1389628 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

時空の流離人(さすらいびと) (風と雲の郷本館)

全34件 (34件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 >

日々の読書(ホラー)

2010.01.22
XML

 泉鏡花による戯曲の傑作、「夜叉ケ池・天守物語」(岩波書店)。泉鏡花は、明治後期から昭和初期にかけて活躍した小説家で、昔なら国語の授業で名前くらいは覚えたものだが、最近はどうなんだろう。鏡花と言う名前から女性を連想してはいけない。本名を鏡太郎というおじさんなので、念のため。

夜叉ケ池・天守物語(泉鏡花:岩波書店)


 さて、この本には、表題から分かるように2つの話が収められている。簡単にどんな話か紹介しよう。

 「夜叉ケ池」は、越前国の琴弾谷と言うところを舞台にしている。この地にある夜叉ヶ池には伝説があった。その昔越の大徳泰澄に封じられた龍神は、必ず麓にある鐘を、日に3度鳴らさなければ、契約から解放され、この地を水の底に沈めてしまうという。萩原晃は、伯爵の子息でありながら、数奇な運命のめぐり合わせで、美しい村娘百合を妻に、鐘楼守をしている。ところが、村人達は、百合を雨乞いの犠牲(にえ)にしようという暴挙にでる。

 一方「天守物語」の方の舞台は、播州姫路の白鷺城(姫路城)だ。この城の天守閣の最上階には、「天守夫人」と呼ばれる亀姫という名の、美しい人外の者が住み着いていた。ある日、姫川図書之助という若き鷹匠が最上階に登ってくる。図書は、鷹を逃がしたことで罪を着せられ、切腹の代わりに、誰も上ろうとしない天守の様子を見に行かされただ。ところが無事に役目を果たした図書を、城主の播磨守は賊扱いして殺そうとする。

 戯曲ゆえか書かれた時代のためか、言葉自体が、現在と違っているので、読んでいく上で多少の戸惑いはあるかもしれない。また、通常の小説と異なり、戯曲のため、ほとんどが、台詞のやりとりだけでストーリーが進んでいく。しかし、読み進めていくうちにそんなことは気にならなくなってくる。どちらも、登場するのは、美しい女性の妖異。そんな妖異の繰り広げる怪しくも美しい作品世界にどんどんと引き込まれていくだろう。
 
○ランキング今何位?  人気ブログランキング   にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


○姉妹ブログ
「文理両道」
「本の宇宙(そら)」
(本記事は、「本の宇宙」と同時掲載です。)


 






最終更新日  2010.01.22 09:22:56
コメント(2) | コメントを書く


2009.03.08
 「おそろし」(宮部みゆき:角川書店)、久しぶりに読んだ宮部みゆきの時代物である。主人公のおちかは17歳の美しい少女。実家は川崎宿の旅籠だが、ある事件をきっかけに心を閉ざし、神田三島町に袋物屋「三島屋」を構える叔父夫婦の許へ身を寄せている。働いていれば、余計なことは考えずに済むとばかり、奉公人たちに混じって我を忘れるために働きまわっていた。

○「おそろし」(宮部みゆき:角川書店)
   

 ある日、おちかは叔父に代わって、客の相手をするように言いつけられる。自分には客の相手ができないのにどうしてと心の中で口をとがらせていたおちかだが、客は庭の曼珠沙華を見て、恐ろしくも悲しい不思議な話を始める。

 これをきっかけに叔父は、次々に客を招き、おちかに「変わり百物語」を聞かせる。おちかは、根は賢い娘なのである。客たちは、おちかに話を聞かせることにより、心が軽くなり、おちかも不思議な話により次第に心を開いていく。これが、叔父が頭に描いていたシナリオだろう。今で言えば心理療法の一種のようなものか。ところが、それぞれ独立していると思っていた、客たちの話すこれらの怪異話は、最後に大きくまとまり、RPGのようにラスボスとの対決になる。

