000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ステンドグラス工房かわもと インストラクターの日記

PR

X

プロフィール


かわもと工房 インストラクター

カレンダー

バックナンバー

2021.04
2021.03
2021.02
2021.01
2020.12

カテゴリ

カテゴリ未分類

(4)

おしらせ

(19)

由井康子

(88)

海野裕文

(37)

鈴木 孝

(31)

ドイツ旅行記

(27)

岡田あかね

(18)

安田美恵子

(9)

阿部真知子

(0)

杉本敦子

(1)

櫻井壽代

(0)

大瀧恵美子

(0)

稲葉洋子

(0)

山田尚美

(0)

川本昭彦

(0)

川本佳恵

(0)

かわもとみえ

(6)

日吉恭子

(0)

米津照代

(0)

荒井優子

(0)

ステンドグラスを巡る旅

(62)

イベント情報

(66)

作品の紹介

(11)

研修旅行

(1)

日記/記事の投稿

コメント新着

けいとだま@ Re:東京都渋谷区・東京メトロ副都心線 明治神宮前駅のステンドグラス(09/12) 素晴らしいですね 我が家も何点かステンド…
Aさん@ Re[2]:夢のような3日間!!(12/26) かわもと工房 インストラクターさんへ は…
Aさん@ ティファニーの光に包まれて!(1/19) 昨年10月、体験講座で 「ステンドグラス工…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2019.11.28
XML
カテゴリ:作品の紹介
こんにちは、海野です。

9月に開催された『ステンドグラス工房 かわもと 作品展』でのインストラクターの作品の紹介。
今回は自分の作品を紹介しますね。


作品名 
『天馬空を行く』



ピース数は40

使用ガラスは、馬の身体と左上の小さな馬はスペクトラム、大地の緑はヤカゲニー、空と端の月桂樹は並板ガラス(日本製)、ボーダーの青はウイズマークを使って制作しています。
並板ガラス以外はアメリカ製です。
日本ではステンドグラス用のガラスを造る技術がないので、制作には海外のガラスを使います。

ガラスに絵付をして4回、窯で焼いて絵の具を定着させています。
(1回目は線描き、2.3回目はシェーディングをして明暗を付け、4回目は色付けです)

制作時のメイキング写真を撮り忘れてしまいましたので、他の写真で説明します🙇‍♂️

1.線描き。
ライトボックスを使い、下絵をガラスに写します。


2.シェーディングをして明暗を付ける。
ガラス全体に絵の具を塗り、


筆や先の尖った針などで絵の具を落として行きます。


3.色付け。
2と同じ作業でガラスに色絵の具を塗り、落として行きます。
馬のパネルでは青い絵の具で並板ガラス(クリアガラス)を塗り、濃淡で空を表現してみました。

が、制作途中で失敗したことが...。
作品を仕上げる段階で鉛線を強制的に黒くしたのですが、薬品が強過ぎて白っぽくなってしまいました。
(鉛線のまわりの空が白っぽくなっているのが1枚目の写真で分かると思います)
しかし、絵付で白は出せないので、これはこれで “ あり ” なのかもしれません😅

勉強になりました。

この作品を作ろうと思ったのは、『どんな作品を作ろうか?』と考えている時に由井先生から
「躍動感ある馬はどう?」と勧められたのがきっかけです。

“ 躍動感 ”ありますかねぇ?
嫁からは「左上の小さな馬の方が躍動感あるよ」と言われましたが...😱

まだまだ勉強中です。ハイ😅





ステンドグラス工房かわもとのホームページ​はこちら


ステンドグラス工房かわもとのネットショップ​はこちら






最終更新日  2019.11.28 20:20:06
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.