202626 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ステンドグラス工房かわもと インストラクターの日記

PR

X

全62件 (62件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

ステンドグラスを巡る旅

2020.11.06
XML
こんにちは、海野です。

前編からの続きになります。





11/2(月)、遂に一般公開された『宮越家』の別邸と庭園。
天気は生憎の雨模様☔️

でもステンドグラスが観られるとあって、ワクワクが止まりません。


見学はボランティアの方が案内をしてくれる“ガイドツアー方式”
ボランティアの方々もユニフォームに三知のステンドグラスのデザインが...。



町を挙げて盛り上げようとする姿勢、素晴らしいです😊

中泊町で購入可能のお菓子『詩夢庵(しむあん)』にも同じデザインが...。
今回の一般公開に合わせて、町のお菓子屋さんが考えたそうです。


こちらは第1便の特典で頂いちゃいました。
美味しかった😋

川越の『旧山崎家別邸』も市が運営をされていて素晴らしいものでしたが、それと同じくらいの意気込みを感じました。いや、それ以上かも?
(旧山崎家別邸は以前アップしたブログ、埼玉県川越市『旧山崎家別邸』のステンドグラスを参照下さい🙇‍♂️)

さて話しが外れましたが、『宮越家』の見学に話を戻します。
今回の見学は“ガイドツアー”で完全入替制のため、60分(シャトルバス乗り換え含む)で回らなければなりません😱

ボランティアガイドさんの案内で宮越家の庭園から見学が始まりました。


庭園は『静川園(せいせんえん)』と呼ばれ、
①大石武学流庭園、②枯山水庭園、③池泉庭園と3つの庭からなり、大正時代の庭園としては県内最大だったようです。




つくづく、晴れていたら良かったのに...😢

庭園の説明が終わり、いよいよ家屋『詩夢庵』に入ります。
『詩夢庵』は宮越夫妻が詩歌を詠む舞台とさして命名されました。

『涼み座敷の間』の窓を飾るステンドグラス(1枚目の写真になります)
早春、初夏、初秋を表し、余白を初冬に見立てています。
“余白”。三知の真骨頂!
日本画をステンドグラスに応用する手法は、正に三知の作品ならでは😊







あじさい、モクレン、ケヤキが後ろの庭園の風景にマッチして、とてもステキです。
見学者全員がその素晴らしさに見惚れて、ガイドさんの話を聞いていません😅

スミマセン...🙇‍♂️

次は『廊下/円窓の間』


廊下ではオープニングセレモニーの一環、琴の演奏があり、見学会に花を添えていました。
が、こちらも耳に入ってきません。
スミマセン🙇‍♂️🙇‍♂️



こちらが円窓に入っている『十三潟』を模したステンドグラス。
ここ『詩夢庵』から観た光景をデザインしたそうです。

ゆい先生が取材に入っていたカメラマンに『光を当てて』とお願いすると、


『違う、違う、裏から!』
いろいろと注文が多く、スミマセン🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️



こちらが後ろから光を当てた写真。
他の見学者からも“オー😱”の歓声が。
光を浴びてガラスがキレイに見えます😊

消防法の関係で常時ライトアップが出来ないとの事。
晴れているとキレイに見えるのかもしれません。

そして3枚目のステンドグラス...。


この奥、浴室に入っているステンドグラス。
カワセミがデザインされたステンドグラス。

観ることが出来ません😭

ガイドさんによると、床が痛んでいて危ないため先には入れないようになっているとの事。
残念...。

しかし、今まで公開されていなかった作品が2つも観れて大満足😊
帰りのシャトルバス内はステンドグラスの話題で大盛り上がり。
みえ先生は取材やら関係者にご挨拶やらで余り観る時間が無かったようでした。

