104461 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ステンドグラス工房かわもと インストラクターの日記

PR

プロフィール


かわもと工房 インストラクター

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(4)

おしらせ

(19)

由井康子

(77)

海野裕文

(36)

鈴木 孝

(27)

ドイツ旅行記

(27)

岡田あかね

(18)

安田美恵子

(9)

阿部真知子

(0)

杉本敦子

(1)

櫻井壽代

(0)

大瀧恵美子

(0)

稲葉洋子

(0)

山田尚美

(0)

川本昭彦

(0)

川本佳恵

(0)

かわもとみえ

(5)

日吉恭子

(0)

米津照代

(0)

荒井優子

(0)

ステンドグラスを巡る旅

(54)

イベント情報

(59)

作品の紹介

(7)

研修旅行

(1)

日記/記事の投稿

コメント新着

Aさん@ Re[2]:夢のような3日間!!(12/26) かわもと工房 インストラクターさんへ は…
Aさん@ ティファニーの光に包まれて!(1/19) 昨年10月、体験講座で 「ステンドグラス工…
Aです@ ティファニーの作品に包まれて! Aです🍀 昨年10月「ステンドグラス工房か…
かわもとみえ@ Re:まばゆい光に包まれて!(10/22) 先日は 遠方よりありがとうございました。…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2020.02.09
XML
こんにちは、海野です。


東京都台東区・『JR上野駅』のステンドグラスを紹介します。
上野駅には“ JRの駅 ”のステンドグラスと“ 東京メトロの駅 ”のステンドグラスと、2つのステンドグラスが入っていますが、今回は“ JRの駅 ”のステンドグラスを紹介します。

作品名『昭和六十年春 ふる里・ 日本の華』





原画は日本画家の平山邦夫先生。
制作はクレアーレ熱海ゆがわら工房。

横18.6m、縦3.7mの大きな作品です。

この作品は上越新幹線の開通を記念して、1985年に新幹線のコンコースに設置されましたが現在は、JR中央改札の外にある切符券売機の上に設置されています。

大きな作品ですので毎度ながらの、分割で撮影してみます。

















制作に当たった先生は『日本的な作品を手掛けてみよう!』と思ったそうです。
作品には扇型のデザインが施されてあったり、日本画に見られる“間”、空間を使い仕上げられています。


背景となっている水色は日本の水の豊かさを表わしています。
東の玄関口となっている上野ならでは、東北や北陸の都市のお花や緑を絵付で。

そして、空間の乳白色のガラスにはフュージングを施し、作品が鮮やかに見えます。
黄色やオレンジ、グレーのそれらは色が付いていますが、自分には雪のように見えました😊


ただ券売機の上に設置されているので、じっくりと長時間観ている事は出来まさせんが...。
人の出入りが少ない、早朝がオススメかな😅


JR上野駅をご利用の際には是非、ご覧になって下さい。




ステンドグラス工房かわもとのホームページ​はこちら


ステンドグラス工房かわもとのネットショップ​はこちら






最終更新日  2020.02.09 20:01:29
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.