000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ステンドグラス工房かわもと インストラクターの日記

PR

X

プロフィール


かわもと工房 インストラクター

カレンダー

バックナンバー

2021.10
2021.09
2021.08
2021.07
2021.06

カテゴリ

カテゴリ未分類

(4)

おしらせ

(19)

由井康子

(88)

海野裕文

(37)

鈴木 孝

(37)

ドイツ旅行記

(27)

岡田あかね

(18)

安田美恵子

(9)

阿部真知子

(0)

杉本敦子

(1)

櫻井壽代

(0)

大瀧恵美子

(0)

稲葉洋子

(0)

山田尚美

(0)

川本昭彦

(0)

川本佳恵

(0)

かわもとみえ

(6)

日吉恭子

(0)

米津照代

(0)

荒井優子

(0)

ステンドグラスを巡る旅

(62)

イベント情報

(66)

作品の紹介

(11)

研修旅行

(1)

日記/記事の投稿

コメント新着

けいとだま@ Re:東京都渋谷区・東京メトロ副都心線 明治神宮前駅のステンドグラス(09/12) 素晴らしいですね 我が家も何点かステンド…
Aさん@ Re[2]:夢のような3日間!!(12/26) かわもと工房 インストラクターさんへ は…
Aさん@ ティファニーの光に包まれて!(1/19) 昨年10月、体験講座で 「ステンドグラス工…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2018.09.29
XML
カテゴリ:ドイツ旅行記
こんにちは、海野です。

ドイツ旅行記の続きになります。



Episode 26

マインツ大聖堂はドイツ三大聖堂(ケルン・トリーア)のひとつで、975年に建てられました。
度重なる増改築により、ロマネスク・ゴシック・バロックという異なった様式が混在する建築物になりました。

中に入ってみます。

先程訪れたザンクト・シュテファン教会とは大きさが違います。内装が対照的です。
青を基調とした鮮やかなステンドグラスに照らされた内部とは違い全体が薄暗く、落ち着いた雰囲気です。
窓という窓にはステンドグラスが入っています。










ドイツのガラスメーカー・ランバーツ社の社長ハンスが
「ランバーツのガラスが使われており、ドイツの有名なステンドグラス作家が制作したステンドグラスも入っているから、観た方かいいよ」と薦めてくれたパネルもありました。



恐らく作家さんはヨハネス・シュライターかと思われます(作風が似ているのですが、誰だったか誰も覚えてません😱また調べます🙏)

また教会に入っている彫刻も歴史を感じさせるもので、






暫くの間私達は各々、教会内を見て回りました。


ドイツから帰国後、
「何処が一番良かった?」という話になった時に由井先生はここ、マインツ大聖堂をあげていました。

後日先生はドイツ旅行を思い、作品の制作に取り掛かりました。
その作品は" 第23回 かわもと工房 作品展 "に出展されました。





このパネルを観た時に『ドイツにあったパネルっぽい、懐かしいなぁ』と感じました。
シンプルだけど飽きがこないデザイン。
まさに由井先生が好きそうなデザインです。


……to be continued




ステンドグラス工房かわもとのホームページ​はこちら


ステンドグラス工房かわもとのネットショップ​はこちら






最終更新日  2018.09.29 08:44:37
コメント(0) | コメントを書く
[ドイツ旅行記] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.