夢の花を咲かせよう

フリーページ

2005年01月10日
XML
テーマ:今日のこと★☆
カテゴリ:カテゴリ未分類
あらま、気がつけば2005年も10日ではあーりませんか。
みなさまに、初春のお慶びを申し上げます。あなたの1年が、さらによいものになりますよう・・・!

さて本日は、師匠宅で「初釜」でございました。「初釜」とは、まあ読んで字の如し、年が改まってから初めてお釜をかけること―新年最初のお茶会、お稽古ということですね。
(ちなみに、新しいお茶の封を切る11月は、「茶人の正月」といわれています)

本日の装いは、黒の絞りのお着物に、お正月らしく扇をあしらった白い帯。帯揚げと帯止めは渋めの赤。新成人にはりあうわけではないのですが(^^;)、髪にはパールをあしらいました。うーん、写真のアップの仕方がわからないので、お目にかけられないのが残念。どなたか教えてくださいませ。

「あけましておめでとうございます」
「本年もよろしくお願いいたします」

皆さん、今日はやはり華やいだ衣装なのでした。
師匠は華やいだピンクの着物に一面の花の帯。
お母様のものだったというシックな紫の着物に、モダンな黒を組み合わせて粋にきめてくる方。
明るいクリーム地に、梅の花が灯りのようにともる着物にやはり扇の帯で、新春らしさを演出する方。

「お正月ですから・・・」ということで、師匠から杯をちょうだいします。(うん?誤解をまねくような表現??)お茶にはつきものとはいえ、お酒ってニガテ・・・ほんのひとたれが、のどをすべりおちていく感覚がはっきり。食道があじゅい~。


師匠心づくしの膳を囲んでの、和やかなひととき。
炉ではゆっくりと湯が沸き、お釜が鳴る。
やっぱり本物の炭って、いいなあ。

初釜の時は、初釜だけのお手前というのがあるんですよ。また、この日ばかりは師匠が自らお茶をたててくださるんです。

兄弟子がぎっくり腰(!)で欠席となったため、お正客の席に座ることになってちょっぴり汗が・・・ハイ、今年は精進いたしますです。ちなみに今日のお菓子は、師匠お手製のお汁粉と、しおがまという塩味の落雁。一日早い鏡開きと相成りました。


一通りお稽古を終えたころ、「ぴんぽーん」、呉服屋さんが、反物を背負って登場。着物の染み抜きを頼んだり、あつらえる着物の縫いを頼んだり・・・。色とりどりの反物がひろがって、女4人、気がつくと細雪の世界でないの。

本年も、こんな幸せなお正月を迎えられたことに感謝。


お茶の世界で有名な言葉に、「一期一会」、っていう言葉がありますよね。この出会いはただ一度のもの。この一度を大切に、っていうことですが、茶道が一応の完成をみた戦国時代は、文字通り、「出会いは一期一会」だったはずなんです。

今日会ったひとは、明日には戦場の露と消えるかもしれない。
いや、自分の身の上にも、何が起こるかわからない。
だから、今このひととわかちあうこの時は、かけがえのないもの。


一年に一度だけの初釜に、「一期一会」の意味をかみしめる新春なのでした。







最終更新日  2005年01月11日 00時16分49秒
コメント(76) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


薫風堂

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

 どぴゅ@ みんなホントにオナ鑑だけなの? 相互オナって約束だったけど、いざとなる…
 開放感@ 最近の大学生は凄いんですね。。 竿も玉もア○ルも全部隅々まで見られてガ…
 地蔵@ 驚きのショックプライスw コウちゃんがこないだ教えてくれたやつ、…
 ダル伊藤@ ズ ル ム ケ自慢の奴涙目w 包.茎の方がピストンしてる時に、皮がこ…
 ディック橋本@ ギリ3人です(笑) http://iikoto.chories.net/ffcwr-j/ 降…

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.