60分という見学時間が短かったのも残念でした😢
もう少し観ていたかったなぁ。
2020年の一般公開は今月29日迄ですが、来年は春、夏、秋と公開されるようです。


静岡から青森。
遠かったですが、観る価値のあるステンドグラスでした。


尚、『三知を讃える会』では来年ツアーを企画しているとか?
三知の歴史の話しやステンドグラスのお話し等が沢山聞けますよ👍
一緒に観に行けるといいですね。

小川三知を讃える会 では、会員を募っているようです。
年会費は3000円ポッキリ。
ツアーにも優先的に予約ができ、会員価格にてツアーも申し込みができるようです。
詳しくは 「小川三知を讃える会」 ホームページを是非ご覧になって下さい。
小川三知を讃える会 ​  ここをクリック


当日の様子が青森テレビのニュースや、新聞各紙に掲載されていました。
デジタル記事をひとつ紹介します。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f3ebc0f314af7f33c182eeafed5c30ce46b25f01
こちらもご覧ください‼️




ステンドグラス工房かわもとのホームページ​はこちら


ステンドグラス工房かわもとのネットショップ​はこちら
​​






最終更新日  2020.11.06 22:25:51
コメント(0) | コメントを書く


2020.11.04
こんにちは、海野です。


遂に、『小川 三知』の代表作とも言われる『宮越邸』のステンドグラスを観て来ました!
Go To トラベルを利用して、青森県の中泊町へ。

『宮越邸』のステンドグラス。





今までは一般公開されていなかった『宮越家』の別邸と庭園。
今年の11/2(月)より期間限定(今月29日まで)で公開されています。
しかも初日の第1便(1日に10便で1便は15名限定)は“オープニングセレモニー”に参加出来る特別なもの。

静岡を拠点に活動をしている『三知を讃える会』の役員を務めるみえ先生と由井先生の努力から そのプレミアムチケットを入手する事が出来ました😱
(自分は運転手で連れていって貰ったんですけどね😅)

宮越家は中泊町尾別に所在する旧家で、1920(大正9)年に当時の当主正治氏が、33歳の誕生日を迎えた夫人イハさんに贈ったのが、この別邸と庭園になります。

ステンドグラスは3カ所に設置されており、それは日本にステンドグラスを広めた作家の1人、静岡市出身の『小川 三知 おがわさんち』によって制作されたものです。

今までは写真や映像でしか観ることが出来なかったステンドグラス。
現在の当主である寛(ゆたか)氏の計らいで一般の人々にも観る機会を与えていただきました🙇‍♂️


オープニングセレモニーはとても素晴らしいもの。
生憎の雨が残念でした😢

先ずは町を挙げて宮越家の一般公開を実現するために尽力を尽くした中泊町長、濱館 豊光氏のご挨拶から始まりました。

町を挙げてのイベント、素晴らしいです!

次に現当主(12代目)寛氏

寛氏が身に纏っているお着物は、宮越 正治氏のお着物だそうです。
セレモニーの後少しお話を聞く時間があったのですが、とても“ウエルカム”な方で、みなさんの来場を楽しみにしているようでした。


そして来賓の挨拶。
中泊町議会議長の長利 司氏、ステンドグラス史研究家の田辺 千代先生、小川 三知の御令孫である波平 暁秀氏と続きました。







そして、テープカットに移ります。

ここでハプニング!
何と『三知を讃える会』の役員、『ステンドグラス工房 かわもと』の代表、我らが “かわもと みえ” がテープカットに参加する事になりました😱
一般の見学者代表だという事です。

第1便のチケットが取れて良かったね、みえ先生👍



凄いメンバーの中で緊張しているようです。

そして来賓の中には、ステンドグラスを日本に広めたもう1人の功労者、宇野澤 辰雄氏のご家族の方々、宇野澤氏の技術を受け継ぐ“松本ステインドグラス製作所”を代表して松本一郎さん、日本ステンドグラス協会役員の佐々木 真弓先生などなど。
昨今のステンドグラスに携わる豪華な顔ぶれ。
同じ時間を共有できた事に感激でした😊

