19035148 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

★銀次郎の合格ブログ

2014<東大>高校別合格者ランキングに異変!

             2014<東大>合格者ランキングに異変、駒場東邦が大幅増 崩れる構図

          東京大学、京都大学の高校別合格者数(速報)が明らかになった。開成が前年比14人減となったものの33年連続でトップを
          守った。中高一貫校が上位を占める中、駒場東邦が17人増で躍進。京大は洛南が24年連続で首位となった。京大が地方・
          首都圏から広く合格者を増やしたのに対し、東大は関東中心の傾向が続いた。「全国区」の東大、「関西ローカル」の京大という、
          かつての構図が崩れつつある。

          東西トップ校の気になる合格者が判明した。週刊誌「サンデー毎日」と受験関連の情報通信社「大学通信」の調べによると、前期
          試験を終わった段階で、東大のトップ3は開成、灘、麻布と“常連校”が入った。 筑波大付駒場などはランクに含まれていない。

          最も合格者数を増やしたのは駒場東邦だ。前年の56人から73人となり、17人増となった。 大学通信のゼネラルマネジャー、
          安田賢治氏は「昨年減ったため、今年の合格者が増えた『隔年現象』ともいえる。ただ、現役で57人もの合格者を出すなど、
          確実に実績を上げていることがうかがえる」と話す。「開成・麻布・武蔵」の「御三家」から武蔵(2014年合格者16人)が
          長らく低迷。台頭してきた駒場東邦が入って「新御三家」と呼ばれ、実力を見せつけた格好だ。

          公立校のトップは、古豪の日比谷。今年は35人の合格者を出し、4年ぶりに30人台を回復した。同校の武内彰校長は「今年は
          センター(試験)が難しかったが、志望を貫いて挑戦した姿勢が良かった。子供たちがよく頑張った結果」とたたえる。10年前
          は東大一ケタ台と低迷していた同校だが、都の進学指導重点校としての成果が着実に出ているようだ。

          また、地方で最も躍進したのは久留米大付設。進路指導部の城戸清部長は、前年比14人増となった結果について、「昨年は東大
          文系の対策が甘く、合格者が伸びなかった。 今年は昨年の厳しい結果を受けて、現役も浪人も頑張って、例年並みに戻った」 と
          分析する。

          京大に目を向けると、洛南、西大和学園、洛星の順番に。ランクには大阪教育大付池田などは入っていない。

          上位校で合格者を大きく伸ばしたのは、清風南海16人増、洛星10人増など。最も合格者数を増やした清風南海の進路指導部
          の辻井良之次長は「文系の合格率が上がり、全体の伸びにつながった。優秀な生徒に周りも刺激され、全体に良いムードで試験
          に臨めた」と話した。

          注目すべきなのは、洛南、西大和学園、北野など地元の常連校が合格者を減らす一方、関西圏以外の学校が伸ばした点だ。地方
          では熊本が14人増(2014年合格者21人)、愛知の南山が11人増(同16人)。 首都圏からは千葉・県立7人増
          (同12人)、湘南6人増(同11人)、浦和・県立3人増(同13人)、西3人増(同13人)などとなった。

          京大の「裾野の広がり」の背景について、安田氏は「行きたい大学に行く、という傾向がみてとれる。山中伸弥教授のノーベル
          賞効果だけでなく、京大は工学部で第2志望を認めたり、試験を受けやすくしている」と指摘する。

          サンデー毎日の中根正義編集次長は、国公立医学部人気を改めて実感したという。

          「後期の上積みが予想されるが、開成が東大合格者150人をきったのは2008年以来。これは、他大学の医学部に優秀な生徒
          が流れた可能性がある。東大や京大を卒業したとしても就職は厳しい現状があり、医学部人気は一段と強まっている」

          こうした医学部人気の高まりに、東大、京大ともに、地方で高校説明会を実施するなど、優秀な人材を獲得するための取り組みを
          積極的に行っているという。 今年は、首都圏などから合格者を広く出した京大に対し、東大は、関東中心の傾向が続いた。

          「合格者のうち地元の高校の割合を示す『地元占有率』をみると、5年前と比べて、東大は関東の高校の割合が増加傾向にあるの
          に対し、京大は関西圏が年々減っている。かつては、全国区の東大、関西ローカルの京大という構図だったが、『クロス現象』が
          起きている。京大は人材獲得の成果が出ているといえるが、東大はいまいち伝わってこない」(中根氏)

