137895 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

はるな工房から

2009年12月06日
XML
カテゴリ:諸国いろいろ
12月6日 晴れ 気温13.4℃ 湿度53%


もう日が暮れて真っ暗になってしまいましたねー。





12月だもんねー。柚子も黄色くなってるし。
良い天気でした。キムチなんか漬けちゃおうかなーってんで、下漬けの塩漬けしたけど、美味しくできるかなー。






さーて、と、








日高夕景








遠くに見えるのは、日高山脈。あそこまでずーっと平らなのよ。
もう、帯広に戻っても良いけれど車を返すまで2時間あるし、遠回りしようかどうしようか・・・
えーい、行っちゃえっ!ってんで、帯広とは真逆の十勝川の河口方面をめざしちゃったのね。









日高十勝川地図









この、地図のオレンジ色の辺りは、海に面して汽水湖(沼?)が点在して湿原のような所が多いのです。
日暮れて行っても何も見えないけど。
地図を見ていて、こうー、湿原の印とかあると行きたくなっちゃう症で、川湯にいる時に日帰りで来たことがありました。
海岸沿いの国道は、ナウマン国道と名前がついている。化石が発掘されたそうで、忠類にミニ博物館があります。

この季節では、茫々たる枯野の原野。その茫々がすきなのよね。何故かしら?
前世がカッパだからか?
いつ頃からかしら・・・・?


高校生の頃、原田康子という北海道の小説家が書いた「挽歌」という小説が好きだったから、その辺りからかなー。北海道に憧れたのも、その割と暗い話の、陰鬱な舞台になっている冬の釧路ってどんな所か見てみたい。と、思ったんだ、たしか。



こういう人気のない茫々は本州ではなかなか見られません。
道北のペンケ沼・パンケ沼の辺りも好きだけど。






途中、→花畑牧場という看板があったけれど、急ぐからパスね。











十勝川河口










十勝川河口。橋。
橋の右手は海。



さー、あと一時間位だから急いで帰らなくちゃ。



夕飯は、、お寿司だった。ぺろり






最終更新日  2009年12月06日 17時59分18秒
コメント(2) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


koubouM

カテゴリ

お気に入りブログ

すぎなのたより すぎな農園さん
灯屋社中 灯屋兆助さん

コメント新着

koubouM@ Re[1]:豆まき日和・・・はるな工房(06/16) 民眠さん >その木村さんってムツゴロウ…
koubouM@ Re:マメ・マメ・マーメ♪(06/16) 灯屋兆助さん >>家庭菜園用の本 > …
民眠@ Re:豆まき日和・・・はるな工房(06/16) その木村さんってムツゴロウさんみたいな…
灯屋兆助@ マメ・マメ・マーメ♪ >家庭菜園用の本 ではないが 「自然…
koubouM@ Re[1]:豆まき日和・・・はるな工房(06/16) メディカルエンターテイメントさん お…

バックナンバー

2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.