4444987 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

明日への道しるべ@ジネット別館

2008.01.29
XML
 1.始めに
 1月10日にプロに転向したばかりの高校生ゴルファーの石川遼が、25日ヨネックスと推定額6億円で用具の総合使用契約を結び、29日には秋に「パナソニック」と名を改める変革断行中の松下電器産業と5年、5億円(推定)の所属契約で合意した。半月ほどの間に11億円もの契約が成立したことになる。何という驚くべき高校生なのだろう。タイガー・ウッズ(米)に憧れているだけにやることがでかい。
 
  

 2.石川遼とは
 いしかわりょう、ゴルファー。2007年5月20日に男子プロゴルフツアー・マンシングウェアオープンKSBカップで波入る強豪プロの中にあって15歳9か月の史上最年少で優勝した。中嶋常幸が持つ22歳初優勝の記録を大幅に更新した。
 石川遼はJGAジュニア会員に属するアマチュアゴルファーだったが、1月10日にプロに転向した。1991年9月17日生まれの15歳で現在埼玉県の杉並学院高等学校の1年生でもある。
 石川遼は3人兄弟の長男で6歳の頃父親に連れられてゴルフの練習場に行ったことからゴルフを始めるなった。167センチ・58キロと大きい方ではないが、タイガー・ウッズを目標とするでかい夢を持つ。ダイナミックでヘッドスピードの速いスイングは魅力的だ。
 その平均飛距離は290ヤードで、中学時代からゴルフ大会で上位を独占していた逸材。
 
 3.ヨネックスと契約6億円
 1月10日にプロ転向を宣言した石川遼は、25日、ヨネックスとクラブ、ウエア、シューズなど用具の総合使用契約を結んだ。期間は5年間、総額6億円の超大型契約とみられる。
 「自分にいいスイングをさせてくれるクラブを求めていたが、それに一番近い。初優勝した(昨年5月の)マンシングウェアオープンKSBカップでもお世話になったし、素晴らしいサポートをしてもらえると思う」と話した。
 石川の用具契約には多くのメーカーが名乗りをあげ、石川もプロ転向後、4社のドライバーを試していたが、最終的には小学校時代から使用しているヨネックスのクラブを選んだ。
 ゴルフの新人選手の契約では、宮里藍がブリヂストンスポーツと2003年に3年8000万円、横峯さくらがSRIスポーツ(ダンロップ)と04年に3年1億円、タイガー・ウッズ(米)は1996年にナイキと5年4000万ドル(当時約43億円)で契約している。
 
 4.パナソニックと契約5億円
 28日、東京都内で松下電器産業と5年、5億円(推定)の所属契約で合意に達し「これから世界を目指す自分にとって心強いサポート。これからゴルフにすごく専念できると思う」と笑顔で語った。
 世界戦略を見据え、この秋から社名を「パナソニック」に変更すると今月上旬に発表したばかりで、グローバルに活躍するための環境づくりを中長期的な視野で支援したいそうだ。
 今季の国内プロツアーでは9月に「パナソニック」初主催の大会が行われ、石川は「ホストプロ」として参加することになる。
 石川はプロ初戦となる2月5日の全英オープン選手権予選に出場する。
 
 5.最後に
 野球で大リーガーを目指すのもいいけど、ゴルフのが魅力的になってきた。野球やサッカーはあくまでチームプレーだから、所属するチームメイトの力量がなければ、自分がメジャーになるチャンスも薄くなる。それに比べると、ゴルフは個人プレーだから才能さえあれば、今回の石川遼のように一躍花形選手となれるのも夢ではない。息子や娘を小さい頃から練習場に連れて行って、鍛えますか。
 その前に、ご自身がまず、「100を切る」さらに「90を切る」ということにチャレンジしますか。
 
<参考資料> 
1)プロ転向の石川遼、ヨネックスと6億円で5年契約(読売新聞)よりH20.01.25
2)パナソニックと世界狙う 石川が契約5年、5億円 (FujiSankei)よりH20.01.29

温泉それとも出張なの?  

出張ですか? ■高速バス予約 ■海外航空券予約 ■楽天トラベル 週刊なんでもランキング
メールでプレゼントが贈れる!送料無料の楽天ギフト



キーワード:石川遼 ハニカミ王子 プロゴルファー ヨネックス パナソニック






最終更新日  2008.01.29 19:08:37
コメント(0) | コメントを書く

PR

ランキング市場

カテゴリ


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.