124683 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ステンドグラス工房かわもと インストラクターの日記

PR

プロフィール


かわもと工房 インストラクター

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(4)

おしらせ

(19)

由井康子

(79)

海野裕文

(37)

鈴木 孝

(27)

ドイツ旅行記

(27)

岡田あかね

(18)

安田美恵子

(9)

阿部真知子

(0)

杉本敦子

(1)

櫻井壽代

(0)

大瀧恵美子

(0)

稲葉洋子

(0)

山田尚美

(0)

川本昭彦

(0)

川本佳恵

(0)

かわもとみえ

(5)

日吉恭子

(0)

米津照代

(0)

荒井優子

(0)

ステンドグラスを巡る旅

(60)

イベント情報

(62)

作品の紹介

(11)

研修旅行

(1)

日記/記事の投稿

コメント新着

けいとだま@ Re:東京都渋谷区・東京メトロ副都心線 明治神宮前駅のステンドグラス(09/12) 素晴らしいですね 我が家も何点かステンド…
Aさん@ Re[2]:夢のような3日間!!(12/26) かわもと工房 インストラクターさんへ は…
Aさん@ ティファニーの光に包まれて!(1/19) 昨年10月、体験講座で 「ステンドグラス工…
Aです@ ティファニーの作品に包まれて! Aです🍀 昨年10月「ステンドグラス工房か…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2020.01.20
XML
カテゴリ:海野裕文
こんにちは、海野です。




1月19日(日)静岡市にある静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター(CCC)において、ステンドグラスを日本に広めたパイオニアの一人、静岡市出身のステンドグラス作家『小川三知』についての講演会がありましたので、聴講して来ました。





これまで何度か展示された『野口家所有』のステンドグラス。
今回は自然光での展示でした(これまではスポットライトを当てての展示がほとんどでした)

『野口家』に設置されていた時には作品の“空白部分”とも言うのでしょうか、鳥と木の間にも外の風景が借景となり、作品に深みを与えていたのですが、今回は街中😢

でも自然光で観る作品、ガラスをキレイに観る事が出来ました😊
今から“ 90年程近く前の作品になるのに、ガラスのキレイさは損なわれないんだ ”とつくづく感じました。



講演会は『小川三知研究家』の井村馨さんと静岡のステンドグラス作家・藤原俊さんのお話で、今まで本で読んだことから更に詳しく『小川三知』の人物像を知る事ができ、益々ファンになりました。



来場されたお客様からも多くの質問がされ、もっと『小川三知』を研究される方、興味を持つ方が増え、今まで明らかになっていなかった真実が“ 分かるようになればいいな ”と思いました。



講演会に来ていたお客様もいろいろなお話が聞け、満足されたのではないでしょうか?


三知の作品はまだまだ表に出ていないものもあるようです。
小川三知について新たな情報をお持ちの方、是非このブログまで、情報をお待ちしています🙇‍♂️




ステンドグラス工房かわもとのホームページ​はこちら


ステンドグラス工房かわもとのネットショップ​はこちら






最終更新日  2020.01.20 07:46:42
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.