1206278 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

暇な人、よっトイレ~♪

神代神秘

古代史を見る上で問題となるのが卑弥呼
これは中国が発音を聞いて当て字をしただけ
だから、賤しい文字が使われている
まあ、色々とあるのだけど・・・後で書く

古代史を見ていくと出雲大社の存在が大きくなる
この神社は何だ??
あまりにも他の神社と違う・・・というか別物
昔から日本の3大建造物を言うと
出雲大社・東大寺大仏殿・大極殿(京都御所の中)
これが序列
日本書紀に書かれた出雲大社の高さ98m
その後小さくなり、48mから24mと縮小されたが
もし誇大で半分としても50m弱
当時としては世界最高となる

出雲大社は大国主命が祭られている
それも、大国主命は国譲りをして隠居生活
それなのに、何故に巨大な建造物を作ったのか
しかも、自分たちの周辺よりも大きな建物
更に、この神社の特異なこと
・正面の拝殿をから見ると大国主命は横顔を見る
横に置いてある他の神体は正面となる
・しめ縄が他の神社とは反対の左から右へ流れる
・柏手が他の神社と全く違う
通常は二礼・二拍手・一拝なのに、出雲大社は四拍手

これだけでは無い
はて、問題
日本の一番古い名門家と言えば天皇家
じゃあ、2番目は??
答えは出雲国造家
系図をたどると、アマテラスがスタート
その子供がアメノオシホミミとアメノホヒ
アメノオシホミミが天皇家の祖先
アメノホヒが出雲国造家(千家)の祖先
先祖が兄弟なのだ

その宮司が出雲大社を守ってる
更に、一緒に祭られている5人の神
これは天皇家の神

こう考えると、出雲大社はたたりを恐れた神社
大国主命は侵略されて殺された
そのたたりを沈めるために出雲大社は作られた
そう考えるのが普通じゃ無いかな???

なお、拝礼の際の四拍手
実は、もう一つの神社でも行ってる
これもまた特異な神社なんだけど






© Rakuten Group, Inc.