メディアの取材を受ける、みえ先生

この模様は青森の新聞やTVなどでも取り上げられました。

佐々木 真弓先生とみえ先生

真弓先生は京都から、前日の最終の新幹線で青森入り。
しかも自分の個展の合間に...。
実にパワフル😱
しかも“誰かさん達”と違い、とても優しく可愛らしい方です😍
“誰かさん達”...。
あなた方ですよ😅


田辺先生とお話しする、みえ先生とゆい先生

大御所の先生を前に2人とも緊張しているように見えます😅
でも千代先生は気さくな方だったようです。


と、ここまでかなりのボリュームになってしまいましたので、続きは後編で...🙇‍♂️


ステンドグラス工房かわもとのホームページ​はこちら


ステンドグラス工房かわもとのネットショップ​はこちら







最終更新日  2020.11.04 22:29:36
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.04
こんにちは、海野です。


やっと東海地方の梅雨が明け、夏がやって来ました。
が、新型コロナウイルスの方は収束するどころか、連日感染者が後を断ちません。

『緊急事態宣言』が解除され、他県への移動の自粛もなくなり、
やっと“ ステンドグラスを観に行ける ”と思ったのですが、もう少し待った方が良さそうですね😢


今回は、東京都世田谷区成城みつ池緑地にある、
『旧山田家住宅』のステンドグラスを紹介します。
訪れたのは昨年の10月の末です。

現在は新型コロナウイルスの関係で見学できるのかな?
お問い合わせ下さい🙇‍♂️
(問い合わせ先 世田谷トラストまちづくり)



『旧山田家住宅』は1937(昭和12)年頃にアメリカでビジネスを成功させた楢崎定吉が帰国後、アメリカ風住宅の影響を受け、建築したと伝えられています。



1961(昭和36)年には住宅を購入した画家の山田盛隆氏(雅号・耕雨)が住居として使用していました。

ステンドグラスは最初の写真の玄関。
そして居間と2ヶ所に設置されています。





ステンドグラスの制作者は“ 資料が見当たらず不明 ”だとスタッフの方が教えてくれました。
両方のステンドグラスとも緑のガラスを主に使っていて、緑多い成城のこの土地に相応しい✨ステンドグラスだと思います。







いったい誰が作ったんだろう?

またスタッフの方は、
『成城にはまだまだ古い洋館が多く残っていて、まだ世間には知られていないステンドグラスもあるのでは?』とおっしゃっていました。
小川三知の作品も眠っているかも🤔

この『旧山田家住宅』も見学が出来るようになったのは割と最近(2017年5月)との事で、存在を知らない方も多いのではないのでしょうか?


ステンドグラスの他にも、当時の面影がそのまま残っている内観。
寄木細工の床は各部屋ごとに模様が違うようです。










そして、館内には山田耕雨氏の作品も展示されています。



ステンドグラス以外にも見所いっぱいの『旧山田家住宅』
是非、ご覧になって下さい😊


アクセス
小田急線・成城学園前駅より徒歩12分



ステンドグラス工房かわもとのホームページ​はこちら


ステンドグラス工房かわもとのネットショップ​はこちら






最終更新日  2020.08.04 05:01:45
コメント(0) | コメントを書く
2020.07.20
こんにちは、海野です。


新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除になり、県外への行き来の自粛も解け、梅雨が明けたらまた『ステンドグラスを観に出掛けよう』と思っていた中、“第二波”でしょうか?
最近、新型コロナウイルスの感染者が増えている状態です。

遂に、自分が住んでいる市でも“初の”感染者が出てしまいました。
この方は県外へ新幹線で移動して、感染してしまったそうです。

まだまだ遠方にステンドグラスを観に出掛けるには時間が掛かりそうです😢


今回は東京都目黒区駒場にある『旧前田侯爵邸』のステンドグラスを紹介します。
(訪れたのは昨年の秋、10月末でした)




