1436342 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

時空の流離人(さすらいびと) (風と雲の郷本館)

PR

2009年04月04日
XML
 「おそらく君たちは負ける。僕も勝てない。これは完全犯罪だ。」(聖女の救済)

 「聖女の救済」(東野圭吾:文芸春秋)、「ガリレオの苦悩」と同時発売の際に両方買っていたのだが、こちらもやっと読了することができた。

○「聖女の救済」(東野圭吾:文芸春秋)
   

 IT企業の社長である真柴義孝が自宅で死んでいるのを、愛人の若山宏美が発見した。死因は亜ヒ酸。義孝は、妻である綾音と子供ができないという理由で別れ話をしていた。他殺と当たりをつけた内海薫は帝都大の湯川准教授に協力を依頼する。

 以前紹介した「ガリレオの苦悩」は、「探偵ガリレオ」や「予知無」のような、理工系トリックを湯川准教授が、その天才的な頭脳で解き明かしていくというものだが、この「聖女の救済」は「容疑者Xの献身」と同様に、いわゆる理工系トリックによる意外さはない。そしてミステリーとして少し変わっているのは、最初から犯人はほぼ判明しているということ。この作品の面白さは、実際に、どのようなトリックが犯行に使われたのかを、次々に仮説を立てて、それを撤回しながらも、次第に真実に迫っていくところである。でも、なかなか明らかにならないトリックの謎に、湯川センセイ、最後には、理論的には可能だが実現は不可能だとして、虚数解なんて言い出してしまった。今回の敵は冒頭の湯川の言葉にあるように、相当の難敵である。
しかし、仮説の証明に、スプリング8を持ち出したところは、いかにもこのシリーズらしい。スプリング8とは、あのヒ素入りカレーの解明にも使われた兵庫県にある大型放射光施設である。

 ところで、作品中で内海がiPodで福山雅治の曲を聴いている場面があった。やはり作者もドラマに気を使っているんだと思うとちょっぴり面白かった。

○面白かったらポチっと1票!  人気ブログランキング   にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

○「ガリレオの苦悩」の記事はこちら

風と雲の郷 別館「文理両道」はこちら

風と雲の郷 貴賓館「本の宇宙(そら)」はこちら


*** 追伸 ***
・「本の宇宙(そら)」の今日の記事には、ロバート・E・ハワードによるヒロイックファンタジーの傑作であるコナンシリーズの「真紅の城砦」のレヴューを掲載しています。併せてお読みください。






Last updated  2009年10月23日 18時16分17秒
コメント(8) | コメントを書く
[日々の読書(ミステリー)] カテゴリの最新記事


Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Comments

風竜胆@ Re[1]:リスボン坂と花の路地を抜けて (07/11) Re:れんげそうさん 訪問ありがとうござい…
れんげそう@ Re:リスボン坂と花の路地を抜けて (07/11) ずいぶん素敵な日記のタイトルだと思い、 …
風竜胆@ Re:ピアノ(12/23) ★私も、眼鏡をはずすと遠くが見えないし、…
susuto3089@ ピアノ さいきん文庫本の文字がつらくなってきま…
風竜胆@ Re[1]:生徒は全員丸刈りじゃ!(思い出シリーズ2)(12/13) ★私も良い思い出はありませんね。楽天はTB…

Category

Favorite Blog

東京卍リベンジャー… New! じらーるぺるごーさん

荒野のストレンジャー New! FC司馬さん

吉村さんがポビドン… すー☆さん

宅麺.com Frankenstein0313さん

昨日の土用の丑 ブラジョンさん

Rakuten Card

Profile


風竜胆

Freepage List


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.