May 20, 2019

猫に噛まれた手、その後(^o^);

カテゴリ:猫のこと
木曜の夕方に噛まれ、金曜に腫れて痛み、発熱38,9°で一日ゆっくりして、土曜日に熱は下がり、すごく腫れて痛い手の傷から膿を自分でぎゅうーっと出して冷湿布3時間おき張り替え作戦を実行。日曜日の朝、3割方腫れがひく。3時間おき膿出し張り替え作戦を引き続き実行する。そして月曜にでも医者に行こうと思ってたら、月曜の朝、ほとんど腫れがなくなった。赤みは少し残ってるけれど、痛みはない。日曜に寝る前に体温を測ったら、35,8°で、これって平熱かなと。わしの平熱って低いんだねえ・・・。普段体温を測ることがないので判らん(^o^);
という次第で。心配をおかけした皆さん、いろいろと指導ご鞭撻をいただいた皆さん、ありがとうございました、自己治療&自然の治癒力の勝利の模様でした。ま、年の割に免疫力があったんだねえ、感染症がひどくならなかったのは。たかが三日くらい禁酒してよく寝たからって訳でもないでしょうが、自然治癒は素晴らしいのでした(^o^);



酷くなると、膿が内部に溜まり切開するとか、注射打つとか、抗生物質飲まされるとか、狂犬病の注射を予防に打つとか、そらもう皆さんいろいろ脅かしてくれましたが、知り合いの医師は、『まあ健康体で丈夫な人なら、大方自然治癒するけどね、でも免疫力のない人は重篤な症状になる場合があるので、一応医者は、診療を薦めるけどね・・・。』とか言ってたような記憶(^o^);
ま、そう言う事で、ご報告でした(^o^);

ふぉーっふぉっふぉっふぉっふぉ(^o^);

PVアクセスランキング にほんブログ村

親父日記ランキング





TWITTER

Last updated  May 20, 2019 05:09:17 PM
コメント(0) | コメントを書く
[猫のこと] カテゴリの最新記事