 構成は、連作短編のようになっており、収録されているは以下の5編。

・曼珠沙華
・凶宅
・邪恋
・魔鏡
・家鳴り

 いずれも、人の心の弱さ、悲しさ、恐ろしさを見事に描ききった作品である。やはり、宮部みゆきは時代ものがいい。でも「百物語」と言いながら5物語しか出ていないが続編はあるのだろうか。もう話は完結してしまった感じなのだが。

○面白かったらポチっと1票!  人気ブログランキング   にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

風と雲の郷 別館「文理両道」はこちら

風と雲の郷 貴賓館「本の宇宙(そら)」はこちら







最終更新日  2009.03.14 11:50:55
コメント(12) | コメントを書く
2008.06.27


 宮部みゆきは、やはり時代ものの方がいい。今回読んだのは、「あかんべえ」。亡者の見える12歳の女の子が主人公の、江戸・深川を舞台にしたホラーミステリーである。

 主人公は、料理屋・「ふね屋」の一人娘であるありん。臨死体験をして以来、亡者の見える体質になってしまった。「ふね屋」には、なんと5人もの亡者が住み着いている。

 粋な若侍の幽霊「玄之介」。

 色っぽい女幽霊の「おみつ」。

 ちょっと偏屈な按摩の幽霊の「笑い坊」

 泣いているか刀を振り回して暴れるかのアブナイ幽霊「おどろ髪」。

 なぜか、おりんに「あかんべえ」しかしない女の子の幽霊「お梅」。

 玄之介やおみつは、おりんの前によく姿を現し、相談事にも乗ってくれる。笑い坊は、5人の中ではただ一人、人間に触ることのできる幽霊で、おりんが死にかけている時、揉み療治で直してくれた。お梅は、自分と同じような年なので、おりんは友達になりたいのだが、なぜかおりんを嫌っているようだ。顔を見れば「あかんべえ」をする。一番の困りものは、おどろ髪。「ふね屋」の最初のお客の宴席で暴れまわり、めでたい席を台無しにしてしまった。

 おりんには、すべての亡者が見えるのだが、不思議なことに、他の亡者は、その亡者と同じような心のわだかまりを持っている人にしか見えない。

 「ふね屋」が建っている土地は、元々は向かいにあった「興願寺」というお寺の墓場であった。そこの住職というのが、大変な悪人であり、多くの人を殺めていたというのだ。この5人の亡者は、どうもこの興願寺の坊主と、何か因縁があるようである。

 おりんは、彼らを成仏させてあげようと、興願寺での事件を調べ始める。

 この因縁を解決するキーマンの役割を果たしたのが、困りものの二人の亡者、おどろ髪とお梅であったというのが面白い。最後には、お梅が、おりんに、「あかんべえ」をしていた理由があきらかになるが、その理由はあまりにも痛ましい。

○あかんべえ (宮部みゆき)
    


○応援クリックお願いします。(両方押してね)  人気ブログランキング   にほんブログ村 本ブログへ



風と雲の郷 別館「文理両道」(gooブログ)はこちら

 







最終更新日  2008.09.27 09:31:49
コメント(8) | コメントを書く
2008.05.22
 以前、このブログで、宮部みゆきの「震える岩」という作品を紹介した。「他人には見えないものが見え、聞こえないものが聞こえる」という不思議な能力を持ったお初という少女が、江戸の怪異に立ち向かうと言う時代物のホラーミステリーである。

 この「震える岩」の続編にあたるのが「天狗風」(宮部みゆき :講談社)である。「霊験お初捕り物控」シリーズの第二弾に当たる。前回「震える岩」で、お初が対決したのは、「死人憑き」であったが、今回は、題名からも推測される通り「天狗」と対決する。天狗と言えば、この間紹介した映画「妖怪大戦争」に出ていたような、鼻の長い妖怪を想像するが、ここでは、天狗を女の妄念が変じた物の怪として扱っている。

