1391582 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

時空の流離人(さすらいびと) (風と雲の郷本館)

2006.10.27
XML
カテゴリ:映画(外国映画)
 昨日は、会社帰りに、父親たちの星条旗の試写会を見てきた。劇場公開は10月28日からである。これは、第二次世界大戦における硫黄島での戦いを、アメリカの視点で見たものであり、日本側の視点で見た「硫黄島からの手紙」と対になる作品である。なお、「硫黄島からの手紙」は、12月9日から劇場公開される予定である。

 硫黄島は、東京の南1080kmに位置する、小笠原諸島に属する面積約22平方kmの島であり、第二次世界大戦の激戦地として知られている。現在は自衛隊が駐屯しているが、火山活動などのため、一般住民はいないようである。

 この硫黄島は、米国にとって、日本本土を爆撃するための戦略上の要地であり、日本側にとっては、国土防衛のために、死守せねばならない島であった。このため、日米両軍の間に壮絶な攻防戦が行われた。

 この時死亡した日本兵士は約2万人、生還した者は、わずか千人あまりであった。また、米軍側も約7千人という死者を出しており、史上希に見る壮絶な戦いであったことが分かる。なお、ロサンゼルス・オリンピックの障害馬術での優勝者であり、バロン西として世界的に有名であった、西竹一陸軍大佐もこの硫黄島の攻防で玉砕している。

 この「父親たちの星条旗」は、硫黄島の摺鉢山に星条旗を掲げている一枚の写真により、奇しくも英雄扱いされる男たちの苦悩と、戦争の悲惨さをよく描いた作品である。人々は、その写真を見て、勝手な想像をするが、真実の戦争は、戦ったものにしか分からない。

 硫黄島上陸のため海を埋め尽くしたアメリカ艦隊には圧倒される。監督はクリント・イーストウッド、原作は、ジェイムズ・ブラッドリー /ロン・パワーズによる同名のノンフィクションである。尚この小説は、その前に、「硫黄島の星条旗」として文芸春秋社から出ていたようである。また、この星条旗を立てている写真はピュリッツアー賞を受賞している。

にほんブログ村 本ブログへ  
↑読書に関して参考になるブログがたくさんあるよ。



「父親たちの星条旗」(ジェイムズ・ブラッドリー /ロン・パワーズ :イースト・プレス)
父親たちの星条旗


「栗林忠道硫黄島(とう)からの手紙」(栗林忠道 /半藤一利:文藝春秋)
栗林忠道硫黄島(とう)からの手紙


風と雲の郷 別館(gooブログ)はこちら
 






最終更新日  2006.10.27 21:05:51
コメント(22) | コメントを書く
[映画(外国映画)] カテゴリの最新記事


PR

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

コメント新着

風竜胆@ Re[1]:リスボン坂と花の路地を抜けて (07/11) Re:れんげそうさん 訪問ありがとうござい…
れんげそう@ Re:リスボン坂と花の路地を抜けて (07/11) ずいぶん素敵な日記のタイトルだと思い、 …
風竜胆@ Re:ピアノ(12/23) ★私も、眼鏡をはずすと遠くが見えないし、…
susuto3089@ ピアノ さいきん文庫本の文字がつらくなってきま…
風竜胆@ Re[1]:生徒は全員丸刈りじゃ!(思い出シリーズ2)(12/13) ★私も良い思い出はありませんね。楽天はTB…

カテゴリ

お気に入りブログ

無法島 2 [ 森 恒二… New! じらーるぺるごーさん

東京に行ってから14… New! すー☆さん

緊急事態宣言 まみぃ@大阪さん

誕生日で結婚記念日 ブラジョンさん

家で弾くためのギター vzc01424さん

楽天カード

プロフィール


風竜胆

フリーページ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.