1132057 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

時空の流離人(さすらいびと) (風と雲の郷本館)

2008.03.11
XML
 私はギャンブルをやらないが、競輪や競馬などで、かなりの確率で、誰が勝つかの予想ができるのなら、話は変わってくる。株式にしてもしかりである。この外にも未来のことが予想できたら便利なことは色々とあるであろう。

 未来を予想するにはどうするか。専門家の予想は、過去のデータを利用することはあるにしも、自分の経験や高度な勘による部分も多いのではないかと思う。しかし、あるデータを入力すると、コンピュータが未来を予測してくれれば、こんな楽なことはない。実は、このアイディア自体は、回帰分析という手法として昔から知られている。過去のデータから、データ間の相関を表す式を導き、これを予測に使う方法であり、計量経済学などでも使われている。「その数学が戦略を決める」(イアン・エアーズ/山形浩生:文藝春秋)は、そのような方法が、専門家の出す予想に比べて、ずっとすぐれていると言うことを主張した本である。

 ただし、この方法、言うは安くなのだが、予測したいものと、相関関係の高いデータを探すのが結構大変で、多量のデータ処理を必要とすることも多い。しかし、コンピュータの発達により、データ処理は、昔より格段に楽になっている。

 この本の冒頭には、ワインの値段を予測する方程式が紹介されているが、専門家の意見よりずっと制度が良いと言う。また、中ほどには、性犯罪者の再犯リスク評価という意外な応用例も出ている。ただし、この本の中にも書いてある通り、この方法は万能ではなく、繰り返し発生する事象にしか使うことができず、一回限りの出来事には適用できない。

 内容は非常に興味深く読めるのだが、やたら「絶対計算」とか「絶対計算者」という単語がでてくるのが気になる。原題は「Super Crunchers」なので、「ものすごく計算ができる人」と言ったような意味かと思うのだが、「絶対計算」といわれると、「なんのこっちゃ?」と思ってしまうのである。


○応援クリックお願いします。  人気ブログランキング   にほんブログ村 本ブログへ

「その数学が戦略を決める」(イアン・エアーズ/山形浩生:文藝春秋)





風と雲の郷 別館「文理両道」(gooブログ)はこちら






最終更新日  2010.06.10 21:09:34
コメント(4) | コメントを書く

PR

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

コメント新着

風竜胆@ Re[1]:リスボン坂と花の路地を抜けて (07/11) Re:れんげそうさん 訪問ありがとうござい…
れんげそう@ Re:リスボン坂と花の路地を抜けて (07/11) ずいぶん素敵な日記のタイトルだと思い、 …
風竜胆@ Re:ピアノ(12/23) ★私も、眼鏡をはずすと遠くが見えないし、…
susuto3089@ ピアノ さいきん文庫本の文字がつらくなってきま…
風竜胆@ Re[1]:生徒は全員丸刈りじゃ!(思い出シリーズ2)(12/13) ★私も良い思い出はありませんね。楽天はTB…

カテゴリ

お気に入りブログ

プラチナエンド  7… New! じらーるぺるごーさん

『蒼空の魔王ルーデ… ブラジョンさん

買い物の注意! まみぃ@大阪さん

冬景色にはまだ早い ライラック7611さん

西安回族街・回民街… モモンガ2006さん

楽天カード

ランキング市場

楽天プロフィール

設定されていません

フリーページ


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.