       



 さて、内容の方であるが、嫁入り前の娘が、一陣の風と共に消えてしまうという不思議な事件が起こる。お初は奉行の根岸肥前守の依頼で、算学の道場に通う古沢右京之介と共に、事件を調べ始め、最後は謎のネコ軍団の助けを借りて「天狗」に立ち向かうというもの。
 途中で、身代金目当ての便乗犯が現れたり、観音様に化けた物の怪に襲われたり、阿片の密売が絡んでいたりして、どんどん話が膨らみ、途中で読むのを止められなくなってくる。

 一つ残念だったのは、お初と右京之介のキャラが対照的であり、組み合わせの面白さが生じるという部分が、前作と比べると、今回はあまり目立たず、右京之介がだいぶ後ろに引いたような感があることだ。


○「震える岩」の記事は こちら

○「妖怪大戦争」の記事はこちら

○応援クリックお願いします。  人気ブログランキング   にほんブログ村 本ブログへ


「天狗風」(宮部みゆき :講談社)
  


風と雲の郷 別館「文理両道」(gooブログ)はこちら






最終更新日  2009.08.08 18:55:01
コメント(8) | コメントを書く
2008.02.12

 この間、書店で、変わった題名の本を見つけた。それが、今日紹介する「コスプレ幽霊紅蓮女(ぐれんオンナ)」(上甲宣之:宝島社)である。テレビドラマでも放映されているようだが、テレビ東京系のため、広島には系列局がないので、観る事ができない。なお、作者の上甲宣之は、映画化もされた「そのケータイはXXで」でデビューし、既に何冊かの作品もあるが、専業の作家ではなく、現在、ホテルのベルボーイとしても働いているとのことだ。

 この物語の主人公である辺倉史代は、内気な性格で、恋人も居ない。唯一の友達はフェレットのこごろーだけ。学校の教師だが、子供には馬鹿にされ、まったくやる気にないダメ教師だ。しかし、彼女には、もう一つの顔があった。今や都市伝説になっている「紅蓮女」のコスプレをして、人々を驚かせることを喜びにしているのである。

 この作品はいくつかのエピソードから成り立っている。収録されているエピソードは、以下の通り。
・ハロウィン「紅蓮女 VS 口裂け女」
・クリスマスイヴ「紅蓮女 VS 紅蓮女es(フレイム・レイディズ)」
・大晦日「辺倉史代 VS 刃業の鏡」
・バレンタインデー「紅蓮女 VS 苦色の手紙」
・史代の誕生日「紅蓮女 VS 電話男」
・エイプリルフール「紅蓮女 VS ??」

 一応、それぞれの話は独立して読めるようになっている。最初のエピソードである「紅蓮女 VS 口裂け女」を読んだときは、ちょっとお笑い系かと思ったが、だんだん話がすごい展開をしていく。普段は、思ったこともろくに言えない史代だが、「紅蓮女」になるととても強い。特訓の結果身に着けた、マッチ(中には改造マッチで爆薬に近いものもあるが)を使う48の術を使って敵と戦うのだ。中には、かなりオカルティックな敵も出てくる。

 最初は人を怖がらせるだけの「紅蓮女」だが、やがて、村を救う神になったり、人の心を救ったりして、遂には、自らの暗い心にも明かりを点す。とても面白く、ちょっと切ないそんな物語であった。


○応援クリックお願いします。  人気ブログランキング   にほんブログ村 本ブログへ


「コスプレ幽霊紅蓮女」(上甲宣之:宝島社)
  


