000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

銀座ビジネス英語 gym に ようこそ!

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

銀座ビジネス英語gym のレッスンご案内

Feb 2, 2019
XML


He is just being funny. とか I'm being honest with you. という言い方。be 動詞そのものを現在進行形にしてしまったわけですね。
He is just funny. や I'm honest with you. と、どういう意味の違いがあるのでしょう。
銀座ビジネス英語gym
http://ginzagym.com






最終更新日  Feb 2, 2019 03:58:07 PM
コメント(0) | コメントを書く


Jan 23, 2019


英語の現在形と現在進行形、長い期間をカバーするのはどちらでしょう。
(1) Water boils at 100 degrees.
(2) Water is boiling at 100 degrees.
この例をつかってご説明しますね。
「現在進行形って、継続をあらわすでしょ。だから長期間をカバーするのは現在進行形でしょ」って思っているかた、う~ん、違うんだなぁ。
銀座ビジネス英語gym
http://ginzagym.com






最終更新日  Jan 23, 2019 04:58:26 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 10, 2019


おカネをかけなくても、リスニング力はアップできます
銀座ビジネス英語gym の YouTube ビデオ #1
ぜひごらんください






最終更新日  Jan 15, 2019 09:30:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
Aug 20, 2018
阿川尚之さんは米国法(ニューヨーク州法とワシントンDC法)辯護士として活躍し、慶応大で学部長もつとめた著名人だが、阿川佐和子さんのお兄さまと言われると親しみが湧く。

 その阿川尚之さんが42歳のころ書いた『アメリカが嫌いですか』(新潮社、平成5年刊)を今ごろ読んだ。
 阿川さんは、米国ジョージタウン大学留学中に受けた「英作文」の授業のことを書いている。Expository Writing というコースで、≪留学中にとった授業のなかで、おそらくもっとも後々役に立った≫ と書いておられる。

 ぼくも、自分が銀座ビジネス英語gymで実践している英作文レッスンこそ、受講生にいちばん役に立つと信じている。
 阿川さんの回想する Expository Writing のポイントは、わたしが英作文添削で遭遇する問題点と結構似ている。

≪一週3回、図書館の1階にある小教室に8人ほどの学生が集まり、カラダチ先生の講義を受ける。毎回宿題が出て、必ず何か書かされる。先生は提出した作文にたくさん朱を入れ、次の授業で返してくれる。≫


 「カラダチ」先生は、どこの国の出身なのだろう。karadachi でネット検索するとインド文字も出てくるので、インド系のひとだろうか。

≪指導は徹底して実際的、論理的、単純、明快。まず、いかにセンテンスを書くか。

受動態ではなく、能動態で書け。
短い文章を書け。
主語と動詞を離すな。
コンマとピリオド、コロンとセミコロンを区別せよ。≫


 たしかにこの辺は、ぼくも英作文添削で朱を入れるポイントだ。

≪次はパラグラフの書き方。
パラグラフ最初のセンテンスで要点をまとめ、最後のセンテンスで要点をまとめ、途中で考えを補足せよ。
1つのパラグラフに2つのアイディアを詰め込むな。
センテンスからセンテンスに、考えが流れるようにせよ。考えが飛ぶと読みにくい。≫


 これは TOEIC や TOEFL 向けの Writing 教材によく書いてある。ぼくの英作文添削の受講生も、起承転結はどこへやら、密林を迷走するひとがいるものですが。

≪主語を揃えろ。
時制を揃えろ。
能動態から受動態に移るな。

当たり前のことを、繰り返し繰り返し、言われ、書かされ、直っていないと注意される。≫

 ひとつの文のなかで主語が変わったり時制が混乱したりということは、ぼくも英作文添削をしながら、よく遭遇する。
 作文で苦労する点は、けっこう似ているものですね。

 英作文添削が売りの銀座ビジネス英語gym,受講をお待ちしています。
http://ginzagym.com






最終更新日  Aug 20, 2018 12:40:41 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 7, 2018
銀座ビジネス英語gym http://ginzagym.com





銀座ビジネス英語gym のレッスンは、「フリートーク」と「自由作文添削」と「TED レクチャー聞き取り」の 3本立てです。
創業から 2年間、この形に落ち着きました。受講生の皆さんの反応がよかったものを集約しました。




