000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

時空の流離人(さすらいびと) (風と雲の郷本館)

2007.12.12
XML
カテゴリ:TVドラマ


 またまた、月曜の夜9時からはフジテレビ系の「ガリレオ」である。今回は珍しく、「前編」とついていた。原作が、「探偵ガリレオ」、「予知夢」を合わせても、お話が10話までしかないので、てっきり回数稼ぎに出たかと思ったら、なんと、原作の「探偵ガリレオ」に収録されている「転写る(うつる)」「爆ぜる(はぜる)」を合体させたようなお話になっていた。やはり来週の第10回で最終回のようだ。これだけつっこめるドラマは、あまりないのでなんとも寂しい限りである。

 さて、今回の話であるが、冒頭で、いきなり湖に浮かんでいたボートが爆発し、乗っていた男が死亡する。

 一方、薫(柴咲コウ)は、防犯授業に訪れた中学校の文化祭に、「ゾンビのデスマスク」という石膏の仮面が展示されていた。なんと、この仮面が失踪した藤川という男にそっくりであった。この仮面は、自然公園の池で、拾った金属の顔型から作ったものであった。そして、その池の底には藤川が殺されて沈められていたのだ。そこで、薫は、いつもの通り湯川センセ(福山雅治)に事件を持ち込んだという訳である。

 今回、湖の爆発と不思議な金属の顔型の二つの謎が提示された訳であるが、謎解きが行われるのは、自然公園で発見された不思議な顔型である。

 今回、湯川センセは、どこに数式を書き散らすかと楽しみにしていたら、なんと、世話になった廃棄物の回収業者さんの作業机の上にやってしまった。回収業者の社長さんは、別に怒りもせずに見ていた。なんと心の大きい人だ。それに引き換え、湯川のなんと恩知らずなこと・・・

 疑問なのは、あの方法で、本当に顔型ができるのかということだ。最後に、「番組内の実験等は専門家の指導により行っています」とあったが、本当に実験したのだろうか?

 最後に、この話、あえて原作の2話分を合体させてひとつの話にする必要があったのかは疑問である。なんのために、ここだけ前後編のつくりにしたのかは理解に苦しむところだ。


「探偵ガリレオ」の記事はこちら

「予知夢」の記事はこちら

「ガリレオ 第8話 霊視る(みえる)」の記事はこちら


「予知夢」「探偵ガリレオ」(東野圭吾:文芸春秋社)
           


○応援してね。  人気ブログランキング   にほんブログ村 本ブログへ


風と雲の郷 別館「文理両道」(gooブログ)はこちら






最終更新日  2007.12.13 22:38:07
コメント(4) | コメントを書く


PR

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

コメント新着

風竜胆@ Re[1]:リスボン坂と花の路地を抜けて (07/11) Re:れんげそうさん 訪問ありがとうござい…
れんげそう@ Re:リスボン坂と花の路地を抜けて (07/11) ずいぶん素敵な日記のタイトルだと思い、 …
風竜胆@ Re:ピアノ(12/23) ★私も、眼鏡をはずすと遠くが見えないし、…
susuto3089@ ピアノ さいきん文庫本の文字がつらくなってきま…
風竜胆@ Re[1]:生徒は全員丸刈りじゃ!(思い出シリーズ2)(12/13) ★私も良い思い出はありませんね。楽天はTB…

カテゴリ

お気に入りブログ

暴虎の牙 [ 柚月裕子… New! じらーるぺるごーさん

これは何の幼虫?? ブラジョンさん

ドクとフォン・ブラ… すー☆さん

県庁おもてなし課 FC司馬さん

特別定額給付金の使… Frankenstein0313さん

楽天カード

プロフィール


風竜胆

フリーページ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.