風と雲の郷 別館「文理両道」(gooブログ)はこちら

○関連ブログ記事
今日こんな本読んだ






最終更新日  2010.01.22 20:16:46
コメント(6) | コメントを書く
2007.12.22

 書店で、変わった題名のホラー小説が目に付いた。たまにはホラーを読むのも良いかもうと思って買ったのが、「壊れた少女を拾ったので」(遠藤徹:角川書店)である。題名の、「少女を拾った」とはどういうことだろう、それも「壊れた少女」とはと、不思議に思い、興味を引かれたのである。少女なんて、道端にそんなに落ちているものとは思えないのだが・・・

 作者の遠藤徹氏は、「姉飼」という小説で「日本小説大賞」を受賞している。そういえば、昔、「姉飼い」を読んだ記憶があるのだが、どうにも理解できない作品だった。

 この本は、5つの短編からなる短編集であるが、どの作品をとっても、異常な世界が広がる。まさか、こんな話ばかりだとは思わなかったが、買った以上、読まないともったいないので、一応最後まで読んだ。人前で読んだら、絶対にかなり危ない奴だと思われてしまうような本なので、読むのならこっそりと読んだほうが良い、そんな作品ばかりである。

 「弁頭屋」という作品であるが、これは、人間の生首に、「弁当」を詰めて売っている話である。だから「弁当」でなく「弁頭」。大学のキャンパスで当たり前のように堂々と売られているのだ。ところが、買いに来た者は、「弁頭箱」を目の前にしながら、「最近あちこちで若い人が姿を消してるでしょ」なんて言って、その原因に気がついていない。そして、その「弁頭」を買っていく。

 「カデンツァ」は、人と家電が恋する話。なんと炊飯器やホットプレートとの間に子供ができたりするのだ。 また、表題の「壊れた少女を拾ったので」は、壊れた少女を工場で修理する話である。これらの作品では、生物と無生物の境が無くなってしまっている。

 「赤ヒ月」も異常な作品である。人間の内臓を食い合う話だ。

 しかし、これらの作品は、あまりにも異常な世界であり、その極端なナンセンスさゆえに、かえってそれほど怖くはない。それでも、一番怖い、いや気持ち悪いと思ったのは、「桃色遊戯」という作品である。別に題名から連想するようなエロチックなものではない。世界がピンク色のダニに多い尽くされていくという話だ。このダニは、何でも食い、どんな薬品にも耐性を持つので退治できない。世界はピンク色に覆われて、静かに死んでいくしかないのだ。ダニって、見るからに気持ち悪いのに、そんなものに世界が覆われるなんて、ぞっとしてしまう。だいぶ趣は違うが、映画の「渚にて」をちょっと連想させるかな。


○応援クリックお願いします。  人気ブログランキング   にほんブログ村 本ブログへ


「壊れた少女を拾ったので」(遠藤徹:角川書店)
   


風と雲の郷 別館「文理両道」(gooブログ)はこちら






最終更新日  2008.03.26 22:27:51
コメント(2) | コメントを書く
2007.11.02
 書店で「地獄少女 恨の紋章」(広真紀 /渡辺浩: ホビージャパン)という本を見つけた。なんというインパクトのある題名だろう。つい買ってしまった。それにしても、昨日紹介したのが、「生物と無生物のあいだ」であるから、このギャップのすごさには自分でもあきれてしまう。

 「地獄通信」と言う、午前0時にのみ、強い恨みを持つものだけがアクセスできるというサイト。そこに恨みの対象の名前を書き込むと、地獄少女・閻魔あいが現れ、恨んでいる人間を地獄に流すことのできる藁人形を渡してくれる。しかし、それには代償が必要なのである。自分も死んだら、同じく地獄行きとなってしまうのだ。

 松宮渉の通う学校に、突然、東京のお嬢様学校から、鶴木清香という美少女が転校してくる。彼女も、人を地獄に流した過去を背負っていた。清香に近づきたい渉の行動に、清香は疑心暗鬼となり、ついには家出をしてしまう。渉は、清香を捜し求めるうち、やはり地獄通信にアクセスし、人を地獄に流した経験を持つ人たちに出会う。