『旧前田侯爵邸』は1929(昭和4)年に前田利為の本邸として建てられました。
震災の後に建てられため洋館はコンクリート造り、イギリスのチューダー様式を用いられています。
(イングランド15世紀末頃〜17世紀初頭の建築様式で、それまでのゴシック様式に比べて外観では、窓が大きくなり数も増えたことで、採光が上がったこと、内装では扉が小さくなり、より装飾的になったことが挙げられます。まさに、ステンドグラスを入れるには絶好の建築物😊)





ステンドグラスが入っていたのは3ヶ所。

2階に上がる階段




と、その下にある部屋『イングルヌック』
(暖炉脇の暖かな小さなスペースのことをこう呼ぶようです)


2つは同じデザインになります。
そして2階の侯爵夫人の部屋。


菊文様のステンドグラス。

どれも落ち着いた感じの色味でステキ✨です。
東京国立博物館や上野の旧岩崎邸に入っているものなどと同じような、簡単なデザインでも存在感があるステンドグラス。
自分の家にもこんなステンドグラスを入れたいなぁ😊


『旧前田侯爵邸』には他に和館もあります。
こちらにはステンドグラスは入っていませんが、ステキな空間でした。






『旧前田侯爵邸』
京王井の頭線・駒場東大前駅より徒歩8分
駒場公園内にあります。

是非ご覧になって下さい。


ステンドグラス工房かわもとのホームページ​はこちら


ステンドグラス工房かわもとのネットショップ​はこちら






最終更新日  2020.07.20 12:38:17
コメント(0) | コメントを書く
2020.06.25
こんにちは、海野です。


新型コロナウイルス感染拡大で規制されていた、“県を跨いでの移動”もようやく解除されました。
梅雨の合間を見つけて、ステンドグラスを観に出掛けてみませんか?


今回は神奈川県足柄下郡湯河原町にある『JR湯河原駅』のステンドグラスを紹介します。



駅の改札口の上部に設置されているこの作品。
『湯河原の四季』
1985年に『クレアーレ熱海ゆがわら工房』によって制作されました。

自分が訪れたのは昨年の冬。
まだ朝日が昇る前でしたので辺りは暗く、またステンドグラスもライトアップされていないので薄暗く写ってしまっています。

最近は日の出も早いので綺麗に見る事ができます。



この写真は『日本交通文化協会』さんのHPに載っていた、設置当時の写真と思われます。
改札口に駅員さんが座っており、時代を感じさせられます。


ステンドグラスは光を通すとキレイに観る事ができます。
写真でも分かるようにガラスの美しさが半減です😢
冬場でもスポットライトを当てる等 対策を取って欲しいところです。

そしてステンドグラスに使われているガラスは何年経っても色あせる事がありません。
設置され35年が経ちますが、当時のまま、キレイにご覧頂けます。



作品は高さ1.3m、幅7.8mとなっていますので、分割で写真を撮ってみました。







湯河原と言えば、『海』と『温泉』
作品は『海』を中心にサクラやツバキの花が描かれています。
ホント明るい所で観たかったなぁ😢


これからのシーズン、湯河原は観光客で賑わうと思いますが、湯河原駅をご利用の際には是非ご覧になってくださいね。
また行こうっと!



ステンドグラス工房かわもとのホームページ​はこちら


ステンドグラス工房かわもとのネットショップ​はこちら






最終更新日  2020.06.25 07:38:51
コメント(0) | コメントを書く
2020.06.18
こんにちは、海野です。

以前のブログで、
“上野駅には『JR上野駅』のステンドグラスと『東京メトロ上野駅』のステンドグラスと、2つのステンドグラスがあると紹介しました。

前回は『JR上野駅』のステンドグラスを紹介しましたので、今回は『東京メトロ上野駅』のステンドグラスを紹介します。



作品名『上野今昔物語』
原画 宮田 亮平 
制作 クレアーレ熱海ゆがわら工房

作品のサイズは 高さ 2.0m  x  幅 8.5m

作品は『東京メトロ 上野駅』地下1階の改札外、9番出口付近にあります。

大きな作品なので、分割で写真を撮ってみました。







作品は文化の中心を担ってきた上野の『今・昔』がステンドグラスの絵付で表現されています。
東京藝術大学の前学長で長年、上野で活動されてきた宮田先生の上野への強い思いが描かれているようです。

