心と体と地球のための穀物菜食レストラン 銀河のほとり かっちゃんの日々~あれこれ

2005.5.13 青い月の宴~TOYO草薙

5月13日のアンデス料理と音楽の夕べ『青い月の宴』は、無事終了しました。

当日当日の様子はタンボロッジさんの画像BBSもごらんください!

6時からの夕食会では、タンボロッジさんの、ベジタリアン、オーガニック仕様の特別メニューを、味わっていただきました。
肉、バター、牛乳、卵など、動物性のものを一切使用しないでのお料理です。

オードブル パパペルアーノ(ペルーのミートコロッケ)
スープ   ラワ・デ・チョクロ(ボリビア高原のとうもろこしスープ)
メイン   アヒ・デ・ガジーナ(ペルー風鶏のクリームカレー)
デザート盛り合わせ 苺ショート、ブルーベリータルト、クッキー2種)
ソフトドリンク   チチャ・モラーダ(とうもろこしのスープ)

 ~どれも、未体験の、不思議なおいしさ、彩りもとってもきれいでした。~

食事が終ったあとのTOYO草薙さんと、CACHOさんの演奏へと移ります。

草薙さんは、チャランゴというフォルクローレにはかかせない楽器の日本でも第一人者です。たくさんの方に指導をする一方、チャランゴのソロ楽器としての可能性をさらに追及するためたくさんのオリジナル曲をつくっています。
これでもか?といわんばかりにかき鳴らす情熱的な曲があるかとおもうと、なつかしさや、せつなさや、優しさがにじみ出るような曲、アンデスの民衆の踊りの輪に入ってしまったようないかにもフォルクローレ!という感じの曲、本当に多彩でした。

複雑なストローク、指が見えないほどの超絶技巧も、音楽を愛してやまない草薙さんの熱い思いがほとばしるようでした。

一方、CACHOさんのギターも、さすがラテン系! リズム感といい、音の響きといい素晴らしい演奏でした。
お互いの音楽性や、お人柄を尊重しあう気持ちが、私たちにもはっきりと伝わってくるような、草薙さんとの絶妙なコンビネーションでした。

ミキータさんのケナーチョも、深みのある音色でした。

いつもながら、うちあげでは、定連さんのアフリカンドラムなどの持ち込みもあり、
それは、それはにぎやかで楽しい宴になりました。

フォルクローレに持っていた哀愁のある、ほの暗いイメージを払拭する、ギャグも連発で草薙さんのサービス精神に、みんなも大盛り上がり、次第にミキータものってきて・・・
私も調子になってしまい、予定外のCACHOさんの、ご両親の素敵なおはなしの朗読までしてしまいました。(訛り、つっかえばかりで、お聞き苦しかったことと思いますが、本人、自己陶酔?)
本当に夢のように楽しい一夜でした。

草薙さん、CACHOさん、ミキータさん、タンボロッジの大屋さんご夫妻、
それから、お忙しい中きてくださったお客様おひとりおひとりに、心からの感謝をささげます。



2005年5月13日(金)
南米音楽と料理の夕べ
  
  青い月の宴


夜6:00~アンデス料理¥2500
 オーガニック、ベジタリアン仕様のタンボロッジオリジナルメニュー
 自然食の宿『タンボロッジ』

 7:30~演  奏  ¥2500 
     TOYO草薙~チャランゴ

日本屈指のチャランゴ(南米のアルマジロなどでできたマンドリンのような楽器)奏者が、銀河で演奏してくださいます。
何故か懐かしさを感じるフォルクローレです。


共演・・・ラテン系の素敵なギター奏者
CACHO(SEIJI HAZAMA)
共演・・・ケーナ、サンポーニャ、パーカッション
荒川美樹子



前売り券¥5000(アンデス料理¥2500プラス演奏¥2500)相当ご予約のお客様には、
打ち上げパーティー会費¥1500サービスいたします。


当日は、CDのサイン会などもあります。

アンデス料理のみ ¥2500
        (料理の予約は前日でしめきらせていただきます。)
演  奏のみ   ¥2500
打ち上げパーティのみ ¥1500

演奏と料理、別個にも入場できます。
            多少の時間の変更についてはご了承ください。
料理は数に限りがありますので、お早めにご予約ください。



Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.