 ところで、地獄とは、洋の東西を問わず、罪人が死後に、そこに落とされ、ひどい責め苦を受けるところである。もっとも、仏教で言う地獄と、キリスト教で言う地獄とは若干異なっているのだが。この作品には、輪廻思想らしきものが出ているので、仏教的な地獄をモデルにしていると思われる。

 仏教で言う地獄とは、地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天の六道の一つである。人間は、この六道を永遠に輪廻転生していく。この輪廻の苦しみから逃れることを解脱といい、解脱した人を仏陀と呼ぶのである。しかし、仏教の地獄は、やがては輪廻転生していくのに対して、この作品では、地獄に落ちたものは、永遠にそこで苦しむという設定がされているので、キリスト教的な地獄観も混在しているようだ。

 この作品の題名からは、当初、ものすごい怖い場面が次々に出てくるホラー小説をイメージしていたが、良い意味で期待を裏切られた。この作品の中で描き出しているのは、通常のホラー小説のような恐怖の場面ではない。描いているのは、人を地獄に落とした後の悲しみと後悔、そして、そんな人々を知ってしまった渉の苦悩なのである。いったい、人を地獄に流した人間は、自分が地獄に行くまでに、どのように生きていくのであろうか。


「地獄少女 恨の紋章」(広真紀 /渡辺浩: ホビージャパン)
  


○応援クリックお願いします。  人気ブログランキング   にほんブログ村 本ブログへ


風と雲の郷 別館「文理両道」(gooブログ)はこちら






最終更新日  2008.03.26 22:28:20
コメント(4) | コメントを書く
2007.06.16
 以前、「リング」について書いたが、その続編にあたるのが「らせん」(鈴木光司:角川書店)である。

 この作でのの中心人物は、監察医の安藤満男。幼い息子を海で亡くし、それが原因で妻と離婚している。その安藤が、大学で同級生だった高山竜司を、司法解剖することになる。そして、冠動脈にできていた謎の腫瘍。

 今回、呪いの原因は、リングウィルスと特定されているが、このウィルス、ビデオを見たり、「リング」の小説を読んだだけで、体の中から自然に発生してくるし、貞子のDNAを他人の卵子にコピーして復活・増殖させるし、役に立たないやつは、心筋梗塞で殺してしまうし、正に何でもありという感じである。

 どんどん増殖していく貞子。このままだと、やがて世界は貞子で一杯に。その光景を想像して、思わず笑ってしまった。雌雄同体ながら、ものすごい美人だと言う設定なので、少し位ならいてもいいかなとも思うのだが、世の中が貞子で埋め尽くされるのは、さすがにちょっと困る。

 恐怖というものは、日常のすぐ隣にあるものが一番怖いのである。ここまで荒唐無稽だと、まず恐怖の感情は湧いてこない。これは、ホラー小説というよりは、SF小説に分類した方が良いのかもしれないな。

 なお、表題の「らせん」というのは、DNAの二重らせんから来ているようだ。


○ブログの内容が気に入ったら応援してね。クリックでランクが上がります。 
 

 ●「人気ブログランキング」 ⇒ 人気ブログランキング


 ●「にほんブログ村」   ⇒    にほんブログ村 本ブログへ



「リング」,「らせん」(鈴木光司:角川ホラー文庫)
   


風と雲の郷 別館「文理両道」(gooブログ)はこちら







最終更新日  2008.03.26 22:33:37
コメント(2) | コメントを書く
2007.05.24
 

 今日は、かって映画やドラマでも話題となったホラー、「リング」(鈴木光司:角川ホラー文庫)である。実は、私は、映画もドラマもろくに観ていない。だから、知っているのは、井戸から怖い人が出ている話だと言うくらいである。

 それでは、なぜこの小説に興味を持ったかと言うと、このシリーズの映画版の完結編にあたる「リング0 バースデイ」に仲間由紀恵が出ていたらしいからだ。(「やっぱりそこか!」のツッコミあり。)もっとも、この映画も観ていないのではあるが。