とても賑やかで明るい作品です。

東京メトロ上野駅をご利用の際には、是非ご覧になって下さい。
(自分が撮影したのは昨年の秋の夕方でしたが、じっくりと観れましたよ😊)





ステンドグラス工房かわもとのホームページ​はこちら


ステンドグラス工房かわもとのネットショップ​はこちら






最終更新日  2020.06.18 14:00:05
コメント(0) | コメントを書く
2020.06.07
こんにちは、海野です。


『自粛疲れ』を癒すためにステンドグラスを観に出掛けませんか?

今回も上野公園にあるステンドグラス。
『東京国立博物館』のステンドグラスを紹介します。



『東京国立博物館』は1923年の関東大震災で破損した旧日本館に代わり、1932年に建設が始まり1938年に開館されました。
このステンドグラスは建て替えられた際に入れられたようですが、制作者は不明だそうです。

1階と2階の中央階段の左右に同じデザインのものが設置されています。







計4枚のパネルは“アカンサス(フランス・ルイ王家の紋章)”をモチーフとしたアール・ヌーヴォー調のデザインのようです。

派手な色使いではなく落ち着いた色目のガラスが使われており、博物館の静寂と重なり貴賓溢れる作品となっています。



アンバー(琥珀色)系のガラスで作られたこの作品、ステキです✨
ステンドグラスというとハデな色使いのものが想像されますが、渋い色を使った作品でも充分に存在感がありますね。


また館内にある扉や時計やランプなども、歴史を感じさせる見応えのあるものばかり😊







国立博物館を訪れた際には見落とす事なく、是非ご覧になって下さい。





ステンドグラス工房かわもとのホームページ​はこちら


ステンドグラス工房かわもとのネットショップ​はこちら






最終更新日  2020.06.07 09:27:53
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.28
こんにちは、海野です。


『緊急事態宣言』は遂に全国で解除となりました。
行動自粛で、さぞかし不自由な生活を送られて来たかと思います。
かわもと工房も6月1日よりお稽古が再開されます。 嬉しいですね!
解除されたとはいえ第2波、第3波があるかもしれません。
もう暫くは生活や行動に注意しましょうね👍


さて東京都では『緊急事態宣言』解除に伴い、幾つかのステップに分けて規制を緩和させて行くようです。
第1ステップとして、美術館や博物館も営業が再開できるようです。

そこで美術館や博物館にあるステンドグラスを紹介して行きますね。
尚、営業については施設のHP等でご確認下さい🙇‍♂️


今回は東京都台東区上野公園にある『国立科学博物館』のステンドグラスを紹介します。



国立科学博物館には多くのステンドグラスが入っています。
上の写真は日本館・中央ホールの吹き抜け部、4面に設置されています。



また吹き抜け部のトップライトにもステンドグラスが...。



4面に設置されているステンドグラスは全て同じデザイン。
『鳳凰』が描かれています。
こちらは “ 小川三知 ” によって制作されたと言われていますが、小川三知に詳しい方によると、「デザインが三知のものと少し違うような...」と以前お会いした時に話して下さいました。

“三知の作品にしては余り空間が活かされていないのかな?”
と自分も感じました。
本当はどうなのでしょう?

中央ホールのステンドグラスは階段で3階まで上がり、近くで観る事が出来ます。



中央ホールから左右にある展示室を抜けた所の階段にも、ステンドグラスは設置されています。



天井部。



そして階段の途中。



こちらも『鳳凰』のデザインですが、作者は不明のようです。


『国立科学博物館』は建物を上空から見ると飛行機のように見えるようです。
上から見る手段がありませんので、確認出来ませんでしたが...😅





『国立科学博物館』は6/1より営業を再開されるようですが、混雑を避けるために入館には予約が必要のようです。
詳しくは博物館のHPでご確認下さい。




是非ご覧になって下さいね😊



ステンドグラス工房かわもとのホームページ​はこちら


ステンドグラス工房かわもとのネットショップ​はこちら






最終更新日  2020.05.28 10:20:05
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.25
こんにちは、海野です。


