000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

時空の流離人(さすらいびと) (風と雲の郷本館)

2007.04.18
XML
 「わたしが少女であったころ、
  わたしたちは灰色の海に浮かぶ果実だった。」


 久しぶりに、恩田陸の作品を読んだ。「麦の海に沈む果実」(講談社)である。相変わらず、タイトルの付け方がうまい。
 
     

 主人公の理瀬は二月最後の日に外界と遮断された全寮制の学校に転入してくる。その学園は、三月から1年が始まる「三月の国」であった。そして三月以外の転入生は学園に破滅をもたらすというのだ。この学園は現校長の父が設立したが、その際に大きな影響を受けたのが「三月は深き紅の淵に」という本である。実際に恩田陸による同名の作品がり、その第4部「回天木馬」にどうも理瀬が登場するらしい。この本は私も読んだが、どうも肝心の第4部は、話が入り組んで分かりにくかったことしか記憶に残っていないのだが。

 この学校の生徒は、3種類に分けられると言う。環境の整ったところで教育を受けさせたいという「ゆりかご」。特殊な職業につきたくって入学した「養成所」。家庭の事情で存在を望まれず入学させられた「墓場」。しかし理瀬は自分がどうしてこの学校に入れられたのか分からない。それも二月最後の日にである。

 そして、理瀬の周りで次々と人が死んでいく。どうもこの学校には大きな秘密があるようである。


 最後には、理瀬の意外な秘密がすべてあきらかになる。恩田陸の作品は、なんとなくノスタルジーを感じさせるところがある。この作品も、いかにも恩田陸らしい作品である。



○ブログランキングに参加中。記事が気に入ったら押してね。 

 ●「人気ブログランキング」 ⇒ 人気ブログランキング


 ●「にほんブログ村」   ⇒    にほんブログ村 本ブログへ



風と雲の郷 別館(gooブログ)はこちら
 







最終更新日  2008.06.01 15:25:18
コメント(10) | コメントを書く
[日々の読書(ミステリー)] カテゴリの最新記事

PR

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

コメント新着

風竜胆@ Re[1]:リスボン坂と花の路地を抜けて (07/11) Re:れんげそうさん 訪問ありがとうござい…
れんげそう@ Re:リスボン坂と花の路地を抜けて (07/11) ずいぶん素敵な日記のタイトルだと思い、 …
風竜胆@ Re:ピアノ(12/23) ★私も、眼鏡をはずすと遠くが見えないし、…
susuto3089@ ピアノ さいきん文庫本の文字がつらくなってきま…
風竜胆@ Re[1]:生徒は全員丸刈りじゃ!(思い出シリーズ2)(12/13) ★私も良い思い出はありませんね。楽天はTB…

カテゴリ

お気に入りブログ

不発弾 [ 相場 英雄 … New! じらーるぺるごーさん

音痴な僕でも上をハ… New! すー☆さん

クリカッタ・・ウマ… New! ブラジョンさん

五島列島ー春合宿ー… Frankenstein0313さん

パリの空 ライラック7611さん

楽天カード

ランキング市場

楽天プロフィール

設定されていません

フリーページ


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.