1205727 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

暇な人、よっトイレ~♪

悪友親友


考えて見たら、まともな奴は居なかった
大学はW大・K大・T大・R大・N大・C大・・・まあ、一流
でも出身も違うし、接点も・・・・でも何となく集まった
T大の奴は学生運動の「中核派」!!
彼の家にはヘルメットが転がっていた
なんでも、過激派のヘルメットは普通のヘルメットより丈夫と言う
フムフムと学生運動の自慢話を聞いていた
半年後、彼のヘルメットは灰皿代わりになっっていた
別に洗脳した訳では無いが・・・彼は堕落したと嘆いていた^^

年上のW大の奴は2才下の弟が先に現役でK大に入学
弟より学年が下と言う惨めさ・・・でも彼が居たから集まったけど
何しろ、友達の家を泊まり歩く住所不定だったから

変わり者?はR大の奴・・・実際は真面目だが・・・
かれは3痴であった
運動音痴・方向音痴・本当の音痴
池袋を歩いていて「このでかい建物はなんだ?」→ 彼の大学だった
アホかいなと思ったのは、自分のアパートが判らず迷子になった
彼は大家に電話をして帰る道を教えて貰った・・・マジである

ある日、彼が突然聞いてくれと言って歌い出した
「おい、それは演歌か浪曲か?」・・・・「今度、兄貴が詞を作ってレコード化したんだ」
なんとも奇妙な歌である、飛び跳ねた様な歌
そんな歌は売れないぞ!・・・・その大合唱
しかし、その歌は後日、教科書にも載った誰でも知っている歌になった
大ベストセラー・・・100万枚を超えたのである
題名を聞いたら・・・10人中10人は知っている・・多分読んでいる人全員が
これを書いたら差し障りがあるからカット~~
僕たちが評価出来なかったのは・・・が歌があまりにも下手だっただけである

もう一人のC大の奴・・・法学部で頭は良かった~~~
しかし、ものぐさであった
洗濯物は洗った事が無い、いつも田舎に送って居た
郵便局が可哀想である・・・匂いが漏れないか・・・・
靴下が無くなると匂いをかいで・・・履く
靴下のリバーシブルと言う事を実践した男

彼の部屋は万年床である、部屋中に物が敷き詰めてある
なにしろ、布団は人の形にへこんでいた・・・恐るべし~~
ある日、全員で掃除をすることになった
掃除をした時、彼は喜んだ!!!
行方不明だった目覚まし時計が見つかった、ラジオが見つかった~~

そんなある日、僕は彼を訪問した
勢いよく階段を上って、彼の部屋を開けた
勝手知ったる彼の部屋、ツカツカと部屋の中に入っていった
彼は
「ちょっと待った~~~~」
?????????
「お前の足の下に人が居る」
見たら、泊まり歩きの住所不定男が寝ていた^^
彼とは、弁証法哲学を語り合った
早口でものぐさ男も、勉強に関しては切れ者であった

も一人のW大の男・・・とにかく女にこまめであった
ある日、C大の友が来て午前11時頃に電話・・・(珍しく彼は電話持ちだった)
所が話し中・・・
仕方が無いから、昼食を食べて電話・・・話し中
サウナに行って汗を流して電話・・・話し中
パチンコ屋に行ってから電話・・・・話し中
夕飯を食べてから電話・・・話し中
これはおかしい!!!何かあったんだ!!!
友の安否を気遣いアパートに直行したのが夜の9時
麗しき友情である
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
彼は・・・・まだ話し中であった
彼女と電話で話をしていたのである
聞いたら、朝10時から今まで電話・・・・感心した

そんな彼の家を、また訪問した
彼は慌ててごそごそしながら鍵を開けた
何やら女臭い・・・・隅にスカートがあった
直ぐに判った・・・・・彼女は押入の中に隠れていたのである
そこで帰るほど甘くない!!!
どっかりと座って世間話~~~~~
彼は落ち着かない、用が無かったら帰ってくれと言う
友を追い出すのか!誰も居ないからお前も寂しいだろ?
などと言うと彼は黙る
1時間ほどからかって、別の友の家に・・・
帰り際に「待っているから必ず来い」と釘を刺しておいた
アパートを出たら、友達と腹を抱えながら笑ってしまった
そんな女狂いが・・・小学校の教頭になっている
大丈夫かな?


© Rakuten Group, Inc.