今回の“ ステンドグラスを巡る旅 ”は、
東京都中央区日本橋にある『日本橋三越本店』のステンドグラスを紹介します。



日本橋三越本店は1914(大正3)年に建てられました。
現在の建物は震災後に建て替えられもので、当時、“日本初のエスカレーター”やスプリンクラー等が話題を呼び、多くのお客様が来場したそうです。
写真のステンドグラスは1928年に別府ステンドグラス製作所によって制作されました。


場所は中央の吹き抜け、天井に入っています。
当初天井から光が入るように設置されていましたが現在では板が貼られ、自然光でステンドグラスを観る事が出来なくなってしまいました😢






大きな作品😱
しかも天井という事で上を見上げての観賞です。
写真が上手く撮れない😅

エスカレーターで近くまで行くと、上手く撮れました。
シンプルなデザインですが、ステキです✨


三越と言えば他にも見所がいっぱい。

吹き抜けのホールにある木彫りの彫刻。
『天女の像 まごころ』



1960(昭和35)年に彫刻家・佐藤玄々(さとうげんげん)が依頼を受けてから約10年の歳月をかけて作成。
高さ11mの巨大な作品(鉄骨の土台含)は、樹齢500年の檜で作られています


入口のライオン像。
1914年に設置されてから現在に至るまで、待ち合わせの場所として利用されています。




そしてもう一つ。
地下鉄への入口にあるステンドグラスの看板😊




文字の所は金属の板をくり抜いてあるようです。
昭和な感じがしますね😊


買い物以外にも観るべき所がいっぱい!
日本橋三越本店に行った際には 是非ご覧になって下さい。


アクセス
東京メトロ・銀座線/半蔵門線 『三越前』下車 徒歩1分



ステンドグラス工房かわもとのホームページ​はこちら


ステンドグラス工房かわもとのネットショップ​はこちら






最終更新日  2020.02.25 08:25:23
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.09
こんにちは、海野です。


東京都台東区・『JR上野駅』のステンドグラスを紹介します。
上野駅には“ JRの駅 ”のステンドグラスと“ 東京メトロの駅 ”のステンドグラスと、2つのステンドグラスが入っていますが、今回は“ JRの駅 ”のステンドグラスを紹介します。

作品名『昭和六十年春 ふる里・ 日本の華』





原画は日本画家の平山邦夫先生。
制作はクレアーレ熱海ゆがわら工房。

横18.6m、縦3.7mの大きな作品です。

この作品は上越新幹線の開通を記念して、1985年に新幹線のコンコースに設置されましたが現在は、JR中央改札の外にある切符券売機の上に設置されています。

大きな作品ですので毎度ながらの、分割で撮影してみます。

















制作に当たった先生は『日本的な作品を手掛けてみよう!』と思ったそうです。
作品には扇型のデザインが施されてあったり、日本画に見られる“間”、空間を使い仕上げられています。


背景となっている水色は日本の水の豊かさを表わしています。
東の玄関口となっている上野ならでは、東北や北陸の都市のお花や緑を絵付で。

そして、空間の乳白色のガラスにはフュージングを施し、作品が鮮やかに見えます。
黄色やオレンジ、グレーのそれらは色が付いていますが、自分には雪のように見えました😊


ただ券売機の上に設置されているので、じっくりと長時間観ている事は出来まさせんが...。
人の出入りが少ない、早朝がオススメかな😅


JR上野駅をご利用の際には是非、ご覧になって下さい。




ステンドグラス工房かわもとのホームページ​はこちら


ステンドグラス工房かわもとのネットショップ​はこちら






最終更新日  2020.02.09 20:01:29
コメント(0) | コメントを書く

全62件 (62件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


© Rakuten Group, Inc.