1207380 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

暇な人、よっトイレ~♪

戦後混乱

最近、調べごとが多い
個人的な趣味なんだけど^^;
調べているのは「亜細亜産業」について
現在、横浜にある「亜細亜産業」ではない
戦後に存在した「亜細亜産業」なんだけど
この会社は、パルプやなんかの輸入をしていた
表向きは輸出入の商社なんだけど・・・
その会社が会った場所が「ライカビル」
ライカビルといって直ぐに判る人はマニア
ライカビルとは「キャノン機関」があったビル
そう、スパイ活動で有名なキャノン機関

そして、亜細亜産業に出入りしていた人間
一般的に有名なのは「児玉誉士夫」
田中角栄のロッキード事件で出てきた名前で有名
しかし、これは小物だったという
笹川良一もそんなに偉くなかった
有名なのは「田中清玄」「三浦義一」「関山義人」
そして、超大物は左翼から転向した「鍋山貞親」
これらの名前を右翼が聞いたらびびる
更に血盟団事件の首謀者の1人 「中村武彦」
それほどの超大物連中ばかり
そして、アメリカのキャノン大佐
まあ、凄い人物ばかりなんだけど

ここまで書いたら判る
亜細亜産業はスパイの会社
スパイというか大陸浪人の非合法組織
これをアメリカは利用していた
ここの会社の社長の名前は「矢板 玄」
矢板は栃木県の矢板市出身
地名と名前が一緒なのは、彼は地元の超名士
この面では、長野の川島浪速と同じか
男装の麗人・川島芳子の養父となったんだけど
戦後は、矢板は三菱商事の顧問にもなってる
矢板の家は、現在では博物館になってる
本当の名家だったんだけど

※川島芳子・・・本名は愛新覺羅顯㺭(あいしんかくら けんし)
清国の王女なんだけど、最後は中国で銃殺された
東洋のマタハリとも言われている

実は、この会社がやった仕事に国鉄の3大事件があると言われている
3大事件とは「下山事件」「三鷹事件」「松川事件」
戦後の国鉄の労働者3万人をクビにするために起こした事件
なぜ事件を起こしたか
それは、戦後に共産党が大躍進した
GHQが日本の民主化に共産党を利用したから
しかし、共産党が伸びすぎた
そこで、今度は共産党排斥ということになった
三鷹事件・松川事件は逮捕者を10人も出して死刑求刑
それが、たった1人を残して無罪となった
まあ、ややこしい

下山総裁の事件にしても、他殺・自殺が入り交じる
当初、東大病院では解剖結果を他殺という
しかし、警察は慌てて慶応病院で再度解剖して自殺
不思議なことに、下着には多量の油
でも、スーツやワイシャツには付いていない
そして・・・血がほとんど流れていない
でも、目撃者が多数出てきてる
この目撃情報は、後で確認すると全部がデタラメ
ワイシャツやスーツが油で汚れていないのは誰かが着ていたから
下山は裸のママで殺されて放置されていた
そんな事もある

その中で亜細亜産業はどうして出てくるのか・・・
亜細亜産業の殺しのテクニックの一つに「血抜き殺人」がある
意識をなくさせて血を抜いていく
相手は苦しまず、血も流れないから殺人現場が特定されない
戦後の混乱期には、様々なスパイ機関や右翼が固まっていた





© Rakuten Group, Inc.