2019.11.23

愛知県岡崎市・『旧本多忠次邸』のステンドグラス

こんにちは、海野です。




ただ今かわもと工房では、ありがたい事に来春までのオーダー分の制作ラッシュの毎日です。(感謝です!!!)
みえ先生とゆい先生が名古屋へと窓枠の採寸に行く事になり、今後の制作に役立つように現地調査に同行させて頂きました。



初めて見た現地調査・採寸は何度も計測を行い、1ミリの誤差も出ないような丁寧なものでした。
家にステンドグラスを入れるということは、サイズに間違いがあってはならない事。
お客様に不安を与えない、『安全、安心な作業をする事』なんだなと思いました。

とても勉強になりました。
ありがとうございました🙇‍♂️


午前中には採寸も終わりましたので、その後は 愛知県にあるステンドグラスを観て帰ることに。
帰り道に訪れた岡崎市にある洋館。

愛知県岡崎市・『旧本多忠次邸』のステンドグラスを今回は紹介します。


本多忠次は戦国武将、徳川四天王の本多忠勝を始祖とする旧岡崎藩主本多家の子孫です。
『旧本多邸』は彼が1932(昭和7)年に東京の世田谷に建てた住宅と壁泉の一部を移築復元したものになります。
2014(平成26)年に国の登録有形文化財(建造物)となりました。



建物は昭和初期の邸宅建築に好んで用いられた“ スパニッシュ様式 ”を基調とした洋風建築でオーダーメイドである家具や照明器具、ステンドグラスやモザイクタイルが見どころになっています。


ステンドグラスは、団欒室




食堂


湯殿


寝室・浴室(二階)


茶室(ライト)


階段


と至る所に入っており、“ ステンドグラス好き ” には絶好のスポットです。

案内して頂いた職員の方も親切で、建物の事や本多忠次の事を詳しく説明して下さいました。

尚、当施設は入館が無料😱
駐車場も無料(隣接の岡崎東公園と共有)😱
と、さすが徳川家康と所縁がある岡崎市。
太っ腹!

岡崎市にお立ち寄りの際には是非、訪れてみて下さい。
駅からは少し遠いので、車が便利かと思います(東名岡崎ICの近くです)


地図など詳細はこちら   旧本多忠次邸​   




ステンドグラス工房かわもとのホームページ​はこちら


ステンドグラス工房かわもとのネットショップ​はこちら





TWITTER

最終更新日  2019.11.23 22:19:27
コメント(0) | コメントを書く