          少子化に医学部人気もあり、最難関といえども、危機感は強い。 (2014年3月14日「ZAKZAK」より)


2014「東大」高校別合格者ランキング



                   2014 <東大> 合格者ランキング 優秀な学生は医学部へ

         「ゆとり世代」最後となる2014年入試は、安全志向が強いと言われてきた。それでも東大の志願者は微増。駒場東邦や日比谷と
         いった名門校が合格者を増やし、一方で優秀な理系の受験生たちが医学部に流れる傾向も強まった。

         昨年まで32年連続で東大合格者数トップの開成(東京)は、今年前期もトップを維持したものの、2012年の203人、13年の163人
         また合格者数を減らし、149人になった。とくに理科一類(理I)が昨年の74人から54人に減っている。背景には、優秀な受験生
         たちの文系離れと医学部人気があるようだ。 学年主任の宮崎哲朗教諭がこう話す。

         「約400人の卒業生のうち、文系は約3分の1に減少。また理系約170人のうち約100人が医学部志望で、東大以外を目指す受験生が
         多くいました」

         東大合格者が多い高校で、受験生が理系、そして医学部志向を強めると、東大合格者は減る傾向が出る。中高一貫1期生の受験と
         なる今年の合格実績が注目を集めた県立千葉は、東大合格者が昨年の24人から3人減ったが、久保田功教頭も同様の理由を挙げる。

         「理系のトップ層は、東大より医学部を志望する生徒が多いため、増えなかったのだと思います」

         対照的なのが東大寺学園(奈良)だ。昨年の23人から30人に増えたが、秋山誠司進路指導部長がその理由をこう話す。

         「昨年の東大受験者は理系23人、文系3人の計26人でしたが、今年は理系33人、文系22人の計55人。 とくに文系がかなり増えた
         ため、合格者が増えました」

         このほか、駒場東邦(東京)は昨年の56人から73人と17人も増えた。佐藤仁志進学指導係主任はこう話す。

         「2月の上旬以降は自由登校ですが、多くの生徒が集団で励まし合いながら勉強したことがよかったのだと思います。また、世間
         では、今年は安全志向で弱気な出願と言われていましたが、本校は例年と同じでした。第1志望を貫いたことがいい結果になりました」

         名門の日比谷(東京)も昨年の26人から9人増えた35人で12位と躍進した。  (「週刊朝日」 2014年3月21日号)



                    東大法学部 “日本一”割に合わない就職力で志願者数減?

         かつては政財界は言うに及ばず、芥川賞作家やプロの囲碁棋士ら多彩な人材を世に送り出してきた東京大学法学部。しかし、同学部
         の“入り口”である文Iの志願者は減少しており、学部の「就職力」を詳しくみると、日本一のエリート学部が、意外に就職活動
         では強さを発揮できていない。

         本誌2月21日号に掲載した、有名企業への大学別の就職状況をまとめた 「著名400社就職率ランキング」 (大学通信調べ) でも、
         東大は18位だった。これは法学部だけの順位ではないが、東大の「就職力」が決して高くないことがわかる。

         大学通信の安田賢治・常務取締役が言う。

         「意外に思われるかもしれませんが、東大法学部は就職に強くないのです。法学部への入り口となる文Iが文系における日本最難関
         入試なのは間違いありませんが、受験勉強で大変な負担を強いられる割に、その努力に見合う就職状況とはいえないでしょう」

         この「就職力」の弱さを「相当数の受験生や保護者が把握している」ことが、志願者減につながったのではないかと安田氏は言う。

         「以前なら文Iに挑戦していたはずの受験生でも、一部は地元の医学部や工学部を目指すようになりました。文系で東大志望であって
         も、就職を考えて文II(主に経済学部)に流れるケースもあります」

         実際に民間就職に挑んだ学生はどうだったのだろうか。法学部から大学院に進み、今春にメガバンクに就職する男子学生は「法学部
         は試験の負担が大きすぎます」と漏らす。

         「授業は大教室で先生が一方的に話すことも多く、聞き取りにくいためICレコーダーに録音して文字起こしします。リポート試験
         はゼロ。すべてテストなので本当に厳しい。3年の後期試験は完全に就活時期と重なるので、就活が二の次になる。つまり、公務員
         試験や司法試験を目指すカリキュラムのままで、民間への就活に対応できていないんです」 (「週刊朝日」 2014年3月21日号)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.