1097629 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

時空の流離人(さすらいびと) (風と雲の郷本館)

2008.03.01
XML

 私は、活字中毒の気があるのか、暇さえあれば、本を読んでいる。読みたい本があまりにも多いので、なんとか限られた時間で速く読みたいと思い、読書法に関する本もよく読む。今日紹介する「差がつく読書」(樋口裕一:角川書店)もそんな読書法について述べた一冊である。

 読んで気がつくのは、著者はとにかく分類好きだということである。まず読書の目的を大きく「実読」「楽読」に分ける。「実読」とは、「何かの役に立てるための読書」であり、「楽読」とは、「楽しみのための読書」であるという。また、「実読」は、「多読」「精読」、または「全読」「部分読」に分けられ、更に「部分読」には「アリバイづくり読み」「独立読み」「裏づけ読み」「飛ばし読み」「斜め読み」の5種類があると主張している。しかし、「楽読」については、それほど分類はされていない。


■文庫本棚(60cm幅・ブラウン)■


 ところで、これらの分類は、けっしてうまいとは言えない。ロジカル・シンキングで教える分類のやり方に、MECE (Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive) というものがある。要はもれなくダブりなくということである。しかし、この本に述べられている読書法の分類は、必ずしもMECEになっていない。

 まず、「多読」と「精読」は必ずしも対立する概念ではない。なぜなら、時間が有り余っていれば、「多読」で「精読」するというのは、少なくとも理論上は不可能ではない。「多読」には「少読」、「精読」には「速読」というのが対立概念であろう。また、「部分読」を細分した「アリバイづくり読み」、「独立読み」、「裏づけ読み」、「飛ばし読み」、「斜め読み」であるが、「アリバイづくり読み」や「裏づけ読み」は、読書の目的からの分類の匂いが強く、その他の3つは本の読み方からの分類である。

 とはいえ、個々のテクニックには色々参考になることも多いので、体系的なことは無視して,役に立ちそうなところを拾い読みするのが良いであろう。


○応援クリックお願いします。  人気ブログランキング   にほんブログ村 本ブログへ

「差がつく読書」(樋口裕一:角川書店)



風と雲の郷 別館「文理両道」(gooブログ)はこちら

 







最終更新日  2008.03.20 23:04:48
コメント(4) | コメントを書く
[日々の読書(学術・教養)] カテゴリの最新記事

PR

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

コメント新着

風竜胆@ Re[1]:リスボン坂と花の路地を抜けて (07/11) Re:れんげそうさん 訪問ありがとうござい…
れんげそう@ Re:リスボン坂と花の路地を抜けて (07/11) ずいぶん素敵な日記のタイトルだと思い、 …
風竜胆@ Re:ピアノ(12/23) ★私も、眼鏡をはずすと遠くが見えないし、…
susuto3089@ ピアノ さいきん文庫本の文字がつらくなってきま…
風竜胆@ Re[1]:生徒は全員丸刈りじゃ!(思い出シリーズ2)(12/13) ★私も良い思い出はありませんね。楽天はTB…

カテゴリ

お気に入りブログ

山崎武也「上品な人… New! モモンガ2006さん

汚れた英雄 [ 草刈正… New! じらーるぺるごーさん

ひとりタコパはタコ… ブラジョンさん

多忙と体力の衰え ライラック7611さん

杖が、1000円! まみぃ@大阪さん

楽天カード

ランキング市場

楽天プロフィール

設定されていません

フリーページ

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.