 古書店で105円で売られていたこともあり、続編の「らせん」といっしょに買ってきた。

 舞台は、平成の世になってまもない頃のようだ。4人の男女が同じ日の同時刻に亡くなる。雑誌記者の浅川は、この事件に疑問を抱き、真相を追究し始める。浅川が行き着いたのは、一本の呪いのビデオテープ。観たものは、1週間以内にあるおまじないをしないと死が訪れる。しかし肝心のおまじないの部分がない。浅川は親友の高山竜司といっしょに、呪いを解く方法を捜し求める。そして、浮かんだのは、山村貞子という超能力を持った美しい女性に起こった悲しい出来事・・・。

 テープの謎を調べていくところは、非常に面白く読めるが、冷静に考えてみると、どうも、不自然なところも多い。貞子が死んだのは25年前である。どうしていまになって呪いが発動したのか。また、その当時は、昭和40年代初めであり、まだビデオなんて、見た事もない人が多かったはずである。どうして、その頃死んだはずの貞子が、ビデオを使った呪いなんて思いつくのだろう。ここは、あまりつっこんではいけないところか。きっと超能力のなせる業だったんだろう。

 また、最後の方では、ウィルスが原因なんて言い出したが、どうしてビデオを見ればウィルスに感染し、おまじないをすれば発病しなくなるのか納得のいく説明がされていない。このあたりは、変に科学的説明をつけようとせず、不思議は不思議なままにしておいた方がよかったのではなかったか。それとも続編では、この疑問を解決してくれるのだろうか。


○ブログの内容が気に入ったら応援してね。クリックでランクが上がります。 
 

 ●「人気ブログランキング」 ⇒ 人気ブログランキング


 ●「にほんブログ村」   ⇒    にほんブログ村 本ブログへ



「リング」(鈴木光司:角川ホラー文庫)
   



風と雲の郷 別館(gooブログ)はこちら
 







最終更新日  2008.03.22 22:32:28
コメント(6) | コメントを書く
2006.10.10
 「親指さがし」(山田悠介:幻冬舎)と言う本を読んだ。ホラー小説である。帯を見ると15万部売れたらしい。知らなかったが、映画にもなっていたらしい。表紙が目に付いたので、なんとなく買ってみた。

「親指さがし」(山田悠介:幻冬舎)
親指さがし親指さがし映画「親指さがし」オフィシャル・ビジュアルブック


 昔、バラバラ殺人事件があり、左手の親指だけがどうしても見つからなかったと言う。親指探しは幽体離脱をして、その親指を捜すというものである。

 よく子供たちの間で流行る、一種の学校怪談のようなものであるが、大体このようなものは、面白半分でやって、後でとんでもないことになるという筋書きである。この本の内容も、その基本パターンを忠実に再現している。

 主人公の武たち5人が小学生の時に、ゲーム感覚で行った親指探しの際に、仲間の一人由美が行方不明になる。それから7年、彼らは、親指探しの真相を探ろうとする。

 後は、彼らに、次々に恐ろしい死がおとずれるという、お決まりのストーリー。すべてが終わったかと思えたときに、また新たな事件の始まりがというところも良くあるパターン。「着信アリ」もたしかこんな感じだったし、ホラー映画にも良く使われているよね。

 人によって、感じ方もあるだろうが、私には、そんなに怖くなかった。夜ちゃんとトイレにも行けたしね。


にほんブログ村 本ブログへ
↑にほんブログ村の「本ブログランキング」に参加しました。ここをポチッと押していただければランキングが上がるそうです。記事の内容がお気に召しましたら、よろしくお願いします。 m(. .)m


風と雲の郷 別館(gooブログ)はこちら






最終更新日  2006.10.10 21:15:19
コメント(10) | コメントを書く

全34件 (34件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.