1205725 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

暇な人、よっトイレ~♪

歌声喫茶

兄の嫁さん・・・料理が下手である
下手と言うより、料理を作っても意味が無い
最初に実感したのは、兄に呼ばれた時
夕飯をご馳走すると言われて、ノコノコと行った

食卓には歓待すべくずらりと並んでいる
何気なく八宝菜を食べた・・・・思わず吐きそうになった
これは人間の食べるものでは無い!!
兄の顔を見たら表情が変わらない
僕は、漬け物でご飯を1膳食べ終えた
「あら、ずいぶんと小食ね、持って帰ったら?」
そう言って、タッパーに八宝菜を詰める
ありがとうと言うのは、僕の処世術???
しかし、どこに捨てようか・・・・迷った

兄の所から僕の所まで、珍しくバスが通っている
バスに乗る時に気が付いた、中間に友達が居る
僕は途中下車した
友達は、在宅していた
しかし、僕の顔を見るとイヤな顔をした
「悪いなあ、彼女が来るんだ」
「そうか、邪魔をしたら悪いから帰るよ。お土産を持ってきた、彼女と一緒に食べて」
「本当か、嬉しい!!さすが持つべきは友だ。。。感謝~~~」
麗しき友情を置いて僕は帰った
翌日、友達が飛んできた
「おい、あれはなんだ!!!あれを食べたら彼女が吐いた」
「おかげで楽しみが出来なかった~~」
甘えるでは無い、無料ほど高い物は無い!!

しかし、おぞましき料理・・・
あれ以来、兄の所に行くと兄は僕に料理を作らせる
みそ汁から、素通の料理も・・・コーヒーに至るまで
家族揃って兄の所に行くと、焼き肉かすき焼きになってしまった

さて、その友が彼女の大学祭に行こうと言う
面倒だな・でも反面嬉しい^^、京浜女子大(現在鎌倉大学)まで一直線!!!
文化祭も終わって、彼女が喫茶店で待てと言う
仕方なく、喫茶店の中に入った
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんじゃいな、この喫茶店は!!!!!
人人人~~~~~溢れてる
僕たちが入ると、マスターがいらっしゃいと言って座らせる
そして出したのが、メニューと・・・・歌詞カード
そこは歌声喫茶であった
いきなりの異次元の世界!!
心の準備も無いままに、その輪に入ってしまった

僕は、虚をつかれてもじもじしているとマスターが近寄ってきた
僕の手を取り、立ち上がらせて
「さあ一緒に歌いましょ!」
歌えるか、そんなもん
「山の娘~ロザリア~~♪」・・・バカタレ、恥ずかしくて歌えるか!
高原列車?、わしゃ終了電車で良いわい!!!
抵抗もむなしく歌わされてしまった

帰りの電車の落ち込んだこと
二度といかんわ




© Rakuten Group, Inc.