3時間
     ※エキスパートクラスのスピードになります
独立峰の厳冬の岩手山は2038mといえど、3000m級に匹敵する環境下となる。
積雪が多ければ噴出孔まではハードなラッセルを強いられ、噴出孔から頂上までは硬い雪と氷の斜面を延々と登る。
確実なアイゼン、ピッケルでの技術は必須。

1.JPG

夜明けとともに登り始める。
しばらく雪が降っていないせいか雪面は硬く比較的歩きやすい。
下部でこの硬さなのだから上部はもっと硬いだろうなと思いながら進んだ。

 

2.jpg

噴出孔まできた。今日は雪面が硬く、ラッセルもしなかったので2時間ほどで来れた。
胸までのラッセルの時は7時間もかかったことがある。
上部を見上げると予想通り硬い斜面が延々と続いている。
直線距離にして2km、標高差800mの巨大なすべり台のようだ。
頭の中で前進か後退か考えていたのだが、身体が勝手にアイゼンの装着の準備をしていた。
今のところ天候は安定している。
ここから先は休める場所もないので、行動食はすべて腹の中に収めた。
天候が悪化して爆風になればこの斜面の状態では身体を保持出来ずに吹き飛ばされるであろう。
戦略としては真っ直ぐにトップスピードで一気に駆け上がる方法しかない。

4.JPG

遠くからみれば平な斜面に見えるが、実際は風で叩き付けられ削られた斜面は凸凹としている。
上部に行けばいくほどアイゼンの刃が刺さらなくなってくる。
前爪をひたすら蹴りこんで駆け上がった。

5.JPG

目線の高さに雲が見える。雲より上に来たようだ。
子供のころは雲を食べてみたいという願望があったのだが、山をやり始めてからその夢は打ち砕かれてしまった。

6.JPG

1800m地点まできた。
ここから頂上までが最も危険地帯となる。
稜線からの落石、最も斜度のある斜面となる。
今日はさらに雪のラインがつながっていなく、岩がむき出しの状態である。
ここで滑落すれば身体が岩でヤスリのように削られてしまう。

7.JPG

稜線まで出た。
頂上が見えた。
天国への階段を登っている気分である。

8.jpg

頂上についた。
一気に駆け上がったので5時間で到着。
今まで登った中で最も最速だった

9.JPG

滝沢、盛岡方面

10.JPG

青空がどこまでも続いていた

 

盛岡店

田所

 







最終更新日  2015/01/17 03:38:31 PM
2013/05/28
クライミングと言ってもボルダリングからアルパインクライミングまでスタイルによって種類がある

今日はクラッククライミング
岩の割れ目のクラックに沿って登るスタイル。
  • GOPR2590.JPG

  • クラックにこのような「カム」と呼ばれるプロテクションをセットしながら登る
    墜落の衝撃が強いと抜ける時がある
  • GOPR2388.JPG
    今日は指ぐらいの大きさのクラックだが、場合によっては体がすっぽりと入るオフィズスと呼ばれるクラックを登ることもある。
    登り方は地味で結構痛い。
    マニアックなジャンルである。



    盛岡店 田所






  • 最終更新日  2013/05/28 10:24:35 AM
    2013/05/09
    岩手山2038m 焼走り

    • GOPR1987.JPG
      標高1600m
      この季節で氷の斜面は珍しい。
    • GOPR2015.JPG
      標高2038m 山頂
      風速20mぐらいであろうか。
      何回も飛ばされそうになる。
    • GOPR2095.JPG

    山頂で待っていたのは最高の景色だった


    0630 登山道入り口
    0830 第一噴出口
    1100 山頂
    1400 下山


    盛岡店 田所






    最終更新日  2013/05/09 03:08:30 PM
    2013/04/14
    アルパインクライミングではあらゆる山岳技術が求められる
    困難な壁を突破するクライミング技術は必須だ

    困難な壁を目指さなくなった時点で終わりだと自分は思っている
    歳をとろうが関係ない
    だから私は死ぬまで、壁に挑もうと思う

    • IMGP6794.JPG
      久慈の侍浜展望台エリアでのロッククライミング

    • IMGP6790.JPG

    クラックはロッククライミングの中で最も好きなジャンルだ
    ボルトを使わず、カムを決めながら登る
    登り終わったらプロテクションは全て回収してなにも残らない
    自然の岩そのものの状態を保てる
    最もシンプルで、真っ当なスタイル


    ルート名 不明(トポに載っていない)
    グレード 5.8 NP 
    使用ギア キャメロット1~3番(2セットあれば適度な感覚でプロテクションが取れる)



    盛岡店 田所






    最終更新日  2013/04/14 10:47:52 AM
    2013/04/08
    盛岡店の田所です
    ブログは初めて書きますので簡単な自己紹介
    • cb822ba60c8d4173da2ea00f1ff68718.jpg

    1990年生まれ
    登山は高校の時から開始。
    滝沢村民

    登山歴

    ・岩手県内で岩手山など多数。
    ・穂高連峰(前、北、奥)縦走
    ・剱岳 南壁A2(残地支点無視)
    ・龍王岳 主峰南壁 (残地支点無視)
    ・立山の山小屋に2シーズン在住
    冬季
    ・富士山
    ・八ヶ岳 大同心大滝
         裏同心ルンゼ
         小同心クラック~硫黄岳継続縦走
         ジョウゴ沢
    ・錫杖岳 漢のブッタチチムニー
    ・岩手山 鬼ヶ城
    など。
    • 833cd70126f952d9352ade7d93c272d6.jpg

    そこらへんの山からフリークライミング、アルパインクライミング、テレマークスキーなどやってます。
    泳げないので沢登りや水に関係することはやってません。


    山岳救助や高難易度なアルパインクライミングなどのプロフェッショナルユースの装備のご相談に応じます
    よろしくおねがいします






    最終更新日  2013/04/08 02:26:24 PM

    全6件 (6件中 1-6件目)

    1

    PR

    カレンダー

    カテゴリ

    プロフィール


    ghstaff1

    サイド自由欄


    Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.