10レッスン以上こなしたかたは、例外なく上達しています。受講生の声です。
(受講生コメント全文は こちら です)




当 gym は、高額な前金や入会金は一切なしの良心的経営です。あなたもぜひ、無料おためしレッスンをどうぞ! 
レッスン予約方法など、くわしくはこちら:
銀座ビジネス英語gym http://ginzagym.com






最終更新日  May 7, 2018 02:14:57 PM
コメント(0) | コメントを書く
銀座ビジネス英語gym http://ginzagym.com

銀座ビジネス英語gym のレッスンは、フリートークと自由作文添削と TED レクチャー聞き取りの 3本立てです。教室を 2年間やってみて、この形に落ち着きました。




これをご覧のあなたも、ぜひ試しにおいでください。おためしレッスンは無料です。

ご予約方法など、くわしくは こちら:
銀座ビジネス英語gym http://ginzagym.com






最終更新日  May 7, 2018 01:46:25 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 5, 2018
銀座ビジネス英語gym http://ginzagym.com

銀座ビジネス英語gym のポスターを京橋通郵便局前に貼っていただきました。東京スクエアガーデンのすぐ近くです。



たくさんのお客さまとのご縁ができればいいな。






最終更新日  May 5, 2018 04:34:35 PM
コメント(0) | コメントを書く
Dec 3, 2016
 「銀座ビジネス英語gym」は 自由予約制の英語教室です。まずは、初回おためしレッスン(50分、無料)を体験してみてください! みなさん「おもしろかった」と言ってくださいます。
 入学金・前金は一切なし。レッスンごとのお支払いです。


レッスンは基本的に1対1です。しゃべりたいだけ、しゃべれます


 写真はアメリカの画家メアリー・カサットの The Boating Party という絵の解説ビデオを教材にしたレッスンのようす。
 受講者には ビデオのリンク を事前にご連絡し自宅で予習していただきます。
(上の ビデオのリンク をクリックして、見本をご覧ください)
 レッスンではまず、文字起こししたテキスト(キーワードを空白にしたもの)を使って、単語書き取りをして聞き取りができているかチェック。そのあと、テキストをスクリーンに投影して講師が内容を解説します。

 受講者の実力を見ながら、できるだけ英語でやりとりをしますが、むずかしい内容は日本語で解説します。

 レッスンは
・ビジネス向け (TOEIC・TOEFL もバッチリ)
・アーティスト向け (英文ステートメント作成もお手伝い)
・受験生向け (高校・大学入試に向けたクイック作戦)

の3つのコースがあります。

 営業は 月 火 水 金 土 の 朝8時 ~ 夜10時。レッスン1コマ50分。
 レッスン予約は、受講者が希望日時をメールします。宛先は:
ginza1gym@gmail.com
 銀座ビジネス英語gym からの返信メールで予約確定です。

 講師は、文春新書『英語学習の極意』の著者・泉 幸男。最近まで総合商社で勤務し、海外経験も豊富です。
 
 料金表(初回は無料。2回目以降が以下の料金)
 予約なさる人数に応じて料金が変わります(消費税なし)
ひとりでレッスンを受ける: 4,800円
お友だちと 2人でレッスン: 3,500円/人
お友だちと 3人でレッスン: 2,500円/人

(注1) 「お友だち」とは、学習者自身がお連れになる同伴者。
(注2) 営業時間は朝8時~夜10時ですが、朝9時までと夜9時以降は、1人あたり1,000円増し。
(注3) アート関係者は割引料金「アート割」あり。詳しくは こちら

 
 「銀座ビジネス英語gym」の場所 
280610 銀座ビジネス英語gym地図.jpg

104-0061 東京都中央区銀座一丁目15-7 マック銀座ビル801号<8階>
最寄駅は (地下鉄)銀座線京橋駅、有楽町線銀座一丁目駅、都営浅草線宝町駅、(JR)山手線有楽町駅


 とにかく、いちど来てみてください。アットホームなお部屋です。壁には現代アート作品を飾っています。



 








