4340374 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

明日への道しるべ@ジネット別館

2006.10.25
XML
カテゴリ:社会・生活
 1.始めに
 現行の行政サービスをよりよいものにするだけでなく、民間の持つマーケティング力を活かして国民(市民)のニーズにあったサービスを提供しようという『市場化テスト』が佐賀県で始まる。

  図解よくわかる公共(パブリック)マーケット・ビジネス   「官製市場」改革   これでわかる「市場化テスト」

 2.市場化テストの背景
(1)語源
 イギリスのサッチャー政権が1980年代に導入した「Market Testing」が語源で、官業を市場の競争にさらすという意味。市場化テストとは、官が独占して提供してきた公共サービスを、官と民が対等な立場、公平な条件の下で入札し、価格と質で優れた方が落札およびサービスの提供を行う制度のこと。

                    イギリスの市場化テストと日本の行政 

(2)諸外国で導入
 公共サービスの提供に競争の原理を持ち込むことで、公共サービスのコスト削減や質の向上などが期待されており、イギリス以外に、アメリカ、オーストラリアなどでもすでに導入されている。
(3)対象範囲
 対象範囲が、公共施設の管理・運営などに限定されるPFI指定管理者制度に比べ、市場化テストでは行政事業全般まで対象範囲を拡げているのが特徴。
 内閣府では、民間からの意見を収集し、ハローワーク、社会保険庁、行刑施設の3分野から、モデル事業として8事業を選定し2005年に試行を開始している。

 3.日本の市場化テスト
1)自治体の行政改革計画「集中改革プラン」
 総務省が8月にまとめた自治体の行政改革計画「集中改革プラン」では、全国26自治体が2010年4月までの市場化テストを検討しているが、すべての業務を対象にするのは都道府県では佐賀県が初めてとなる。
2)公共サービス改革法(市場化テスト法)
 国や地方自治体の市場化テストを促すため今年5月には公共サービス改革法(市場化テスト法)が成立している。

                    Q&A市場化テスト法

 4.佐賀県の市場化テスト
1)対象範囲広範
 警察、教育委員会の基幹業務、選挙管理委員会などを除く2027の業務で、政策の立案や公共事業の管理、融資、会計なども含まれる。全国に先駆ける取組だ。
2)実施時期
 2007年度から実際に委託を始める。

                    自治体の市場化テスト

 5.最後に
 コスト削減だけでなく、人材の有効活用や公務員の意識改革が問われる取組で、その効果が期待される。また、公園などの管理・運営では利用者に適切な費用負担を求めることでフリーライドの防止も期待されている。
 その一方で、水道等のインフラ事業においては、低所得者が料金を払えず利用できなくなったり、管理がおろそかになって設備が荒廃する等の弊害が既に導入した国々で発生している。特に、上水道事業においては世界的に問題となっている。小さな政府論そのものが世界中で破綻をきたしている状況から、日本での実効性に疑問が持たれている。
 でも、この流れは止まらない。財政的に選択の余地がないのが本音。特に、産業も少ない佐賀県においては、急がなければならない実情もあるのでは。頑張って、結果を出して頂きたいものだ。

<参考資料>
1)佐賀県、2027業務を市場化テスト・来年度から(NIKKEI NET)H18.10.25

 






最終更新日  2006.10.25 18:20:25
コメント(0) | コメントを書く

PR

ランキング市場

カテゴリ

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.