最終更新日  Dec 3, 2016 10:47:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
Sep 19, 2016
 「銀座ビジネス英語gym」は 自由予約制の英語教室です。まずは、初回おためしレッスン(50分、無料)を体験してみてください! みなさん「おもしろかった」と言ってくださいます。
 入学金・前金は一切なし。レッスンごとのお支払いです。
 詳しくはこちら:
http://plaza.rakuten.co.jp/ginza1gym/diary/201608240000/


 受講者に Should English education start from the first year of elementary school? というお題で英文を書いてもらいました。
 やりとりは、メールでおこなっています。

<受講者の writing>

It seems to be the unavoidable fact that English ability broaden the
possibilities of one’s life today. Therefore, I believe it is good for
children to have environment to come into contact with English
early and become to think that speaking English is not special.
But they should learn their native language firmly before they
gain the ability to think logically. So, I think it is good timing to
start a class to familiarize children with English from the first
year of elementary school, and grammar and writing should start
from junior high school.


<泉 ⇒ 受講者>

 考え方がよく整理されていて、いい writing だと思います。

 an unavoidable fact という言い方はあるのですが、ここではちょっとネガティヴすぎるかな。

 母語をしっかり学ぶことで論理的に考える力を身につける必要がある、という展開はとてもよいと思います。母語を「しっかり」身につける というつもりでの firmly ですが、learn something firmly というのは しっくりこないです。Google 検索しても、ヒットする例が少ないですね。

 若干手をいれてみました:

It is a clear fact today that your ability in English will broaden the
possibilities of your life. I believe it is good for children to have
a learning environment to come into contact with English at a very
early stage. Speaking English should not be something special.
But it is also advisable that children might learn their native
language very well so that they gain the ability to think logically.
In conclusion, the good timing to begin an English class to
familiarize children with the sound of English would be the first
year of elementary school, whereas learning the grammar and
writing in English may start from junior high school.










最終更新日  Oct 15, 2016 01:09:28 PM
コメント(0) | コメントを書く
Sep 16, 2016
 「銀座ビジネス英語gym」は 自由予約制の英語教室です。まずは、初回おためしレッスン(50分、無料)を体験してみてください! みなさん「おもしろかった」と言ってくださいます。
 入学金・前金は一切なし。レッスンごとのお支払いです。
 詳しくはこちら:
http://plaza.rakuten.co.jp/ginza1gym/diary/201608240000/


 作文練習のやりとりを受講者さんと行っています。今回の受講者さんは、とてもよくできるかたです。

泉 ⇒ 受講者さん

Writing 練習です。100~150 words くらいで、ご自分の考えを書いてみますか?
お題は、これでどうでしょう:
When reading, do you prefer fiction to non-fiction?


受講者さん ⇒ 泉

書き始めましたが、なかなか難しいテーマでした。word数も少なめですが宜しくお願いします。

It’s hard to answer this question. Because it is not important for me whether a book is fiction or non-fiction when I find the book is fun. Actually, I can’t say the difference between fiction and non-fiction. I can categorize some books as documentary, but other than them almost all the books include some subject of the author or imagination, so I think they cannot be complete non-fiction.


泉 ⇒ 受講者さん

writing すばらしいです。満点とれてます。

あとは蛇足ですが、TOEFLなどのショバのルールとしては It’s hard to answer this question. というお題そのものへの批評はとりあえずやめて、いきなり自分の見解の核心を主張するほうが収まりがいいようです。

あとは、英文をふくよかにするために若干 ほんらい不必要な単語を足していくと ぶっきら棒な感じがなくなりますね。TOEFL のように300語以上書け、みたいなテストのときには語数稼ぎのコツでもあります。

わたしの独断と偏見で手を入れてみました。(受講者さんの作文でも上出来なので、「直し」ではありません。)

In my case it is not so much important whether a book is fiction or non-fiction. What matters is that the book should be fun. Actually, I sometimes can’t even say the exact difference between fiction and non-fiction. I can categorize some books as documentary but, other than that, almost all the books I encounter may include some subject of the authors themselves or their imagination, so I think those books cannot be complete non-fiction.












最終更新日  Oct 15, 2016 01:11:07 PM
コメント(0) | コメントを書く

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.